本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

お題「もしも魔法が使えたら」に間に合わなかった記事

もしも使えたら欲しい3つの魔法

今回はお題の「もしも魔法が使えたら」について書いてみることにしました。

と思ったのですが、テーマが終わってしまいました。

金曜日ではなく木曜日にお題が更新されるんですね、知らなかった。

定番「エクスペクトパトローナム」


魔法といえば定番中の定番、ハリーポッターシリーズから「エクスペクトパトローナム」の呪文。

作中では、人の幸福を吸い取る吸魂鬼ディメンターを退けることのできる呪文として使われています。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」から主人公ハリー・ポッターの得意な呪文としてCMでもお馴染みのシーンの1つで有名ですね。

実はディメンターは作者のJ.K.ローリングさん自身のうつ病経験から生まれた魔法生物でもあります。

・幸福な気持ちを吸い取る
・周りが冷たく暗くなる
・今までで最悪の出来事を思い出させる
・誰もが自分の中に閉じこもってしまう
・暖かい南国の太陽の下では生きられない

そして緯度の高いイギリスでは冬の季節だけうつ病の症状が出る「季節性うつ」が多いといわれています。

ディメンターを退けるためには、「自分が1番幸せになっているとき」を思い浮かべて呪文を唱えます。

そうすると、幸せの力の塊でもある守護霊(人以外の姿)が現れてディメンターを退けてくれます。

ディメンターが実在しなくても、憂鬱な気分になったときに唱えてスッキリできる呪文があれば使いたいですよ。



天気を変える呪文


せっかくの休みの日が雨なんてよくある話ですし、休みの日外出できないのはもったいない。

そこで、一瞬で天気を変えることができる呪文があれば休みの日が自分にとって都合の良い空模様にできて便利ですね。


季節を変える呪文


これは私が雪国に暮らしているからでもあります。

冬の季節は雪が好きで仕方がない人以外は、寒くて外出は面倒になりますし、暖房費、車のタイヤ、服代、飲食費とお金もかかります。

冬は1ヶ月だけで良いのでサッっと春に変えることができる呪文が欲しいですよ。


今回はお題の「もしも魔法が使えたら」のテーマで書いてみましたが、やはりハリー・ポッターの本の紹介をしてしまった影響からか記事の内容がハリー・ポッターの世界になってきた気がしてならないです。

にほんブログ村 本ブログへ