本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

読書の秋に読みたくなる3冊の暖かい小説

今週のお題「読書の秋」


今週のはてなブログのお題は『読書の秋』

まさに、このブログのテーマにぴったり!

読書の秋に読みたい小説コーナー

タイミング良く先日本屋さんで半日かけて、本漁りをしていました。

購入した本は3冊でしたが、気になる本はAmazonの欲しいものリストに保存して忘れないようにしている花水(hanami)。

本当は全部の本をまとめて一挙に紹介する予定でしたが、かなり長くなってしまったので分割することにしました。

そしてお題のテーマを見つけて急遽、読書の秋に読みたい本コーナーを開催することにしました。

今回は、気持ちが暖かくなる3冊の小説を紹介しますね。


ホリデー・イン 坂木司

坂木司さんのホリデーシリーズ完結作 『 ホリデー・イン』 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ


『ホリデー・イン』は坂木司さんの物語の中でも、ホリデーシリーズファンの花水(hanami)にとって見かけたら読もうと思っていた1冊。

ホリデーシリーズは、家族や仲間、人と人の本来のつながりの大切さが綺麗に描かれているんです。

職場や人生での上下はありますが、登場人物たちはお互いの利害を超えた存在。

付き合っていて得をするとか、損をするとか、役に立つとか、迷惑だとかを考えず向き合う個性的な人間関係は理想なのではないでしょうか?

詳しくは本の紹介にまとめてありますが、ホリデーシリーズの名脇役たちがスピンアウトで登場する魅力に惹かれますよ。

www.yu-hanami.com



食堂かたつむり 小川糸

命に感謝したい1冊 小川糸さんの『食堂かたつむり』 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ


小川糸さんの『食堂かたつむり』は、タイトルと1ページ目を読んで即購入した1冊です。

こちらでも紹介した通り、直感で買った小説が面白かった時は「選んでよかったなぁ」自分の中でだけ感動します!

1000万人が泣かなくても、私は泣きます。

そして、こうして伝えられることで1回の本選びで2回以上楽しめるようになりましたよ。

www.yu-hanami.com



ようこそ、我が家へ 池井戸潤

www.yu-hanami.com



池井戸潤さんの『ようこそ、わが家へ』は、相葉雅紀さん主演のドラマが印象的で読みたかった1冊でもあります。

本屋さんで見かけて、1ページも読まずに購入。

ドラマとはストーリーが異なるので、細かな違いを楽しめそうな1冊ですよ。



気温が下がる秋だからほっこりな物語で気分も暖めたい

秋は紅葉も鮮やかになり、海の幸山の幸も美味しくなる季節。

ですが、気温は下がり明るい昼間は短くなり、気持ちは下がりがちなのでは?

私はそうですよ。

だから、ほっこりする物語で人の暖かさに触れて気持ちを暖めてほしいなぁと思い、今回の3冊を紹介しました。

本屋さんの文庫コーナーにも魅力的な本が沢山でしたよ。

天気の悪い日には本屋さんで小説選びはいかがですか?

小説選びのポイントは………タイトルと直感です!
小説はタイトルと直感で選ぶhanamiの本の選び方 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ


それでは、生き方の実用書、仕事と暮らしの実用書、ビジネス書のコーナーもお楽しみに!

読書の秋に読みたくなる本のコーナー
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com




にほんブログ村 本ブログへ