本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

引用はどこまでできる?ブログやSNSで注意すること

引用とは?読書ブログを書くときに注意したいこと

f:id:jizi9:20171117111542j:plain

ブログやSNSをされている方は、引用の経験があるかと思います。

特に花水(hanami)のように、読書ブログをされている方は本の内容を引用することが多いのではないでしょうか?

そこで、今回は引用に関する法律と、ブログをSNSでの引用方法をまとめたのでお伝えしますね。

引用とは?

引用(citation, quotation)は、
「自分の作品で、他人の著作物を副次的に紹介する行為」といわれています。

もう1つの意味では、各国の著作権法の引用要件を満たして行われる「合法な無断転載等」のこと。

引用は、法律で認められた無断転載ということになります。


引用と決まり


本やWebページなど、著作物の多くに認められている引用ですが、もちろん決まりもあります。


引用を規定している著作権法

日本の著作権法では、引用の決まりをこのように記載しています。

一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(著作権法32条)。これは著作権侵害にならない。

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
文部科学省HP より引用

一定の条件を4つにまとめると

さらに文部科学省のHPでは、引用に関する7つの条件が細かく書かれています。

ア 既に公表されている著作物であること

イ 「公正な慣行」に合致すること

ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること

エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること

オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

カ 引用を行う「必然性」があること

キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

文部科学省HP より引用


全てでア〜キまである、7つの要件。

わかりやすいよう4つにまとめてみました。

f:id:jizi9:20180609094953j:plain

⑴ 目的:引用を行う必然性のあるときに行う

⑵対象:出版、公開された作品を引用する

⑶内容:紹介、参照、論評の目的で自作の内容と引用の内容を「主従関係」にする

⑷方法:引用部分を明確にし、出所の明示をする

さらに簡潔にまとめると、「引用しなければ得られない情報があるときに、出版・公開されている情報の中から、引用部分を『』でくくり引用元を書いて、自作の内容の補助をする目的で行う」ことになります。


公正な慣行とは?

「紹介、参照、論評その他の目的で著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録すること」
最高裁判所判例を参照

法律にまつわる言葉は、「他に使っている人がいるのかな?」と思うほど身近ではありませんよね。

ここでも、1つ難しい言葉が出てきています。

「公正な慣行」

これは、世の中で許容される範囲かどうかということのようです。

最高裁判所判例によると、重要な部分は2つに分けられます。

⑴目的: 紹介、参照、論評、その他

⑵引用の量: 原則として一部

まずは、目的が紹介、参照、論評の目的であること。

そして、引用の量は「一部」である必要があります。

先ほども、内容と引用の内容を「主従関係」にするとありました。

具体的な分量は記載がありませんが、多くても自作の内容を超えてはならないことは間違いないと思います。


引用をブログやSNSに記載するには


ブログを書いている方はもちろんですが、SNSをされている方でも引用には注意が必要です。

引用の方法の決まり

著作権法48条

1. 次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。

2.前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。
文部科学省HP より引用

引用に必要な3つの内容

f:id:jizi9:20180609095318j:plain

ブログやSNSで引用をする場合に必要な内容は3つあります。

①著作物名

②出所

③著作者名(わかっている場合)


他の方の記事を引用する場合

ブログやSNSで機会の多い引用は、他の方の記事ではないでしょうか?

最近では、自動で引用できる機能のあるアプリもあるので積極的に活用できるといいですね。

他の方の記事の引用は次のようになります。

①著作物名:記事のタイトル

②出所:HPやブログのタイトル

③著作者名:公開している名前やアカウント名


本の内容を引用する場合

私のように読書ブログや、書評の記事を書いている方。

他にもビジネス情報を書いている方は、本の内容を引用する機会もおおいはずです。

本の内容を引用する場合には、次のようになります。

①著作物名:本のタイトル

②出所:出版社、掲載された雑誌

③著作者名:著者名


企業の情報を引用する場合

ビジネス情報を書いている方は、企業の公式HPから情報を引用する場合もあるのではないでしょうか?

