本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

本を実用的な教科書兼ノートにする書き込みの3つのポイント

本に書き込みをする3つのポイント

f:id:jizi9:20190202135826j:plain



以前本を教科書兼ノートにすることの私的な3つのメリット - 本当に本が読みたくなる読書のブログで、本を教科書兼ノートにすることの私的な3つのメリットのお話をさせていただきました。

今回は、その続編、実際に本に書き込みをするときの3つのポイントのお話をさせていただきます。

3つのポイントで書き込みをする目的は、本を「実用的な教科書兼ノート」にして、読み返しやすくするためです。


本に書き込みをして実用的な教科書兼ノートにする3つのメリット

f:id:jizi9:20190202135930j:plain

本に書き込みをする3つのポイントの前に、本を「実用的な教科書兼ノート」にするメリットを振り返ってみます。


本に書き込みをするメリット1.必要な情報を1冊にまとめられる

1冊にまとまった分、持ち歩きに便利で本棚がスッキリします。

そして、調べ物の時間を短縮できます。



本に書き込みをするメリット2.同じテーマでも違う著者の見解と比べることができる

本の内容を比べるときに書き込みを比べることで、同じテーマでも著者によって違う意見を比べることができますよ。



本に書き込みをするメリット3.1回読み返すだけで何冊も同時に読み返したことになる

そして、書き込みが自然に目に入ります。

読み返したときに2冊分とはいかないまでも、「ちょっと得した」情報をインプットすることができます。


本の書き込みですが、実は私なりに先ほどの3つのメリットを得られるように工夫しているポイントがあります。



書き込みのポイント1.裏表紙に「本の基本的な情報」と「著者」を書き込む

f:id:jizi9:20170727122841j:plain

見にくい画像で申し訳ありませんが、裏表紙に書き込みする「本の基本的な情報」は次の5つです。

①番号
②タイトル
③著者
④出版日
⑤出版社


①番号

番号は順番通りにしていますが、自分がわかれば好きな番号を振り分けてもかまいません。

番号を振り分ける理由は、書き込むページに他の情報を書かずにすむからです。



②タイトル

参考にする本を手放すことを考えると、サブタイトルも含めて書いておくといいですね。


③著者

著者の他に、共同著者や編集担当がいると書いておくといいでしょう。


④出版日


本の出版日は大切な情報です。

特にビジネス書は、その後に改定されることもあります。

新しく出版された本と比べられるように、初版か改訂版かも含めて書いておくことにしています。


⑤出版社


出版社を書いておくことも大切です。

今では、Amazonの検索で本の細かな情報をすぐに調べられます。

私は一応、はじめたときからのクセで続けていますよ。



書き込みのポイント2.書き込みの見出しとページを書き込む


書き込みの見出しを書いておくことが大切です。

画像では3つのことを書いています。

f:id:jizi9:20170727122852j:plain

①番号
②見出しとタイトル
③参考にしたページ


①番号

まずは、書き込みの1番上にポイント1.の番号から書きはじめます。


②見出しとタイトル

次に、見出しとタイトルです。

参考にした本のタイトルをそのまま書き込みしても、自分で新しくつけてもかまいません。


③参考にしたページ

3つ目はページを必ず書き込んでいます。

参考にした本を開くとき、素早く内容を見比べることにつながります。

また、参考にした本を手放してしまったときに再度購入するかを読んで確かめることもできますよ。



書き込みのポイント3.書き込みは短い文と図でシンプルに


f:id:jizi9:20190202140033j:plain


最後のポイントは、書き込みは短い文と図でシンプルにまとめておくことです。

もちろん、その方の覚えやすい方法なので文章を書き写してもかまいません。

正確な内容を書き残しておきたいときには、その方法が良いでしょう。

私は本を「実用的な教科書兼ノート」にしたいので、参考にする本の内容をまとめてから書き込むようにしています。

その方が、限られた本の余白に必要最低限の情報を書き残すことができ、時間が経っても読みやすいからでもあります。


本に書き込みをする3つのポイントのまとめ

f:id:jizi9:20190202140059j:plain


今回は、本に書き込みをする3つのポイントをまとめました。

