本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

7月のブログの収益で本を1冊購入!

7月のブログの収益で買った本


2018年下半期のブログの運営目標に、「毎月本が買える収益を得る」と書いたのは2月前のこと。

7月は「本が買える収益」を上げていたので、さっそく1冊買いました。



7月に買った本は『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』名取芳彦

表紙の閻魔大王の絵がコミカルな、名取芳彦さんの『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』。

えんま様の語り口調で書かれている読みやすい内容です。

著者の名取芳彦さんは現役の真言宗の住職さんで、仏教関連の本でベストセラーもあるお坊さん作家さん。

楽しく読ませていただいています。

購入は、何と近所の古本屋さんでした。

低下との差はこの通り!

古本屋さん 540円(税込)

Amazon中古 500円(+送料324円)

メルカリ 700円(送料込み)

少し表紙が曲がっていましたが、読むのに困らず見た目も悪くなかったですよ。



8月は 『読書の価値』森博嗣、『仏教 語源散策』中村元のどちらか?

『読書の価値』森博嗣

ベストセラー『全てがFになる』の著者 森博嗣さん。

大学の先生でもある森博嗣さんにも読書が苦手な少年時代があったそうです。

作家さん自身の読書体験も書かれていて、「読書とは?」をテーマに読むのならこの本と決めていました。


『仏教 語源散策』中村元

87歳で亡くなるまで現役の仏教学者さんとして活躍された中村元さん。

最新の仏教関連の本でも、参考書籍として信頼されている仏教学者の方です。

専門家やお坊さんに向けた、難しい本が多い中村元さんの著書。

その中でも、書かれている文章や言葉が優しいなぁと感じた本が『仏教 語源散策』。

仏教の考え方の勉強をしたくなります。


1つ達成すると新たな欲が………


2017年度の目標は「赤字にならない収益を得る」こと。

2018年上半期に達成すると、下半期は「毎月本が買える収益を得る」ことを目標に上げてしまいました。

思い出してみると、何となくブログをはじめた2017年春。

「多分無理だけど本代を稼ぎたいなぁ」という小さな野望もありました。

実際にブログを始めると、赤字になることに驚きすぐに赤字対策。

そして今、本を買っています。

赤字にならず、趣味の1つでお話のネタにもなる本が買える。

今程度の収益を保つのがちょうどいいのかもしれませんね。


最近の本の紹介はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