本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

思わず手にとった気になる本の紹介

思わず表紙とタイトルに惹かれて


本屋さんを散策しているときに思わず手にとってしまった本がありました。

青い表紙と大きなタイトルが目を引く、樋口晋也さんの書かれた『決定版 AI 人工知能』です。

著者の樋口晋也さんは、NTTのAI開発部門の責任者をされている方でした。

内容は第2章のAIの基礎知識の部分を拾い読みしただけですが、AIが関わる分野を広く紹介していて興味が湧きます。

ここの本です。


勝手に想像するAIに頑張ってほしいこと

ターミネーターのレスキュー隊


レスキューロボットは実際の災害現場で活躍していますが、ロボットが自分で判断して救助活動を行える程度にはなっていないようです。

将来は、火災現場でビルに取り残されたとき「ガシッガシッ」と火の中をターミネーターが救助に来てくれると頼もしいですね。

二次災害が危険で救助活動が行えない、時間のかかる場所での救助活動が行えるようになり、助かる人が増えるのではないでしょうか?


AIで解析して決定は患者自身がする医療


現在研究中でもある分野で現実になるのもそう遠くはないですよね。

例えば、腹痛で病院を受診したときに受付をすませるとエコー検査、MRI現在を受付をタッチパネルの問診に答えると

「腹痛の原因は盲腸の確率が90%です」

「服薬治療での治癒率は75%、治療期間は5日です、治療を開始しまいますが?」
⚫︎はい
⚫︎いいえ

など、将来はAIの診断を元に患者自身が治療を選択する仕組みになりそうですね。


人が傷つかない戦争


AIが発展して使われるのは、きっと軍事目的が第1だと思います。

ターミネーターが開発されても、レスキュー隊より先に軍隊に配備されるでしょうね。

それなら、思い切って「全部機械がすればいい」と思いました。

例えば、どこかの島の領土問題。

人が乗らない軍艦同士を戦わせて、勝った方の領土にする。

人の住む場所を攻撃してはいけない、そのような国際ルールを作って守らない国は国連のロボットを派遣する。

漫画のような話になってしまいましたが、無人戦闘機のような人殺し用のロボットを作るくらいなら、人が傷つかないロボットの使い方を考えた方がいいと思いましたよ。

にほんブログ村 本ブログへ