本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

最近メルカリを始めて思う3つのこと

最近メルカリを始めて思うこと


出典 フリマアプリ メルカリ


不用品の処分に始めたメルカリ

断捨離の一環で始めた

去年の1月頃から始めた断捨離、1年で家の中がかなりスッキリしましたね。

断捨離で出た不用品はリサイクルショップで買い取ってもらっていましたが、フリマアプリのメルカリの方がかなり買い取り金額が高いことを知り12月から始めてみました。

驚きの連続です。


リサイクルショップよりも買取額が高い

リサイクルショップでは10円にもならなさそうなクレーンゲームの景品(未開封でしたが)が1000円で売れたり、保証書を捨ててしまい買い取ってもらえなかったブランドの財布が3000円で売れたりしました。

リサイクルショップで合計5000円くらいだった数10点をメルカリで売ったら……なんて思ったりもします。

メルカリは断捨離にはおすすめですよ!

メルカリはこちらから↓
https://www.mercari.com/jp/dl/

やってみる方はコードを入れていただけるとお互いクジが引けるようですよ↓
HETTDV

と、お話がメルカリの宣伝に逸れてしまいましたが、昨年末のニュースで現金を売る方がまだいるようだと知ったので、お話ししますね。



まだまだ続く現金の販売

現金販売が続く

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171230000080

こちらのニュースによると、売った人は1万円札2枚を2万4750円で販売したようですね。

昨年春頃には明らかにお札を売っていましたが、今回は分かる人には伝わる「隠語」を使ってやりとりしていたようです。

まだまだ続いていたんですね。


現金を買う理由

この現金販売は、買う人がいるから成り立っているということもあります。

私は2万円を2万4750円で欲しいとは思いませんが、必要な方は買うようですね。

現金を買う方は、カードローンなどの債務があり手元に現金のない方がクレジットカードで購入するようです。

現金を売買するのは「出資法」という法律で規制されていますので、販売した方は逮捕されたようですね。

欲しい方がいるのはわかりますが、売る方は4750円の儲けになる……何と言って良いんでしょうか。


メルカリを始めて思う3つのこと

不用な物でも、物は必要な人にとっては必要
お互いの利益になっている?

昔から物持ちが良いと言われていた花水(hanami)。

物持ちが良いというより、物を溜め込みがちだったんですね。

年に数回しか使わない調理器具、着ない服、使っていない趣味の道具、とにかくなんでも取っておいていました。

花水(hanami)が年に数回しか使わない調理器具も、使いたい人は週に1回は使う用事があって、着ない服も明日から着たい人はいるものですね。

譲る人も新しく使う人も、納得のいくやりとりができる。

お互いに利益になっているのかなぁとメルカリを使い始めて思いましたよ。


使える物は再利用

そして、物は誰かが使ってこそ価値があるのかなと思うこと。

調理器具は料理をするためにあって、服は着て歩くためにある。

調理器具にとっても台所の下で眠るより、バリバリ料理がしたいはず。

服もクローゼットでカバーに包まれるより、陽の光を浴びたいはず。

誰かに譲って使ってもらえることで、物を再び働きがいがでてくるのかなぁと、ふと思ってみました。


なんだか、まとまりのないお話ですが、最近始めたメルカリのお話でした。



にほんブログ村 本ブログへ