本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

第32回山本周五郎賞ノミネート5作品の紹介

第32回山本周五郎賞ノミネート作品


5月に受賞作品が発表される第32回山本周五郎賞のノミネート作品を紹介させていただきます。

今回、最終選考まで残った5つの作品は、恋愛小説から時代小説までさまざまなジャンルから選ばれていますよ。



第32回 山本周五郎賞の概要


山本周五郎賞は、明治から昭和にかけての文豪 山本周五郎の功績にちなんで新潮文芸振興会が主催する大衆文学の小説を対象とした文学賞

小説のストーリーと登場人物の構成を評価する特徴があります。

第32回山本周五郎賞の選考委員は石井衣良さん、荻原浩さん、角田光代さん、佐々木譲さん、唯川恵さんと有名な小説家の方が占めています。



第32回山本周五郎賞ノミネート作品


毎年5月に発表される山本周五郎賞は、現在最終選考が行われており、今年は4つの小説がノミネートしています。


『火のないところに煙は』芦沢央

芦沢央さんの『火のないところに煙は』は、2019年の本屋大賞にもノミネートされた作品です。

悲惨な事件を経験したミステリ作家の主人公「私」。

ある日、事件を小説にすることを提案され、トラウマにもなった過去に向き合うことに…


『鯖』赤松利市

日本の海を支えた紀州雑賀崎の一本釣り漁師の船団。

時代は変わり、かつての栄光も霞みその日暮らしもままならない暮らしが続く。

そこへ訪れた、ひとつの希望、その結末は………


『平場の月』朝倉かすみ

中学生時代の同級生が再開した場所は、地域の病院。

元男子の女性に元女子の男性、中年になるまでの経験と家族を持ちながら、揺れ動く大人の青春を描く朝倉かすみさんの恋愛小説がノミネート。


『カゲロボ』木皿泉

2019年の本屋大賞予想では、木皿泉さんの『さざなみの夜』を1位に予想していました。

今回は、どの作品もテーマがユニークな作品の木皿泉さんの小説『カゲロボ』がノミネート。

いじめや不正、犯罪につながる職場や学校、家庭を影で見守るカゲロボ。

一線を超えてしまいそうなときに突然現れるカゲロボの正体は………


『落花』澤田瞳子

平安時代に戦いに生きた武将、平将門

成田山新勝寺の礎を築いた真言宗の僧侶、寛朝(かんちょう)。

時代に背き、新しい世の中を切り開こうとする平将門と1000年続く祈りの拠り所を築いた寛朝の出会いを描く時代小説がノミネート。


第32回山本周五郎賞ノミネート作品のまとめ


発表が間近に迫った、第32回山本周五郎賞のノミネート作品を取り上げてみました。

ミステリから恋愛小説、時代小説まで幅広いジャンルから選ばれた5つのノミネート作品。

今回は受賞予想はしていません。

私は、木皿泉さんの『カゲロボ』が受賞してほしいなぁと思います。


話題の文学賞のお話はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