本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

ビジネス書は戦国時代から読まれていた

ビジネス書は戦国時代から形を変えて読まれていた

f:id:jizi9:20180301233908j:plain

本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆様、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。

今回は「ビジネス書は戦国時代から読まれていた」というテーマです。

ビジネス書といっても、私たちが読んでいるビジネス書というわけではありませんよ、もちろん。

戦国時代の仕事に必要な知識と技術を身につけるための本、当時から「兵法書」と呼ばれていた本が当時のビジネス書にあたるのではないでしょうか?

それでは、どうぞ!




ビジネス書の定義と現代のビジネス書

ビジネス書とは?

ビジネス書は仕事の役に立つビジネス書のNo. 1を選ぶ、ビジネス大賞の選考で次のように定義されています。

ビジネスパーソンにとって学びや気づきがある本」ビジネス書大賞

ビジネス書大賞は、国内外のビジネス書の中からビジネスパーソンと呼ばれる私たち働く世代の役に立つ本を選ぶ文学賞ですので、信頼できる定義といっていいでしょう。


現代のビジネス書

ビジネス書は時代によって、経済活動に違いがあることから時代の流れを取り入れた内容になっています。

現代のビジネス書には、書かれている内容をそのまま活用する他にも、ビジネスパーソンに「新たな気づき」を生み出すことが求められています。


現代と戦国時代のビジネスパーソンに必要なこと

現代のビジネスパーソンに必要なこと

現代のビジネスパーソンに必要なことは何なのでしょうか?

①基本的な社会常識
②仕事を処理する速さと量
③自分の仕事を管理する力
④接客・来客対応
⑤プレゼンの技術
リスク管理
⑦リーダーシップ・マネジメント能力

企業に勤めるサラリーマン、大小関わらず事業を起こす経営者、組織に所属しないフリーランスと働き方は変わりますが、おおよそ7つのことが求められているのではないでしょうか?


戦国時代のビジネスパーソンに必要なこと

戦国時代にも、現代と大きく変わらない職業がありました。

当時は、農業や漁業の1次産業につく方が9割以上。

その中で、ビジネス書を多く読んでいたのは武士階級の仕事。

武士階級といっても、江戸時代とは異なり農業や漁業と兼業であったり、勤め先の大名を変え転職する武士もいたりと、身分というより働き方の1つとして認識されていました。

先ほどのビジネスパーソンに必要な7つのことを、武士階級に当てはめるとこうなるのではないでしょうか?

①基本的な社会常識
②仕事を処理する速さと量
③自分の仕事を管理する力
❹接客・来客対応→外交力
❺プレゼンの技術→当時のプレゼンの技術
リスク管理
❼リーダーシップ・マネジメント能力→戦略と戦術の能力

もちろん当時はパソコンやプロジェクターはありません。

ですが、時代に合わせて変わる内容以外はほとんど変わらないのではないでしょうか?



時代に合ったビジネス書の内容

現代社会では成果を出して収入を得るため

日本のビジネスパーソンは資本主義社会の経済の中で、成果を出して収入を得ることが求められています。

経済の仕組みを知り、自分の働き方や関わる相手を知ること。

仕事の方法を見直して、アイデアを生み出すことのために読まれているビジネス書。

その結果、成果が生まれ収入につながる。


戦国時代では手柄を立てて地位を得るため

戦国時代も時代が変わるだけで、働き方は大きく変わってはいないのではないでしょうか?

戦国の世の中で、相手の大名や武士の領地の運営を分析して自分の領地の運営と比較する。

領地の生産力を見直して、軍隊の運用で相手の大名や武士を超える力をつけるためにビジネス書は読まれていました。

その結果が、手柄を立てて地位や新しい収入につながる領地を得ていました。



戦国時代に読まれていたビジネス書は?


現代に近い働き方が求められていた戦国時代、当時読まれていたビジネス書にはどのような本があったのでしょうか?

当時のビジネス書ともいえる「兵法書」を4つ取り上げてみました。


現代でも読み続けられている『孫子

孫子は紀元前の中国の武将のよって書かれた本で、戦国時代からみても2000年は前の本になります。

内容は13の項目があり、戦争をする前の外交段階から戦争後の味方の賞罰まで細かく書かれています。

孫子では、「可能な限り戦争を避けること」「自分の組織と相手組織を分析すること」「戦争になってしまった場合、味方の損害が少なくなるよう作戦を立てること」の3つが重要視されています。

読んだ人が時代に合わせて応用しやすい特徴もあり、現代にも応用しやすい本として2500年近く読まれているんですね。


戦争のハウツー本『呉子

呉子は、孫氏より後に中国の軍人が当時の軍隊の運用をまとめた本です。

地形や相手に合わせた軍隊の配置をまとめてある戦争のハウツー本のような存在だったんですね。


組織運営の『三略

三略は釣りで有名な太公望が初版を書き、その後複数の中国の政治家や軍人によって再編がされた本です。

三略と名前のつく通り三部作で、それぞれ政治と人材育成、軍事の部隊の編成、組織内でのコミュニケーションについて書かれています。

三略の特徴は、組織内のコミュニケーションを重要視しているところでしょう。


太公望著のハウツー本『六韜(りくとう)』

三略と同じで太公望が著者といわれています。

三略は人材育成や組織内のコミュニケーションに細かく触れていますが、六韜は戦争のハウツー本として読まれていたようです。


広く世の中の仕組みを書いたビジネス書➕戦争ハウツー本

4つの中で、『孫子』『三略』は現代の松下幸之助さんやDr.カーネギーさんのように世の中と会社の仕組みを書いた本に当たると思います。

呉子』『六韜』は、現代の『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンテーション』『伝え方が9割』のように、1つの技術のノウハウが書かれた本にあたるのではないでしょうか?


ビジネス書は戦国時代から読まれていた


書き始めると長くなってしまったビジネス書と戦国時代のお話。

人が働いている限り、「より良くしよう」と本からアイデアを得ることは変わらないのかもしれません。


武将「A家よりも多くの人員をかけて戦に参りましたが、負けてしまいました」

大名「そうか、コンセプトはどうだったんだね?」

武将「はい、マンパワーをかけることでイニシアチブを得る方向のコンセプトでしたが、相手側の槍が長くアクティブな動きになれていなかったことが今回のイシューになるかと…」

大名「つまり槍のクオリティが向こうのコアコンピタンスで、マンパワーに優ったということか。今後は、ステークホルダーとのネゴシエーションがキーになってくるわけだが、誰かコミットできるメンバーはいないか?」

軍師「殿、マルチタスクを抱える我が家はキャパオーバーでして、ここはB家とアライアンスを組むことがウィンウィンとなるかと」

言葉が変わるだけで、案外こんなやり取りが行われていたかもしれませんね。


ビジネス書のお話はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