本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

花水由宇のブログ紹介 2018年5月

ブログの紹介2018年5月編 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。この時間に「こんばんは」を言うのが合わないほど陽が長くなりましたね。花水の大好きな夏が到来!こちらも今週はずっと20度ですよ。それ…

自作小説『常世と情世』

ファンタジー小説『常世と情世』 ジャンル:ファンタジー小説 公開:未定花水(hanami)が10代後半から20代前半にかけて書いていた、中二病感が満載のファンタジー小説。神話の時代から、6つに分かれた人の生き方を描いた作品です。今回は物語の舞台設定になる「…

子どもたちの読解力と読む力が下がっているのは本当なのか?

子どもたちの読解力・読む力は本当に下がっているの? 「子どもたちの読む力は衰えているのか?」「本を読まなくなったから読解力が下がってしまった」読書に関するテーマを扱う花水(hanami)には、少し気になる話題。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

それぞれの進む道、人と人との『切れない糸』坂木司

切れない糸 著者 坂木司 出版社 創元推理文庫 分類 エンタメ小説、ミステリー小説 出版日 2005/5/25 私のイチ押しの作家さん、坂木司さんの“ひきこもり探偵三部作”以降の作品です。『切れない糸』は東京の下町を描いたシリーズで、今作では主人公の大学生新…

セクハラ罪がないなら作ればいい?麻生太郎さんの発言に思うこと

セクハラ罪がないなら作ればいいの? 「セクハラ罪ってあるんですか?」麻生太郎財務大臣の発言は、麻生太郎さん自身が謝罪する形を取られましたが、世の中で物議を起こした話題でもあります。 セクハラ罪がないなら作ればいいの? 「セクハラ罪はない」麻生…

当たり前だけど地域で違う初夏の季節

初夏〜立夏を過ぎたら夏だと思い込む 蒸し暑いのが苦手な方にとっては、辛い季節。寒がりの人には嬉しい季節、夏が近づいてきましたね。暦通りでは、5月5日の立夏を過ぎると夏になります。暖かい地域と違い、1〜2カ月の季節の差がある北国。それでも、花水(h…

家族との向き合い方を見つめ直す 『ウィンター・ホリデー』坂木司

ウィンター・ホリデー 著者 坂木司 出版社 文藝春秋 分類 ミステリー小説 出版日 2014/11/7 前作『ワーキング・ホリデー』の続編で、仕事と家庭生活を描いたホリデーシリーズ2作目が、この『ウィンター・ホリデー』です。 ウィンター・ホリデー 沖田大和、通…

シュミレーション仮説は妄想か現実か?シュミレーション仮説のおさらい

シュミレーション仮説は妄想?現実?専門家の見解は? 4カ月ぶりの「シュミレーション仮説シリーズ」、前回の更新から期間が開いてしまいました。そこで、シュミレーション仮説のおさらいもかねて、シュミレーション仮説は妄想か?現実か?をテーマに取り上…

ブログ初心者の方におすすめ!染谷昌利さんの『世界一やさしいブログの教科書1年生』の紹介

世界一やさしいブログの教科書1年生 著者 染谷昌利 出版社 株式会社 ソーテック社 分類 実用書 ビジネス書 出版日 2016/8/1今回は私自身も1年間活用して、今でも役に立っている『世界一やさしいブログの教科書1年生』を紹介します。「どうやってブログを運営…

悪口を言っても良い相手はいる?

悪口を言っても良い相手 今回のテーマは「悪口」。悪口、いろいろなところで聞きますよね。悪口をテーマにしようと思ったのも、読書や書き物で行くことの多いカフェでの日常。カフェといっても、大型スーパーのチェーン店のカフェはいつも混雑。ビジネス論を…

いい加減がいい暮らしと仕事のこと

いい加減がいいこと・よくないこと いい加減がいいこと・よくないこと いい加減ってどの加減? いい加減の意味 どの程度の加減なの? いい加減にしていい?よくない?暮らしのこと いい加減にしていい暮らしのこと いい加減にするとよくない暮らしのこと い…

レジェンド葛西紀明さんの人気の本『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方 著者 葛西紀明 出版社 東洋経済新報社 分類 ビジネス書、実用書 出版日 2017/12/28 レジェンド葛西紀明さんの『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつ…

読書ブログのリライトの取り組み5月編

リライトで埋もれたWebページを掘り起こす取り組み ブログですること リライトで埋もれたWebページを掘り起こす取り組み 埋もれた記事を掘り起こすリライト 「本の紹介」をリライトして読んでもらえる文章にする 効果的なリライトは? 5w1hで取り組むリライ…

ビジネス書選びに大切な3つの実用性

ビジネス書選びには実用性が大切 「ビジネス書には、実用性が大切」花水(hanami)が去年から言っていることでもあります。以前に実用書には、著者の方の信頼性が大切なお話をさせていただきました。ビジネス書に大切なのは………それは、実用性。仕事の役に立つ…

