本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

本を教科書兼ノートにする書き込みのポイント

以前、本を教科書兼ノートにすることの私的な3つのメリットのお話をさせていただきました。

今回は、その続編、実際に本に書き込みをするときの3つのポイントのお話をさせていただきますね。


f:id:jizi9:20170722220629j:plain

まず本を教科書兼ノートにする3つのメリット

1.必要な情報を1冊にまとめられる

1冊にまとまった分、持ち歩きに便利で本棚がスッキリします。

そして、調べ物の時間を短縮できます。

2.同じテーマでも違う著者の見解と比べることができる

比べるときには同時に見比べることができ、同じテーマでも著者によって変わる見解を比べることができますよ。

3.読み返すと1度に何冊も同時に読み返したことになる

そして、書き込みが自然に目に入ります。

これは読み返したときに2冊分とはいかないまでも「ちょっと得した」情報をインプットすることができます。


この書き込みですが、実は私なりに先ほどの3つのメリットを得られるように工夫しているポイントがあります。


1.裏表紙に本の基本的な情報と著者を書き込んでおく

f:id:jizi9:20170727122841j:plain

見にくい画像で申し訳ありませんが、裏表紙に書いておく基本的な情報は次の5つです。

番号
タイトル
著者
出版日
出版社

番号は参考にした順番にしていますが、自分がわかれば好きな番号を振り分けてもかまいません。

番号を振り分ける理由は、ちょっとしたメモ書きのときに書き込むページに他の本の情報を書かずにすむからです。


2.書き込みの見出しにページを書き込んでおく


次に書き込みの見出しを書いておくことが大切ですよ。

画像では3つのことを書いています。

f:id:jizi9:20170727122852j:plain

番号
タイトル
参考にしたページ

これは、詳しく見比べたくて参考にした本を開くときに素早く内容を見比べることにつながります。

また、参考にした本を手放してしまったときに再度購入するかを読んで確かめるときにも役に立つはずです。


3.書き込みは短い文と図でシンプルに



最後のポイントは短い文と図でシンプルにまとめておくことです。

長々と文章を書き写してもかまいません。

正確な内容を書き残しておきたいときには、その方法が良いでしょう。

私はあくまで、実用的な教科書兼ノートにしたいので、参考にする本の内容をまとめてから書き込むようにしています。

その方が限られた本の余白に必要最低限の情報を書き残すことができますから。


このブログの6つのテーマにしておきながら、なかなか進まない読書勉強法の紹介。

少しは具体的になってきたでしょうか?

なかなか進まないのは私自身が勉強中の身でもあるからかもしれませんね。

www.yu-hanami.com

にほんブログ村 本ブログへ