本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

1/12カ月の夏だけど

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏

今週のはてなブログのお題を書こうと思ったら、かなり困りましたよ。

フォトコンテストだったので。

写真は全くの素人ですし、今の私にはとんでもないハンデがあるからです。

それは、スマホの外カメラが壊れているということ。

そんな中でもこの夏の青い空を送ります。

2017年の猛暑予想は当たったのか?

2017年の夏、いかがでしたか?

猛暑予想が当たったのは関西地方だけだったようですね。

東京都内は雨の日が何日も続いていて、レジャー産業に大打撃、野菜も高騰してると連日のニュースで目にします。

こちらの夏は例年通りといった感じで過ぎたようです。

いや、まだまだ終わってほしくない!

北国は6月まで長袖が必要な寒さと、冷たい雨が続き、7月は毎日30度を超えた暑さで「いよいよ来たぁ」と外出を楽しんだのもつかの間、8月を過ぎると30度に届かず終わってしまったような感じでした。

夏が大好きな私としては、やっぱり物足りない北国の夏。

これも毎年の恒例でもあります。

毎年夏が続いてくれと期待するけど………


北国に住む私にとって夏は1番嬉しい季節、半袖で出歩けて日光を肌で感じることも、アウトドアに行くとそのままお昼寝をすることもできる夏。

何より景色の色が多いんですよね。
一面の銀世界と表現されますが、冬は鉛色の雲がかかった空に白い道路と建物の色、葉が落ちて幹と枝だけになった茶色い木々、ほとんどモノクロなんです。

夏は道端に咲く花の色に草の緑、木々にもグラデーションのかかった緑の葉が茂って、青い空に濃淡のある白い雲、「あぁ、自然の中で生きている」って実感が湧いてくる夏。

いつまでも続けば良いのにと思い、すぐ終わる夏。

季節がある地域に住んでいるからどうにもならないことですよね。

それでも夏は楽しみなんです

猛暑予想には裏切られ、ほんの1カ月で海水浴シーズンは終わってしまう北国の夏。

1/12カ月の夏ですが(何か歌のタイトルになりそう)、そんな夏が大好きです。

何だか良い言葉を思いついた気がします。

「1/12カ月の夏」
、アーティストの方、どなたか曲のタイトルにどうぞ!

ちなみにオマケですが、6月のストロベリームーンの写真もこの夏の思い出の1枚です。

私の誕生日に南東の空に上った月ですから。

にほんブログ村 本ブログへ