本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

湊かなえ『豆の上で眠る』〜少女の頃の記憶の違いを謎を解く物語

『豆の上で眠る』湊かなえ

著者 湊かなえ
出版社 株式会社 新潮社
分類 小説
出版日 2017/7/1

先月本屋さんでタイトルに惹かれ、あらすじを見てすぐに買った湊かなえさんの『豆の上で眠る』を紹介しますね。

湊かなえさんは、2009年の『告白』で本屋大賞を受賞し一躍有名に。

その後、『ポイズンドーター・ホーリーマザー』や『未来』が直木賞候補に選ばれる作家さんです。



湊かなえさんの描くリアルな登場人物

安西結衣子

神戸市内で1人暮らしをする安西結衣子は、幼い頃の心の影を持った大学2年生。

家でゲームをするのが好きなインドア派の結衣子は、小学校1年生まで一緒に過ごした姉の万祐子ちゃんと2年後に帰ってきたお姉ちゃんの違和感をいつまでも拭えずにいた。

安西万祐子

体が弱く家の中で暮らしがちな結衣子のお姉ちゃん。

女の子らしい容姿と優しい性格の万祐子ちゃんは外遊びやスポーツよりも読書が得意、布団の中で結衣子に本の読み聞かせをしてくれていた。

結衣子の記憶から離れない思い出が、アンデルセンの物語『えんどうまめの上に寝たお姫さま』。

結衣子の優しいお姉ちゃんは、2人で外に遊びに行った帰り、万祐子ちゃんが小学校3年生の時に誘拐されてしまう。

お姉ちゃん

結衣子が小学校3年生、万祐子ちゃんは小学校5年生の時に家族の元に帰ってくる。

だが、結衣子の元に帰ってきたお姉ちゃんと誘拐される前の万祐子ちゃんの違和感。

お姉ちゃんは本当に万祐子ちゃんなのか?


物語の始まり


神戸市内で暮らす結衣子は、元に実家の母が胃潰瘍で入院したと姉からのメールで知る。

深刻な病気ではなかったことから、すぐに帰省するつもりがなかった万祐子もバイト先の友人に促され新幹線に乗った。

相席したお婆さんの飼い猫に昔を思い出した結衣子は、実家の近くの駅でお姉ちゃんと幼い頃の記憶にある万祐子ちゃんを見かける。



夏の記憶を行き来するストーリー


結衣子の実家は兵庫県から岡山駅より西のバブル期以降に宅地造成された、郊外の住宅地。

田園と水路が多く、夏はべっとり空気が張り付くような蒸し暑さ。

『豆の上で眠る』の舞台は中国地方の内陸の地域でしょうか。

物語は実家に帰った結衣子の幼い頃の記憶の中を巡る数年間のストーリー。

物心ついた時から本を読み聞かせてくれた万祐子ちゃんの思い出。

神社でシェルターを作った帰りに居なくなった万祐子ちゃん、その後家族の生活は崩れ2年が過ぎた。

連れ去られたと思われた神社で突然発見された万祐子ちゃん。

病院で会った万祐子ちゃんも、家に帰ってきてそれからを共にした万祐子ちゃんも、結衣子にとっての万祐子ちゃんの思い出と違和感を感じずにいられなかった。


キーワードは「1粒」、テーマは「つながり」?


結衣子が幼い頃から読み聞かせてくれた『えんどうまめの上に寝たお姫さま』。

王子様のお嫁さん候補から、本物のお姫さまを見つけるためにお妃様が考えた方法は布団の下に1粒の豆を置いて、そこで寝たお嫁さん候補が気付くかどうか。

『豆の上で眠る』のキーワードは1粒の違い、幼い頃の万祐子ちゃんと2年後に帰ってきたお姉ちゃんの1粒以上の違い。

2年間の離れた時間で、幼い頃の記憶とは違う違和感が出るほどつながりは離れてしまうのか?


湊かなえ『豆の上で眠る』のまとめ


松たか子さん主演で映画化もされた『告白』でデビューした湊かなえさん。

『Nのために』は現在と過去の交差した謎解きストーリーで栄倉奈々さんが出演したドラマの方が記憶にある方が多いのではないでしょうか。

湊かなえさんの作品は全て読んでいませんが、時間を行き来する謎解きが想像力をかき立てますよね。

『豆の上で眠る』でも、安西結衣子の記憶の中の時間を行き来してピースを組み合わせていく謎解きは盛り上がりますよ。

後半で全てが明らかになるので、これくらいにしておきますね。


日常のミステリーは坂木司さんも面白いですよ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



7月のブログの収益で本を1冊購入!

7月のブログの収益で買った本


2018年下半期のブログの運営目標に、「毎月本が買える収益を得る」と書いたのは2月前のこと。

7月は「本が買える収益」を上げていたので、さっそく1冊買いました。



7月に買った本は『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』名取芳彦

表紙の閻魔大王の絵がコミカルな、名取芳彦さんの『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』。

えんま様の語り口調で書かれている読みやすい内容です。

著者の名取芳彦さんは現役の真言宗の住職さんで、仏教関連の本でベストセラーもあるお坊さん作家さん。

楽しく読ませていただいています。

購入は、何と近所の古本屋さんでした。

低下との差はこの通り!

古本屋さん 540円(税込)

Amazon中古 500円(+送料324円)

メルカリ 700円(送料込み)

少し表紙が曲がっていましたが、読むのに困らず見た目も悪くなかったですよ。



8月は 『読書の価値』森博嗣、『仏教 語源散策』中村元のどちらか?

