本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

寝てみる夢のお話〜花水由宇の夢の世界

寝てみる夢のお話

f:id:jizi9:20171204212254j:plain



花水由宇(hanami yuu)が見ている夢の世界


花水(hanami)の夢の中は現実とほとんど区別がつきません。

それは、感覚が全てあって自分で行動することができる夢が多いからです。


五感は全てある

夢の中には現実の感覚は全てあります。

視覚はカラー、音もあってBGMが流れることもあります。

いい香りも臭い匂いも、食べ物の味も全てあります。


参加できる夢

普段のように考えたり、動いたりする夢がほとんどですね。

普段の日常から、現実離れしたスカイダイビングのような夢もありますよ。

現実と区別がつかないところは、この「考える」「行動できる」ことがあるためです。


参加できないドラマのような夢

自分目線の夢がほとんどの花水ですが、たまにドラマのような夢を見ることがあります。

目線は登場人物と同じ位置だったり、舞台を見ているように遠くからだったり、上や下からだったりします。

このようなドラマのような夢は、ラストシーン以外はほとんど覚えていないものです。


自然の中の夢

さらに稀なのは、自然の中のの夢。

ドローン映像のように空をひたすら飛ぶ夢、水の中の夢を見ることもあります。

水の中の夢はなんだか癒されますね。


夢の中の登場人物は?


花水(hanami)の夢の中の登場人物は、現実のように話したり行動したりします。

登場人物を3つのパターンに分けてみました。


実際に会ったことのある人

1番多く登場するのは、実際に会ったことのある人。

身近な人も多く夢の中に登場しますが、小学校の時の同級生が成長して登場することも、全く関わったことがない人が登場することもあります。

ほとんどの登場人物は現実のままですが、中にはキャラが変わっていたり、同じ友達グループでも1人だけ年齢が若かったりと違和感があることも…夢ならではですね。


会ったことはないけど知っている人

次に多く登場するのが、有名人など現実で会ったことはないけど顔を知っている人。

また、花水の空想の中の人も多く登場しますよ。


全く知らない人

夢の中で関わって1番不思議な登場人物が、この全く知らない人です。

全く知らないというと少しだけ違います。

それは、聞いたことのある声の人、誰かに似ている人がいることも多いから。

きっと頭の中でイロイロな人が混ざり合って出来上がった人物なんでしょうね。



夢のストーリーは?


そして、気になるのが夢のストーリー。

花水(hanami)の夢は現実とは区別がつかない感覚があって、自分で考えて行動できる世界。

幸せで楽しい夢は、数日分の幸せに浸れたような気分になり、恐ろしものはとことん恐ろしい。

両極端なんですよね。


すごく幸せ

あまり頻繁に見ることはありませんが、ものすごく幸せな夢を見ることもありますよ。

幸せな夢が見れた日は1日中ハッピーな気分に浸れます。


ハラハラドキドキのハリウッド

こちらも稀に見ることがある、映画のようなストーリー。

映画の世界でしか見ることのできないハリウッドのようなシーンを体験することができます。

なんだかVR(ヴァーチャルリアリティ)のような夢です。


普段の日時

圧倒的に多い夢が普段の日常です。

普段の暮らし、職場で仕事をしているストーリー。

起きてみて、「あ、夢か」と思える何気ない夢です。


恐ろしい!

嫌な夢のワースト3が恐ろしい夢。

例えば強盗に殴られたら、それは痛いですし、夢の中で気を失うこともあります。

人間以上に恐ろしいのは、化け物が登場することもあるからです。

今まで多くの恐ろしい夢を見てきましたが、思わず叫びたくなるような夢が気持ちの悪いグロテスクな夢。

床一面……なんてこともありますし、飛ぶはずのない……がたくさん飛んでくることもあります。


意味がわからない

嫌な夢のワースト2が、思わず「え?」となるような意味がわからない夢です。

楽しい夢なら笑えるのですが、全く意味がわからないものも。

昔はよく見ていた夢が、ひたすら逃げているのですが何から逃げているのかわからない。

何か恐ろしことが起こっていても、夢の中で何も起こっていない。

とにかく見ていても起きてからも「何だったんだろう?」と思う夢は寝覚めが悪いですね。


すごく悲しい

嫌な夢の中でもダントツでワースト1は、すごく悲しい夢です。

この手の夢を見るとその日1日中はもちろん、2〜3日は凹んでしまいます。

内容もリアルで、起こってほしくはないことが起こってしまうストーリー。

身近な人の死や大切な人との別れ、過去の悲しい出来事の再現……どれも最悪の夢です。


花水由宇(hanami yuu)の夢の世界のまとめ


幼い頃から昔話や本に入り浸り、妄想力豊かになった花水(hanami)の夢もまた妄想の世界。

現実と区別がつかない感覚と、実際に動いて回れる世界が広がっています。

いいことまあれば、嫌なことも。

それは、幸せな夢はとことん幸せで、悲しい夢は現実なら生きていく気力がなくなるほど悲しいストーリー。


実は続編も予定していて、合計3回で嫌な夢から覚める方法、嫌な夢を書き換えてしまう方法などを書いてみたくなりましたので、興味のある方はお楽しみに!




シュミレーション仮説の記事はこちらです↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


夢シリーズの記事はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

にほんブログ村 本ブログへ