本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

イライラや悩みの解決に仏教の考え方を応用できる1冊 第1回

『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』の紹介

著者 鳥沢廣栄
出版社 株式会社 彩図社
分類 実用書


おはようございます❗️

hanamiの暮らす北国は素晴らしい晴れの天気が続いていますよ。

この暖かい晴れた日々を冬眠のような冬からずっと待っていたのは私だけではないはずです。

いよいよ先月から少しずつ読んでいた本の紹介をさせていただきますね。

なかなか上手く記事にまとまらず、時間がかかってしまいました。

長編記事になってしまったので、区切り良く3回に分けて更新しますね。

第1回は私が本を読むキッカケになったことと、著者の鳥沢廣栄さんの紹介。

第2回は本の構成と概要をお伝えします。

第3回で内容を細かく取り上げでみますね。

それでは、どうぞ!

私が『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』を読みたいと思ったキッカケ


鳥沢廣栄さんのホームページを訪れて


著書の鳥沢廣栄さんを知るキッカケは、何気なく検索していた「あの世」や「天国」「地獄」のことで2年ほど前に興味の湧くホームページを訪れたことが始まりです。

鳥沢廣栄さんのお寺のホームページでは「死後の世界」を取り扱った物語を連載しており、毎晩スマホに向き合い読みふけっていました。

物語としても、仏教のことを知る情報としてもタメになるお話しばかりで楽しく、そして毎日感情的になっていた自分を勇気づけてくれたホームページでした。


元々仏教が身近だった


私自身が幼い頃から月命日と言えば親戚のおばあちゃんの家でお参りをして、優しいお寺さんに可愛がられて暮らしたことがあり仏教やお坊さんのお話にあまり抵抗がなかったこともキッカケの1つでしょうか?

これがきっと、『○○様が説く〜の方法』のタイトルだったら読んではいなかったでしょう。


自分の生き方に役立てたいと思った


私はある専門職の今は1人の技術者です。

今はそう思っていますが、以前は違いました。

「技術者として技術を高めて、業界のトップになりたい」

「そうなれば名声も残って収入も増やせる」

まさしく「海賊王に俺はなる!」ですね。

ネットでは厨二病と呼ばれる少々妄想の抜けない若者でした。

当時は気性も激しくよく感情的になり、がむしゃらに努力することだけが正しいと思っていた若いときの私、そのまま突っ走ってしまい1番大切な人と暮らしを失っていたことでしょう。

今思うと恐ろしい妄想です。

その熱が少し冷めて、現実を生きようとしたときに、2年ほど前から楽しませてもらい多くの考え方をもらった鳥沢廣栄さんのホームページのおさらいがしたく著書を1冊読んでみることにしました。


鳥沢廣栄さん

経歴

著書の鳥沢廣栄さんは仏教の真言宗という宗派の現役の住職です。

著書の中でも紹介されていますが、私たちの悩み相談や願い事を仏様にお願いする仕事に取り組まれています。

私たちが普段、お寺の住職さんと会うのは法事やお墓参りの時だけではないでしょうか?

鳥沢廣栄さんは私たちと接し、悩みを聞き、仏教の考え方でアドバイスしてくれています。

私は地域の方にとっては頼もしい住職さんではないかと思いますよ。

また、先ほど私が見ていたお寺のホームページで著書のような仏教の考え方の紹介や物語を執筆されており、私は鳥沢廣栄さんの物語の大ファンの1人でもあります。

今回は事前にお伺いを立てていないため、ホームページの紹介は差し控えますが気になる方は検索をされると良いと思いますよ。


鳥沢廣栄さんの他の著書

超訳仏教の言葉

心のモヤモヤがスッキリ消える仏教の言葉

スっと心が軽くなる仏教の言葉


鳥沢廣栄さんの作品を実際の本で読んだのは、今回紹介します『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』が初めてです。

この中で『心のモヤモヤがスッキリ消える仏教の言葉』は書店で手にとったことがあり、今回の『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』とどちらを読もうか迷いました。

実例とともに仏教の経典や真言宗の教えの中にある言葉の本来の意味の紹介と、現代的な解釈が説明されていて実生活で活用しても違和感のないない実用的な内容でした。

私も今後読みたい作品があるので、特に気になる『超訳仏教の言葉』を読んだあとは紹介しますね。


第1回だけでも長い文章になってしまいました。

今回の紹介をなぜ3回に分けたかといいますと、記事数を稼ぎたいといった考えは少ししかありません。

私の「上手くまとめられない」悪い癖が出てしまい、今まで通り2回に分けても最後まで読んでもらえないのでは?と思える長さになってしまったからです。

上手くコンパクトにまとめられる文章術を身につけなければなりませんね。

それでは、第2回もお楽しみください。


www.yu-hanami.com

www.yu-hanami.com

鳥澤廣栄さんの本はこちらもおすすめです↓
www.yu-hanami.com

www.yu-hanami.com

にほんブログ村 本ブログへ