企業の情報はこのように書くと、適切な引用といえるでしょう。

①著作物名:記事のタイトル

②出所:企業の公式HP

③著作者名:企業名

1つだけ、企業の情報を引用する場合には注意が必要です。

もし公式HPに、引用や転載の禁止が書いてある場合、引用を控えた方がいいはずです。


引用と出典のまとめ


ブログやSNSで気軽に情報を発信できるようになりましたね。

情報を発信するには、いくつかの決まりがあります。

その中でも、法律に触れる可能性がある引用。

引用そのものは、著作権法でも認められている情報の提供方法です。

それは、もちろん決まりを守った上でです。


引用ができる条件は3つありました。

⑴目的:引用を行う必然性のあるときに行う

⑵対象:出版、公開された作品を引用する

⑶内容:紹介、参照、論評の目的で自作の内容と引用の内容を「主従関係」にする

そして、引用に必要な内容も3つあります。

①著作物名

②出所

③著作者名(わかっている場合)

さらに、情報の掲載元で引用に禁止事項がないかを確認しておく必要がありますね。

漫画の盗作や無断転載が話題になることもあります。

ネットのモラル、守っていきたいなぁと思いますよ。


ブログに関するお話はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


書評の書き方のお話はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

文庫本の役割と単行本が文庫化されるまで

文庫本の役割は?

f:id:jizi9:20180301233908j:plain

文庫本、最近はコンビニにも新作や人気の文庫本が並ぶことが多くなりましたね。

読書ブログを書いている花水(hanami)ですが、新刊の作品よりも文庫本を買う機会の方が多くあります。

そこで、今回のテーマは単行本が文庫本になるまでと文庫本の役割のお話をさせていただきますね。


文庫本って?


文庫本は既刊の単行本が、今後多く読まれることを見込んで、小さく廉価にした書籍。

文庫本が初めて出版されたのは1927年の岩波文庫

出版社ももちろん商売、単行本の売れ筋の良いうちは文庫化されませんよね。

読者としては、文庫化は早い方が嬉しいですよ。


単行本が文庫化されるまで

初版から文庫化

最近ではミステリー小説やライトノベルで、初版から文庫本で出版される「いきなり文庫」という出版もあります。

池井戸潤さんの『アキラとあきら』衝動買いした池井戸潤さんの『アキラとあきら』を大紹介! - 本当に本が読みたくなる読書のブログは、有名作家さんの初版が文庫本ということで注目を集めました。

単行本はどのような流れで文庫化されるのでしょうか?


文庫化されるまでの流れ

単行本が文庫化されるまでの流れには、⑴単行本の出版からの期間、⑵何らかのイベントの2つが影響するといわれています。

⑴単行本出版からの期間、数年前までは「3年以上」が常識といわれていました。

最近では、この3年をあまり意識せず、1〜2年で文庫化される本もあるようです。

2つめの、⑵何らかのイベントで文庫化が早まることもあります。

単行本の小説が映画化されるときには、より多くの方に作品を知ってもらうため文庫化を急ぐことがあります。

池井戸潤さんの『下町ロケット』がそうでしたね。

また、続編が発表されることも文庫化が早まることつながります。

出版数の多い有名作家さんでは、文庫化の期間も早いことはそのためでしょう。



文庫本は本に出会うきっかけ


すぐに読みたい本以外は、文庫本にお世話になっている花水(hanami)。

人気の作品がいつ文庫化されるのか、楽しみにしています。

小説以外にも、実用書やビジネス書を新品で購入すると1200〜2000円はします。

文庫本では、600〜900円で販売され価格は半分。

1冊の価格は抑えられますが、「文庫本なら試しに読んでみよう」と思う方も増えるのではないでしょうか?

私も、今まで購入を待っていたビジネス書が文庫化されると買うこともあります。

ネットでの情報で本の内容を知ることはできます。

それでも文庫本は、読者が作品に出会う役割も担っていますよね。




文庫本に関する記事はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

リライトの予定、6月は7記事の「本の紹介」をリライトします

リライトで埋もれたWebページを掘り起こす取り組み

f:id:jizi9:20180131184616j:plain
ブログですること

リライトの目的は埋もれた記事を掘り起こす


「作成された文章の内容を変えずに加筆修正し、より好まれる表現に書き換えること」

リライトの意味と目的はWebライティングをされている多くの方が知っていることと思います。



効果的なリライトは?


