本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

始めてから1ヶ月、ラジオのようなブログを目指してみる

始めてから1ヶ月、ラジオのようなブログを目指してみる

f:id:jizi9:20170501212656j:plain

このブログを始めて1ヶ月が過ぎました。
訪れてくれる方や読者登録がここまで増えるとは思ってはいませんでした。
記事を読んでくれた方、読者登録をしてくれた方、記事にはてなブックマークや☆をつけてくれた方、通りすがりの方皆さんに感謝しますよ。
勢いで始めてしまったブログですが、今後どのようなブログにしていくかは雰囲気程度しか決まっていません。
今回は現状の報告もかねて、今後のブログのスタイルについて少しまとめてみました。

『本当に本が読みたくなる書評ブログ』の現状は?

記事の数とアクセス数

記事数:26
読者登録:83
アクセス数:4170
最高アクセス数:1323

なかなか毎日更新ができていないですが、それでも26記事を載せることができました。
気になるアクセス数はSmartNewsに取り上げられた記事や、はてなブックマークを付けていただいた記事で一気にアクセス数が伸びた日もあります。
平均は30〜60くらいでしょうか。
何だか波が大きくびっくりさせられますね。

肝心の書評は半分だった!

・書評13
・雑記4(ブログ運営2、詩2)
・読書勉強法3
・エッセイ6

本を紹介する書評ブログが目的で、本の紹介をメインに記事を書いていますが肝心の書評は半分でした。
書いているうちに雑記も書きたくなりすし、本で得た知識も書いています。
中でも大人になってから始めた勉強、読書勉強法は勉強が苦手だった私でも苦痛なくできる勉強なので、ついつい紹介したくなりますよ。

気になる収入は?

ほぼ0です。
Amazonアソシエイトで紹介した本を購入して下さった方が2名おられました。
非常に貴重な収益です。
気になる収益は3桁円になっており、ブログの維持費と本代もあるので真剣に考えなければいけないところですね。

f:id:jizi9:20170501212406j:plain

どんなブログを目指す?

ラジオのようなブログを目指したい

ブログを始めて書いてから1ヶ月、ふと考えたりします。
どんなブログにしていこうか?
真剣に悩んでいたり、収入の方法として仕組みを細かく考えている訳ではなく、ただ漠然と「どんなブログが良いかな」程度しか今は考えていませんが………。
運転中にラジオを聴きながら、そう思っていると、しばらく聞き流していたラジオ番組で昔の小説の話題と作家の方の人生を取り上げていました。
ほんの3分くらいでしたが、小説好きの私にとっては「あっ、読んでみよう」と思える内容でした。
その番組は、毎週時々関係の話題を取り上げる内容ですがコンパクトに重要な部分をまとめていて小説の概要も作家さんの人生も頭に残る内容でした。

ラジオの良いところ

・流して聞ける
・1つの話題が3〜5分と適度な時間
・間の取り方

ラジオの良いところは、「流して聞けて必要な内容だけ覚えておける」ところが1番ではないでしょうか。
そして、適度で飽きない時間と雑談や投稿の紹介も含んだ間の取り方にあるのではないかと思います。

ラジオのようなブログって?

自分がたまに聞くラジオに良いところを見つけられたので、私のブログもラジオのようにしていきたいと考えてみました。
ラジオのようにと言っても動画やナレーションを入れるわけではなく、あくまで記事の構成や雰囲気といった程度です。

発信のスタイル]

メインは本の紹介

もちろんブログのメインになる記事は本の紹介です。
自分が読んだ本で面白かったものは紹介したいですし、あまり共感できなかった本も内容を紹介することで誰かの役に立つかもしれません。
読んだ本は全て紹介していきます。

豆知識的に読書の方法と本を使った勉強方法の紹介

時々、本から学んだことを書き出してみることも続けていきます。
学生時代に勉強の習慣がなく、働いてからはとにかく時間と経験で勉強していた私が見つけた、本で勉強すること。
効率的かはわかりませんが、誰かの役に立つのかもしれないので書いてみることにします。

雑記や素人なりのブログ運営

そして、たまに雑談や素人の私が試行錯誤しているブログ運営の報告もしていきたいですね。
同じように始めて間もない方との情報交換の場にもなりますし、先輩ブログの方から運営のアドバイスをコメントしていただける機会になればとも思います。

私のブログが目指すもの

情報の発信の意識

ブログを始めて、「情報を発信しているんだ」という意識を持つようになりました。
始めのうちは、そうはおもっていませんでしたが何かの間違いでSmartNewsに掲載されアクセス数が伸びた時に「良い加減なことや、感性だけで言ってること」は書けないなと思いました。
本の紹介も良い悪いの偏った内容のみではなく、良い面悪い面両方を紹介できたら良いですね。
どうしても自分の性格的に悪い面は探しづらいのですが………。

f:id:jizi9:20170501213329p:plain

共感を、得られるように

私たち本を読む人にとって、本や作家さんの好き嫌いはあると思います。
もちろん私にも面白い、面白くないの内容の好き嫌いも、「こんなこと書いて」という作家さんの好き嫌いもあります。
ブログを読まれる方にも、紹介する本や作家さんの好き嫌いはありますよね?
私が読んで面白かった本はもちろん取り上げますし、私が面白くなくても他の人は面白くて役に立つかもしれません。
あくまで紹介ですので、介はできるだけ公平に取り上げさせていただきますね。

自分ががパーナリティで解説者

最後にブログで発信するのは私1人であることです。
パーソナリティとしては、読む方が飽きないように雑記や豆知識の紹介も含めていきます。
そして本の解説者としては、正確な情報を伝えることが大切になります。
今までも、本を取り上げる時には“引用”に解説と感想を入れる形で出来るだけ内容に偏りがないようにお伝えしてきました。
その紹介のスタイルは今後も続けていきたいですね。

せめて維持費程度の収益は得ておかないと

勢いで始めてしまったブログです。
利用料もかかり、本を読んで紹介するためには本代くらいは稼いでおかないと赤字が続いてしまいます。
後から気がつきました。
そこで、はてなブログPROを真面目に運用してブログの利用料、紹介する本代を得る取り組みを「これから考えます」。

にほんブログ村 本ブログへ