本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

本の賞の種類って?〜純文学の3つの賞

本の賞の種類には何がある?純文学の3つの賞

f:id:jizi9:20180301233853j:plain




読書家を自称していて、読書ブログをやっている花水由宇(hanami yuu)ですが、実は文学の賞はほとんど知りません。

知っているのは誰もが知っている芥川賞直木賞本屋大賞このミステリーがすごい!くらいです。

手に取る本の中には「〜賞受賞作品」の帯がありますが、読みたいのは本の中身。

あまり興味がなかったんですね。

読書ブログを運営している自称読書家として、物語を書いているアマチュア作家の1人として、文学の賞は知っておいた方が良いと思い調べね見ましたよ。

今回は純文学の賞の中から芥川龍之介すばる文学賞太宰治賞の3つを紹介します。

作品の発表と未発表の違い

発表

文学作品が「発表」されたことの意味は、雑誌や新聞に掲載されて公の目に触れたことをいいます。


未発表

「未発表」は逆の意味で、公の目に触れていない文学作品のことをいいます。

未発表は新聞や雑誌の他、イターネット上など発表した作品は選考の対象外とする賞もあります。



純文学の3つの賞

芥川龍之介賞(芥川賞)

対象: 既に発表された純文学の中・短編
主催: 公益財団法人 日本文学振興会
選考: 小川洋子奥泉光川上弘美島田雅彦、髙樹のぶ子、堀江敏幸宮本輝村上龍山田詠美吉田修一
賞金:正賞は懐中時計、副賞100万円
公式サイト: 各賞紹介|公益財団法人日本文学振興会

芥川龍之介賞(芥川賞)は、1935年に直木三十五賞直木賞)とともに創設された言わずと知れた文学賞です。

対象は新人作家の短編小説、中編小説。

年に2回選考が行われ、12月から5月までの上半期は7月、6月から11月までの下半期は翌年の1月に発表されます。

選考委員には、第二次大戦後のパラレルワールドを描いた『五分後の世界』、カンブリア宮殿の出演で有名な村上龍さんがいます。

「新人作家はどの程度の経歴か?」「純文学と大衆文学の差は?」と受賞作によって議論を生むこともありますが、作家さんにとって華やかしい賞であることに変わりまはりませんね。


すばる文学賞

対象: 未発表の中・長編小説
主催: 株式会社 集英社
選考: 江國香織、奥泉 光、角田光代高橋源一郎堀江敏幸
賞金:正賞は記念品、副賞100万円
公式サイト: | 第42回すばる文学賞原稿募集 | すばる - 集英社 |

すばる文学賞は、作家さんやファンの間では集英社出版四賞の1つで、他の3つは「柴田錬三郎賞」「小説すばる新人賞」「開高健ノンフィクション賞」。

対象は新人作家さんで、「既成の文学感にとらわれない、意欲的な力作・秀作」を募集することをモットーにしているようです。

募集の締め切りは3月、発表は10月の集英社文芸誌「すばる」で発表されます。

応募作品の数はここ10年で1000作品を超えて、2008年には2000作品を超えることもありました。


選考委員では、『東京タワー』の著者の江國香織さん、『銀河鉄道の彼方に』を執筆しNHKラジオ第1放送「すっぴん」にも出演している高橋源一郎さんが知られていますね。

また、「受賞作の出版、電子書籍の配信、および映像化等に関する諸権利」は集英社が管理するとありますので、インターネットで配信したい方は注意が必要ですね。


太宰治

対象: 未発表の中編小説
主催: 株式会社筑摩書房
選考: 加藤典洋 荒川洋治 奥泉光 中島京子
賞金:正賞は記念品、副賞100万円
公式サイト: 太宰治賞

太宰治賞は、筑摩書房太宰治にゆかりのある東京都三鷹市が共同で主催する文学賞です。

対象は新人作家さん、作品は未発表とありますが、ビジネス目的ではない同人誌に発表された作品は対象になるようです。

募集の締め切りは12月、翌年の5月に発表された受賞作は筑摩書房の雑誌「ちくま」とホームページに掲載されていますね。

選考委員には、奥泉光さんが芥川賞すばる文学賞と兼任していますよ。


注目するのは芥川賞


候補作として発表されることで話題を集めやすく、多くの方に読まれる作品として注目するのは芥川龍之介賞でしょうか?

花水の好みとしては、1月に発表された芥川賞受賞作品は読んでみたいなぁと思える作品でしたよ。

これからの受賞予想は………まず直木賞の予想が当たるようになってからでしょうか、笑。


このような形で、「小説の賞シリーズ」をスタートさせてみました。

今回が純文学の賞、次回が大衆文学の賞。

ミステリー小説は賞が多いので、1つの記事で取り上げます。

そして、最近目にすることが増えた本の賞で1つ書いてみようと思います。

それでは、次回は大衆文学の賞をいくつか紹介しますね。


「小説の賞シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


「小説の種類シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


にほんブログ村 本ブログへ