単純にリライトといっても、どのようにリライトをするかで効果は変わるといわれています。


公開後半年以上経った記事をリライトする効果

記事の対象期間では、①公開後半年以上経って読まれなくなってきた記事をリライトすることで、また読まれるようになるといわれています。


検索上位の記事をリライトする効果

また、記事の選び方ではGoogleの検索ページの表示を①検索1ページ、②検索2〜4ページ、③検索5ページ以上に分けて②検索2〜4ページの記事をリライトするとGoogleの順位が上がることにつながるといわれていました。


①検索1ページ=評価の高い記事

検索1ページ記事は、既にGoogleから高い評価を得ていてリライトの必要はないようです。


②検索2〜4ページ≒評価は受けていても他のサイトよりも劣る記事

検索2〜4ページ記事が重要で、リライトによって順位が上がる可能性が高い記事です。


③検索5ページ以上≒評価の低い記事

最後検索5ページ以上の記事は評価が低く、リライトで検索順位を上げることは難しいようです。



リライトは5w1hで予定を立てる


先ほどのリライトの効果をもとに、4月から5w1hで予定を立てて取り組んでいます。


リライトのwhy〜埋もれた記事を読まれる記事に

リライトの目的は、ブログ立ち上げの頃に書いて埋もれている記事。

この読まれていない記事を掘り起こして、読みやすいように蘇らせることが目的です。


リライトのwhat〜タイトル・情報・まとめの3つのリライト内容

①タイトル〜伝わりやすい内容

ブログを始めて間もないころは、内容に合わないタイトルも少なくありません。

内容や紹介に合わせてリライトします。


②情報〜ジャンルと出版日の追加

特に小説のジャンルでは、「純文学」「エンタメ小説」「ミステリー小説」と細かくジャンル分けを行います。

きっとカテゴリーから検索しやすくなるはず。


③まとめ〜2記事を1記事にまとめる

「本の紹介」記事では、ビジネス書や実用書などは2記事で1つの本を紹介しています。

半年以上前に書いた記事では、2つを1つにまとめて1回で読めるようにしますね。


リライトのwhere〜対象は半年以上前の「本の紹介」

①「本の紹介」のカテゴリー

「本の紹介」のカテゴリーは、このブログのメインの記事ですが期間が経つと読まれなくなっているようです。

やはり読書ブログらしく「本の紹介」記事を充実するためにリライトの対象記事は「本の紹介」に絞り込むことにしますね。


②公開後半年以上経った記事

記事の期間は、参考にさせていただいたブログにもあるように公開後半年以上経った記事からリライトします。


リライトのwho〜もちろん花水由宇(hanami yuu)
リライトのwhen〜期間は3カ月で合計15記事

リライトの期間は、4〜6月まで1月5記事。

初めは1カ月10記事の目標を立てていましたが、1カ月に10記事がリライトでは新しい更新が減ってしまいます。

そこで、無理なく半分の1カ月5記事、3カ月で15記事のリライトを予定。


リライトのhow much〜pv数が増加する


目的は「読まれていないページを掘り起こして、読みやすいように蘇らせること」です。

効果は、pv数が増加することにしておきますね。

今月のリライト予定はこの7記事

考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 世の中を切る『バッサリ編』 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 思わず優しくなれる『ほっこり編』 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
ツナグ 辻村深月 想いは伝えられる環境があるウチに伝えよう - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
ジェノサイド 高野和明 それぞれの存在する理由 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ


7記事の内3記事は、他の記事とまとめます。

合わせて5記事リライトしたことになります。


効果は合計15記事のリライトが終わってから報告することにしますね。

今月も頑張ります!


リライト関連の記事はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


ブログ運営はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


参考図書はこちら↓
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