『読書の価値』森博嗣

ベストセラー『全てがFになる』の著者 森博嗣さん。

大学の先生でもある森博嗣さんにも読書が苦手な少年時代があったそうです。

作家さん自身の読書体験も書かれていて、「読書とは?」をテーマに読むのならこの本と決めていました。


『仏教 語源散策』中村元

87歳で亡くなるまで現役の仏教学者さんとして活躍された中村元さん。

最新の仏教関連の本でも、参考書籍として信頼されている仏教学者の方です。

専門家やお坊さんに向けた、難しい本が多い中村元さんの著書。

その中でも、書かれている文章や言葉が優しいなぁと感じた本が『仏教 語源散策』。

仏教の考え方の勉強をしたくなります。


1つ達成すると新たな欲が………


2017年度の目標は「赤字にならない収益を得る」こと。

2018年上半期に達成すると、下半期は「毎月本が買える収益を得る」ことを目標に上げてしまいました。

思い出してみると、何となくブログをはじめた2017年春。

「多分無理だけど本代を稼ぎたいなぁ」という小さな野望もありました。

実際にブログを始めると、赤字になることに驚きすぐに赤字対策。

そして今、本を買っています。

赤字にならず、趣味の1つでお話のネタにもなる本が買える。

今程度の収益を保つのがちょうどいいのかもしれませんね。


最近の本の紹介はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



キャンプやアウトドアに役立つ本の紹介

キャンプやアウトドアに役立つ8冊の本


読書ブログには合わない内容だと思いますが、アウトドアを1年の楽しみにしている花水(hanami)。

アウトドアのお話と読書が合わさったテーマを考えたときに思いつきました。

本屋さんの立ち読みで、よく読んでしまうアウトドアの本のお話。

キャンプ場ガイドは毎年、そして今年は『豪快 バーベキューレシピ』を買ってバーベキューのメニューを増やすことに取り組んでいますよ。



キャンプ場やキャンプ用品を調べるなら最新版のキャンプ場ガイド


最近のグランピングブームで、昔からあるキャンプ場もリニューアルが進んでいます。

また、最近のキャンプ場ガイドはキャンプ用品のチェックリストやお役立ち情報もある総合的なキャンプ本に進化していますよ。


『首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2018』ムック


『東北 オートキャンプ場ベストガイド』ジェイアクト


『北海道キャンピングガイド 2018』


バーベキューなどの調理や緊急対応


キャンプの楽しみのひとつがバーベキュー!

そして、不測の事態に対応できるレスキューハンドブックは欠かせません。


『豪快 バーベキューレシピ』たけだバーベキュー

バーベキュー芸人と呼ばれている、たけだバーベキューさんの著書『豪快 バーベキューレシピ』。

ダッチオーブンでの料理を知りたくて購入しました。

レシピのバランスはすごくよく、網焼き、鉄板焼き、蒸し料理から煮物、中にはスイーツまで幅広く書かれています。

バーベキューコンロの使い方や、ダッチオーブンのメンテナンスを細かく書かれているところが嬉しいですね。


『ロープワークの基本 (OUTDOOR POCKET MANUAL)』善養寺ススム

『ロープワークの基本 (OUTDOOR POCKET MANUAL)』は、アウトドアに役立つロープの結び方が図解つきで紹介されています。

登山家の方やキャンプの専門家の方イチオシのロープの使い方が多く、テントを張るときに役立つこと間違いなしですよ。


『新版レスキュー・ハンドブック』藤原 尚雄

『新版レスキュー・ハンドブック』というタイトルは、キャンプには少し大げさに思えるかもしれません。

藤原尚雄は本の中で、「ファーストエイド」と呼ばれる怪我や病気の初期対応が大切といっています。

熱中症や蜂に刺されたときの対応が書いてあるので、普段の暮らしの中で起こる突然の病気の対応を知ることもできますよ。



アウトドアのちょっとした豆知識にはこんな本も


アウトドアに慣れてくると、映画のような本格的な焚き火や寝床作りをしたくもなります。


『アウトドア刃物マニュアル: ナイフや鉈、斧の使い方からナイフメイキングまで』荒井裕介

『アウトドア刃物マニュアル: ナイフや鉈、斧の使い方からナイフメイキングまで』は、何度も立ち読みで手に取り、購入する前に内容を覚えてしまったほど読んだ本です。

私たちが使う刃物の成り立ちから、正しい使い方。

素材に合わせた研ぎ方や錆の予防など、刃物を取り扱うために必要な知識を身につけることができる1冊です。


『冒険図鑑―野外で生活するために 』さとうち藍

『冒険図鑑―野外で生活するために 』は、1度手に取りに購入を迷っている本です。

内容は、拾った木材を薪にして焚き火を炊く方法、森の中での寝床の作り方など、キャンプの目的によっては本格的すぎるかもしれません。

興味のある方は1度手にとってみてはいかがでしょうか?


キャンプやアウトドアに役立つ本のまとめ


今回は我が家の夏の醍醐味、アウトドアの本を紹介させていただきました。

「キャンプ場ガイド」やロープやナイフの本は、アウトドアにしか役立てれない狭いジャンルの本でもあります。

おすすめは『新版レスキュー・ハンドブック』。

こちらは、普段の暮らしの中で起こる病気や怪我の対応が書かれた「暮らしの役に立つ本」にもなる1冊。

大切なご家族のためにも、1家に1冊あるといいのではないでしょうか?


暮らしの役に立つ本はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com




にほんブログ村 本ブログへ