花水由宇の自作小説たち

花水由宇のマイ小説館 そうは言っても、出版はもちろんしたことがありませんし、文学賞に応募したこともありません。唯一、数年前に「魔法のiランド」で運営していた「黒猫の密室」というホームページで公開していた作品がある程度です。多くの作品が花水(ha…

多読と熟読のメリットと本の種類別の読書のし方

多読と熟読(精読)。本はたくさん読むといい?それともじっくり読むといい? 今回は多読と熟読がテーマのお話です。多読がすすめられたり、熟読がすすめられたり、読書関連の書籍やWebで取り上げられることの多いテーマではあります。そこで、ビジネス書、実…

知識を増やす読書と、知識を整理する読書

知識を増やす読書・整理する読書に向く本は? 「読書ばかりしていても仕事の役には立たない」未だにそう言われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 知識を増やす読書・整理する読書に向く本は? …

2018年4月のブログ運営報告

2018年4月のブログ運営報告 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。北国の私の暮らす地域では、桜が5分咲き先日、ドライブで海沿いの道の駅に行っ…

5月の更新予定

5月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 5月の更新予定 目玉記事の更新予定 まとめ記事の更新予定 「シュミレーション仮説シリーズ…

これからは色のある季節 ちょっと詩を投稿

色のある季節 4月に入り北国も10度を超えるようになって、昨日は何と20度を超えました!暖かい季節は過ごしやすいのはもちろんですが、風景が鮮やかになたことが何より嬉しい!そこで詩を1つ書いてみましたよ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pu…

読書ブログの1年間の軌跡

読書ブログ1年間継続の軌跡 本当に本が読みたくなる読書のブログを始めて、最初の記事を更新してから今月で1年が経ちました。はてなブログProへの変更、運営目標を決めての更新とイロイロな取り組みもありました。そこで、1年の締めくくりに上半期と下半期に…

ネット中傷と正しい情報の発信

ネット中傷と正しい情報の発信 先日、ほとんど毎週見る「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられていたテーマに思うところがあったので書いてみました。テーマは、2017年に起きた東名高速道路での危険運転による死亡事故の犯人家族に間違われた一家の出来事。…

2017年春 若手リーダーに薦めたい3冊の本

若手リーダーの悩みを解決する3冊の本 若手リーダーの悩みを解決する3冊の本 この春若手リーダー、先輩になる方 人の育て方を知っている人は少ない 仕事に熟練している人、教え方の上手い人 まだまだ根強い独自の方法 後輩指導の手本になる本を読んでおく 若…

花水由宇のブログ紹介2018年4月編

ブログの紹介2018年4月編 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 季節外れの暑さもひと段落、本州では過ごしやすい日が続きますね。北国はというと、こちらも暖かいですよ。薄手の上着で外を歩けるくらいになりました。GW間近の4月末ですが、…

ブログの診断では飽き性になってるけど………やっぱり凝り性なのかな?

花水由宇はやっぱり凝り性? 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。以前、がるしー さん(id:garusi)の紹介で「痛すぎるブロガー診断」に挑戦したことがありました。結果は痛すぎる度低めの「飽き性ブロ…

仏教のお経の意味がわかるようになる方法

お経の意味がわかるようになる方法 まとめ 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、お昼なのでこんにちは!花水由宇(hanami yuu)です。3回にわたった「お経」シリーズは今回で最後になります。そんな第4回の「お経」シリーズは、意味がわから…

奇抜な政党が結成されたら!?

日本の政党に劇的な変化が!? 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。政界では希望の党と民進党が合併するようですね。少しだけ「?」とも思います。そこで、「もし新しい政党ができたら」をテーマにた…

家族や仲間と向き合うことの大切さを感じる『ワーキング・ホリデー』坂木司

ワーキング・ホリデー 著者 坂木司 出版社 文藝春秋 分類 ミステリー小説 出版日 2010/1/10 坂木司さんの本は、私のブログの中でも最も多く紹介させていただいている小説です。坂木司さんといえば、『青空の卵』のように日常ミステリーの作品の印象を持たれ…

身近な暮らしの謎を解き明かす!坂木司デビュー作『青空の卵』

青空の卵 著者 坂木司 出版社 創元推理文庫 出版日 2006/2/24 分類 ミステリー小説 「当ブログ初めての書評は私の今1番お気に入りの作家さんを取り上げます」そう言ったのは1年前、その後多くの作品を紹介させていただいている坂木司さん。日常の暮らしの中…

小説を処方する読書療法の処方箋『文学効能事典』

読書療法で小説を処方する本、『文学効能事典』 毎日聴いているNHKラジオ第1「すっぴん」。先週末に思わずスマホにメモをした内容があります。高橋源一郎さんが取り上げた『文学効能事典』と呼ばれる本のお話です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []…

にほんブログ村 本ブログへ