本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

昔書いた詩を投稿 広い街の中の…

確か3〜4年ほど前に仕事の出張で、名古屋市を訪れたときに書いた詩を見つけたので投稿します。



花水由宇で「広い街の中の…」



広い街の中の…

大都会に僕はもう1人で・・・

昔そういう歌があった気がする

確かに、大都会に来ると「僕はもう1人で・・・」な気がした

何故か?何故だろうか?

雑踏の中のハズなのに

何故か?そう、それは・・・

雑踏の中のただの1人でしかないのだからか

群れではない、ただ通るだけの、ただすれ違うだけの、ただの1人でしかないのだからだろうか

天空(そら)から見る街は広いのかもしれない気がした

ゴミゴミした小さな街なのに

上下(めのまえに)に広がる街は、広い気がした



花水由宇

参考 「世界が終わるまでは」buns



読み返してみて少しだけ笑ってしまいます。

「ずいぶん寂しい詩を書いていたんだなぁ」って。

多分自分は世界中の中の1人でしかなくて、何も特別だったり変わっていたりするわけではない。

ということを言いたかったのかなぁと思います。

当時はまだまだ中2病、「天空」と書いて「そら」と読んでいたり、「上下」を「目の前」と読んでいたりしたんですね。

当時からブログを始めていたら、きっと「詩」のブログになっていたんでしょうね。



最近の詩はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

にほんブログ村 本ブログへ