本当に本が読みたくなる書評ブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

本を手にとって読める本屋さんの魅力

そうだ活字を読もう

本を手にとって読める本屋さんの魅力

本屋さん、減ってきましたね。
15〜20年前の私が子どもの頃には街中に小さな本屋さんがあって、繁盛はしていませんでしたが格好の立ち読み場所でした。

ネットで本選びも悪くはないですよ

今ではネットで簡単に本の情報が調べられる時代です。
私も探している本の下調べには、ネットを大いに活用しています。
そして、本を紹介するブログを書いているくらいですしね、笑。

ですが、本屋さんに行くのはメリットがありますよ。
今回は本屋さんに行くメリットを具体例を上げて紹介しますね。

本屋さんに行く3つのメリット

本屋さんに行くメリットを私的に3つにまとめてみました。

本の読み比べができる

欲しい本がある時には読んでみようか迷いますよね。
特に生活に必要な実用書やビジネス書を選ぶ時には、同じ分野の似たタイトルの本があって迷うのではないでしょうか?
私もいつも迷っています。
そんな時には、実際に手に取って読んでみるのが1番ですよ。
迷っている本を売り場の本棚から手に取って読んでみる。
ネットでは高評価の本でも、著者の文章の書き方や段落の取り方、文字の大きさや図表の配置などで自分自身に合っているかの相性が決まります。
それは、本を開いてみるまではわからないものですよね。

運動にもなって飽きない

人の集中力には限界があります。
私は特に集中力がないので、いつも限界を感じますが…
人の集中力が続く時間はおおよそ1時間半、平均は45分との結果が出ていると少し前のデータがありました。
本選びは頭を使う作業です。
特に本を探す時には頭はフル回転です。

①手に取った本を『読む』
②内容を『考える』
③比べたい箇所を『覚えておく』
④別の本を手に取り『読む』
⑤内容を『考える』と同時に前の本の内容を『思い出す』
⑥そして比べる
といった作業を頭の中で繰り返しますね。

頭も疲れてしまい集中力がなくなってしまうことでしょう。
そんな時には、ちょっと休憩も兼ねて違う売り場に歩いていけますし、外に出てコーヒーを買うこともできます。
スマホやパソコンに向かっている時に比べて、ちょっとした運動ができることが魅力ですね。
この運動が集中力の切り替えにもなって、本選びに集中することができます。

思わぬ掘り出し物が!

そして本屋さんに行く最大のメリットは、掘り出し物があることでしょう。
調べていた本や気になる本の隣にある本。
今まで見たことがなかった本を手に取ると、妙に自分に合っていて読みやすかった経験はありませんか?
本好きならあるかと思います。
それが、掘り出し物です。

本屋さんに行きましょう!


ちなみに最近見つけた掘り出し物の1冊です。

にほんブログ村 本ブログへ