本当に本が読みたくなる書評ブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

この春リーダーになった人にお勧めの1冊

シンプルだけど重要なリーダーの仕事 第1回

この春リーダーになった人にお勧めの1冊

著者 守屋智敬
出版社 株式会社かんき出版
分類 ビジネス書、実用書

はじめてのリーダーシップの本にお勧めの理由


はじめてのリーダーシップの本に選んだ1冊


後輩や部下指導など管理業務を身につけなければならなくなった時、当時の職場には手本として見習える方はほとんどおらず自分で勉強しなければなりませんでした。

マネジメント関係の本は書店に多くありますし、リーダーの心得を書いた本も多くあります。

多すぎて迷いに迷ってしまいました。

そして、出版されたばかりの『シンプルだけど重要なリーダーの仕事』が書店で平積みされているのを見つけて手に取ると「探していたものが見つかった」と思えました。


ノウハウ本というよりリーダーの心得の本


当時なぜこの本を手に取ったのか、それはリーダーシップの心得が読みやすく書かれていたからでしょう。

細かなノウハウ本も後で買いましたが、基本になるリーダーの心得が広く書かれておりどの業界でも応用しやすい1冊です。

私は管理業務を2つに分けて勉強していました。


①メンバーとコミュニケーションをとるリーダーシップ

②数値目標や効率化などのマネジメント


この2つを学びたい時、欲張りですから1冊で2つ分のことを書いた本が欲しかったわけです。

『シンプルだけど重要なリーダーの仕事』には細かなマネジメントのノウハウは少ないですが、コミュニケーションに関するリーダーシップのことは十分に書かれています。


プロジェクトリーダーや主任さん向けの内容


リーダーシップの本は多いですが、実際に手に取ると社長や代表など経営者の方や、部長職など上級の管理職の方向けの本が多くを占めています。

立ち読みをしてみても、「まだ先のことだなぁ〜」となかなか身近には思えない内容もありました。

実際に部長職以上の方はすでに経験されたことでも、何も知らない管理職なりたてのプロジェクトリーダーや主任さんは経験していないことが多くあります。

より一般職のメンバーに近い目線でリーダーシップが書かれているので、当時の私のようなプロジェクトリーダーや昇級したての主任さんには必要な1冊になるのではないかと思いますよ。


著者の守屋智敬さん

経歴


著書の守屋智敬さんは現在リーダーシップに関する研修を開催する、株式会社モリヤコンサルティングを運営するコンサルタントさんです。

守屋智敬さんは「リーダーの心の姿勢を変えて行動を変える」という考えを大切にしていて、人と人との関係を重視した研修をされているそうです。


他の著書

導く力 自分を見つめ自ら動く

守屋智敬さんの著書は現在2冊です。

こちらの『導く力 自分を見つめ自ら動く』は2016年に出版された本で、実際に現場で働くリーダーの方の体験も含まれた本になります。

今後も今までのリーダーを育てた実績から、新しい本が出版されていくのではと予想しています。


本の構成と読みやすさ

構成

第1章 信頼のベースを作る
第2章チームをうまくまとめて動かす
第3章 仕事を任せる
第4章 メンバーの感情に寄り添う
第5章 メンバーの能力を引き出す
第6章 チームの温度を上げる
第7章 上司を巻き込んで社内政治を攻略する

構成は7章で、それぞれの章に6〜17の小項目があります。

小項目は見開き1ページで、それぞれが1つの内容になっているため必要な部分だけ飛ばし読みをすることもできますよ。

はじめの第1章では、はじめてリーダーになった時の心構えが書かれています。

そして第2章ではおなじみのPDCAを含むチームとの向き合い方を、第3章で報連相を含むメンバーとの向き合い方が書かれています。

第4章では、リーダー自身の態度のあり方も書かれていました。

第5章から実践的な業務の場面について取り上げていて、第6章ではトラブルへの対処が書かれています。

最後の第7章では、中間管理職というリーダーの立場で自身の上司とチームをとの中継ぎと社内政治が取り上げられていましす。


読みやすさ


読書の好きな方には少し物足りないかもしれません。

逆に読書が苦手な方や、当時の私のようにはじめてのリーダーシップの本にする方には実際の自分の立場が第1章から第7章まで順番になっていて読み進めやすいです。

余白も十分にあり、私は他の本や実際に起こった出来事などのメモに使っていますよ。


お勧めの理由


長々と書いてしまい申し訳ありません。

最後にこの『シンプルだけど重要なリーダーの仕事』がお勧めの理由を3つにまとめてみました。

プロジェクトリーダーや主任さん向けの内容
リーダーの心得の本
1項目が見開き1ページで読みやすい

私は今現在は一技術で管理業務からは遠ざかっていますが、今の業界にいる間はまたいつか必要になる能力でもあります。

初心を忘れない教科書として、学べることの多い上司の仕事や私たち一般職との関わりを書き留めるノートとして今でも活躍中です。

次回の2回目は内容を取り上げてみますね。

www.yu-hanami.com


にほんブログ村 本ブログへ