本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

坂木司〜日常ミステリーで広がる世界観

坂木司さんの紹介


今回の作家さんは、花水(hanami)が大ファンでもある坂木司さんを紹介させていただきます。

坂木司さんは、一応覆面作家さんということになったていますので紹介していいのかまよいましたが…

「引きこもり探偵シリーズ」や「ホリデーシリーズ」など取り上げた作品が多い作家さんでもあるので、紹介させていただきますね。


坂木司さんの来歴


坂木司さんは、会社員として働きながら執筆活動を続け、2002年5月30日に日常ミステリー小説『青空の卵』でデビューされます。

その後、『青空の卵』を含む「ひきこもり探偵シリーズ」で注目されるようになった作家さんです。

その後、2007年から2014年にかけての「ホリデーシリーズ」。

2007年から2017年にかけて「 二葉と隼人の事件簿シリーズ」。

2010年からは人気シリーズ「和菓子のアンシリーズ」を執筆されます。


小説の主人公と同じ名前!覆面作家 坂木司さんに迫る


坂木司さんは一般的には「覆面作家」を名乗られています。

子どもの頃から児童文学に親しまれ、小学生の頃には「SFこども図書館シリーズ(岩崎書店)」や、『立原えりかのファンタジーランド』などSF・ファンタジー小説を読まれていました。

中学生から高校生にかけては漫画をよく読まれていたようです。

ミステリーに目覚めたキッカケは、北村薫さんの『六の宮の姫君』で「殺人事件のないミステリーを知ってから。

そして、東京都在住で1969年生まれの50代であること、会社員経験のある小説家さんであることを除いて、お顔はもちろん性別も知られていません。

ペンネームは、『青空の卵』に登場する探偵助手役の会社員「坂木司」をそのまま名乗ったとご本人が明かしています。

参照: 作家の読書道 第76回 坂木司さん
作家の読書道:第76回 坂木司さん | WEB本の雑誌



日常ミステリーという作風

そもそも、日常は謎だらけです。

 だってまず、自分がどこから来てどこへゆくのかわからない。いつ結婚したり子供ができたり、その大前提として誰かといい感じになることがわからない。わかったらいいのにな、と思うけどやっぱりわからない。

出典: 講談社BOOKクラブ『日常の謎の作り方』坂木司
『日常の謎の作り方』坂木 司|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部


坂木司さんの小説の特徴は、何といっても暮らしの中で起こる「日常ミステリー」。

そして、身の回りにいそうな「等身大の登場人物」。


日常ミステリー

坂木司の作品は、暮らしの中で見過ごしてしまうほどわずかな謎を解き明かすストーリーが魅力です。

殺人事件や迷宮入りした難事件と向き合う小説は「本格ミステリー」と呼ばれ、坂木司さんの小説のように身近な謎を解き明かす小説は「日常ミステリー」と呼ばれています。


等身大の登場人物の変化と成長

もう1つの特徴に、登場人物たちは身近にいそうな人物像で描かれています。

悩みもしますし、悔やむこともある。

謎が解けたことがハッピーエンドに繋がることもあれば、1つの人生の壁として向き合わなければならないことも…

身近な謎を通して、関わる登場人物たちが変化して成長する姿も坂木司さんの小説の魅力でもあります。


個性的な登場人物が活躍するシリーズとスピンオフの短編

最後の1つは、個性的で人間味あふれる登場人物ならではのスピンオフ作品。

私が大好きな「ホリデーシリーズ」3作目『ホリデーイン』は、主人公 沖田大和の友人や上司目線の作品。

中でも沖田大和のホストクラブ時代の上司「おかまのジャスミン」、頼れる兄貴分(?)でもあり、優しいお母さん役でもある異色の登場人物目線の作品は、物語に込められた「親と子」「友人同士」「職場の人間関係」の深さを感じられる物語です。


坂木司さんの4つのシリーズ作品


坂木司さんの作品は、4つのシリーズが有名です。

執筆された順に「ひきこもり探偵シリーズ」「ホリデーシリーズ」「二葉と隼人の事件簿シリーズ」「和菓子のアンシリーズ」のシリーズは、登場人物や舞台になる街が実は同じ。

細かく読んでみると、「引きこもり探偵シリーズ」の登場人物の会社が「和菓子のアンシリーズ」に登場したりもしているんです。


ひきこもり探偵シリーズ

『青空の卵』
www.yu-hanami.com



『子羊の巣』
www.yu-hanami.com


『動物園の鳥』


ホリデーシリーズ

『ワーキング・ホリデー』
www.yu-hanami.com


『ウィンター・ホリデー』
www.yu-hanami.com


『ホリデー・イン』
www.yu-hanami.com


二葉と隼人の事件簿シリーズ

『僕と先生』


『先生と僕』


和菓子のアンシリーズ

『和菓子のアン』



『アンと青春』



映像化された小説


坂木司さんの3つの小説の中で、映像化されたのは2作品あります。


ワーキン・グホリデー

www.yu-hanami.com

父親と子ども、そして「働き方」のメッセージが込められた『ワーキング・ホリデー』は2012年の秋に映画化されました。

主人公 沖田大和を演じるEXILEAKIRAさん、とてもハマり役だと思います。

突然、小学生の父親になった20代の父親像、ホストから運送業に転職して不器用ながらも仕事と向き合う男性像がリアルに再現されていますね。


青空の卵

www.yu-hanami.com

坂木司さんのデビュー作でもある『青空の卵』は、2012年の深夜ドラマで放送されました。

「弱くても勝てます」に出演されていた阿久津愼太郎さん、仮面ライダーの井上正大さんが鳥居真一と坂木司の探偵コンビを演じていました。

坂木司作品のファンとしては、ゴールデンで放送して欲しかったなぁと思えるドラマです。


関連サイトリンク


講談社BOOKクラブ『日常の謎の作り方』坂木司
『日常の謎の作り方』坂木 司|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

東京創元社
坂木司,サカキツカサ|東京創元社


作家の読書道 第76回 坂木司さん
作家の読書道:第76回 坂木司さん | WEB本の雑誌


作家さん紹介はこちらもどうぞ↓


にほんブログ村 本ブログへ