本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

ベストセラー小説とは?今さらだけど調べてみました

ベストセラー小説はどうやって決まる?

f:id:jizi9:20180301233853j:plain

ベストセラー小説!つい読みたくなる言葉ですね。

私は、あまりベストセラーにこだわらずに小説を読んでいますが、ベストセラーと広告が出ていたり、平積みされている本は「面白いのなか?」と気になります。

ベストセラーは、何冊売れた本が呼ばれているのでしょうか?

「ベストセラー協会」のように、何らかの団体が決めている制度なのでしょうか?

今回は、気になるベストセラーについて調べてみました。


ベストセラー小説は発行部数10万部から


「ベストセラー」の辞書的な意味は、「ある期間で驚異的に売れた商品(書籍)」とありますが、何万部以上がベストセラーという明確な基準は見当たりません。

また、ベストセラーを認定する団体もなく「トーハン」「日本出版販売」などの書籍の仲卸業者、「紀伊国屋書店」「文教堂書店」や「Amazon」などの書店が書籍ごとに発表しています。

こう聞くとベストセラーというものが、すごく曖昧なものに思えてきます。


ベストセラー小説は10万部から

小説は、何万部以上売れたらベストセラーなのか?

出版社や書店から明らかな基準の発表はありません。

ですが今までのベストセラー作品から、おおよその目安をつけることができます。

小説は初版出版後、10万部でベストセラーと呼ばれるようになります。


ビジネス書や実用書のベストセラーは?

一方で、ビジネス書や実用書のベストセラーはもう少し少ないようです。

テレビやラジオでの紹介で、「累計5万部のベストセラーを送り出した、経済学者の●●さんです」と10万部に達していなくてもベストセラー作品と呼ばれることがあります。

最近は、出版不況と呼ばれ本の発行部数そのものが少なくなっています。

分野が限られるビジネス書や実用書では、5万部が販売され増版の決まった段階でベストセラーと呼ぶこともあるようです。



ベストセラー小説は書店の発表ですぐわかる


小説の初版からおおよそ10万部でベストセラーと呼ばれます。

ですが、ベストセラーを名付ける仲卸業者や書店からの発表はありません。

「もしかしたら本を売りたいから増版前にベストセラーと呼んでいたり………」

なんて思うこともあるでしょう。

そこで、ベストセラー作品の発表元へのリンクを用意しておきましたよ。

2018年上半期のベストセラー小説は誰もが見かけた3作品


ここで、今年のベストセラーを調べ、ベストセラー作家さんのおおよその印税を計算してみました。

2018年上半期のベストセラー小説3作品
『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子
ベストセラー小説の作家さんの印税は?

たられば話ですが、1000円のソフトカバー小説が10万部売れた、新人の作家さんということにします。

本の売り上げは10万部×1000円=1億円。

作家さんの印税は10%といわれることがほとんどですが、実績のない新人作家さんの印税はさらに低く5〜8%といわれています。

そして、本の売り上げ1億円×0.05〜0.08%=500〜800万円、少し現実的な収入になりました。

もちろん、毎年10万冊売れるといいのですが、2000年以降の日本国内のベストセラーNo.1作品の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の販売数が433万部。

2億1500万円〜3億4400万円と、こちらは夢の多い金額になりました。

J・K・ローリングさんの作品と同じくらい人気が出ると、1冊の本で一生分の収入が得られるようですね。

作家さんの仕事で生計を立てるには、本の印税の他に多くの収入源が必要になりそうです。


ベストセラー小説は発行部数10万部がめやす、1冊だけでは生活は難しい


「ベストセラー小説とは?」をテーマに、調べさせていただきました。

小説では、発行部数10万部がベストセラー作品のめやすです。

出版不況といわれてからしばらく経った最近、5万部を超えて増刷が決定すると今後の売れ行きも予想して、ベストセラーと帯をつけることもあるようですね。

ベストセラー小説を書いたとしても、新人小説家の方が1冊の売り上げだけで生計を立てるのは難しいのかもしれません。

もし、ハリー・ポッターシリーズのようなヒットが起こったら………夢のような印税収入が得られるでしょう。


最近の読書の豆知識はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com




にほんブログ村 本ブログへ