本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

クリスマスシーンが印象な2冊の物語

クリスマスシーンが印象的な2冊の紹介

f:id:jizi9:20171029193141j:plain



本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、メリークリスマス‼️花水由宇(hanami yuu)です。

いよいよクリスマス、けど今年は平日なんですね。

多くの家庭では、昨日クリスマスをされたのではないでしょうか?

我が家は昨日でしたよ。


形にこだわらなくても美味しく楽しいクリスマスが大切


我が家のメインは、ローストビーフでもローストチキンでもない、ローストラムです。

ラムチョップを下茹でしてから、醤油ベースの照り焼きのタレを付けて焼くのですが、夏はキャンプ、冬はクリスマスと大活躍のラムチョップ。

ローストビーフローストチキンが定番ですし、以前はクリスマスといえばチキンの丸焼きとこだわっていましたが、美味しく楽しめればそれで良しだと思います。



クリスマスが印象的な2冊


本当は更新を休もうかと思っていましたが、通勤時間にクリスマスのシーンが印象的だった小説はないかなぁと思いついたので紹介します。


『ウィンター・ホリデー』坂木司

www.yu-hanami.com

『食堂かたつむり』小川糸

www.yu-hanami.com


ひらめきなので、何の紹介文も書いておらず、すみません。

『食堂かたつむり』のクリスマスシーンは、読む方の暮らしている人間模様によっては涙してしまうかもしれません。

『ウィンター・ホリデー』は体の中から暖められるクリスマスシーンでしたよ。

それでは、みなさんも良いクリスマスを〜‼️


最近の雑記はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

にほんブログ村 本ブログへ