本に書き込みをする理由は、本を「実用的な教科書兼ノート」にするためでした。

書き込みのポイント1.裏表紙に「本の基本的な情報」と「著者」を書き込む

書き込みのポイント2.書き込みの見出しとページを書き込む


書き込みのポイント3.書き込みは短い文と図でシンプルに


この3つで、仕事や暮らしで役立てたい本が読み返しやすくて、情報が1つにまとまった「実用的な教科書兼ノート」に変わりますよ。


www.yu-hanami.com


実際に書き込みをしているのはこの本です↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


読書感想文におすすめの「政治と経済」の本

読書感想文には「政治と経済、歴史」もおすすめ


「冬の読書感想文シリーズ」、第3回は「政治と経済、歴史」の本を紹介。

「政治と経済、歴史」の本と聞くと、「いかにも勉強」と思ってしまいますよね。

もちろん社会科の勉強にもなりますが、選挙権も持つことになり、アルバイトもする高校生の方にとって知っておいてタメになることも多いジャンルの本でもあります。




高校生の読書感想文では社会科の勉強もできる「政治と経済、歴史」の本がおすすめ


今回の「読書感想文シリーズ」では、少し難しめの「政治と経済、歴史」を取り上げてみます。

年代的には、若手のビジネスマンの方が読むことの多い本ですが、高校生の方は社会科で勉強している内容もありますよね。

日本の今後に関わる政治のこと、経済のことを授業とは少し違う視点で勉強することができますよ。

1冊だけ、日本の戦後から今にかけての歴史の本も用意してみました。


読書感想文におすすめ、社会科の宿題にもなる「政治と経済、ビジネス書」+歴史の本4冊

『未来を読むーAIと格差は世界を滅ぼすか』大野和基

アメリカの経済を専門に活動するジャーナリストの大野和基さんが、世界の権威に今後の世界の発展についてインタビュー。

その答えは衝撃的。

限られた地球の資源の奪い合いから、現在の文明が崩壊すると予想するジャレド・ダイアモンド 氏。

シミュレーション仮説でも有名なニック・ボストロム 教授は、遺伝子工学と医学の発展で遺伝子を組み替えられた優秀な“選ばれた子ども”たちが生まれる未来を…

発展し過ぎた人間社会を救える、今からできる対策はあるのだろうか?


スティーブ・ジョブズ 最強脳は不条理に働くーハングリーであれ、愚かであれ。』竹内一正


この人がいなかったら、私たちが今スマホを手にすることはなかったかもしれません。

アップルの創業者でiPhoneの生みの親、スティーブ・ジョブズ

IT業界に大きな波を引き起こし、働くビジネスマンに勇気と、世の中の多くの人に便利さと楽しみをくれた今は亡き偉人。

スティーブ・ジョブズの残した業績は、多くのビジネス書で語られ、多くの人に知られています。

多くの言葉を残したスティーブ・ジョブズですが、公に向け最後に残された言葉は「ハングリーであれ、愚かであれ」。

これは、2005年にスタンフォード大学の卒業式で卒業生へ向けたメッセージ。

厳しい言葉が多いスティーブ・ジョブズからのメッセージの中でも、厳しさの中に優しさが込められた10代の方の心にも残るお話だと思います。


『危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実』 青山繁晴

www.yu-hanami.com

元ジャーナリストで自由民主党の国会議員、青山繁晴さんが日本とアジア地域の憲法9条、安全保障、憲法改正問題の真実を書かれた本が『危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実』。

冒頭で青山繁晴さんが、「きみは独立しているか?日本は独立しているか?」と問いかけます。

その答えになる理由は、日本が抱える安全保障と憲法改正にありました。

選挙権を持つことになった、これからの高校生の方に読んでほしい1冊ですね。


保阪正康 歴史を見つめて』保阪正康


太平洋戦争から平成までの時代「昭和史」を描く、歴史作家の保阪正康さん。

昭和の日本はなぜ、戦争を選んだのか?

これからの日本とアメリカの安保問題、集団的自衛権によってこれからの私たちが歩む道は………

戦争経験や戦後の体験をされた4000人の声をまとめた、真実の1冊。



「政治と経済、歴史」の本の読書感想文の書き方


「政治と経済、歴史」の本は、読むことは難しくても、読書感想文が書きやすいジャンルの本ではないでしょうか?

読書感想文を書くときは、本の中で取り上げている問題への解決策を「自分の考え」で書いてみるのもいいと思いますよ。


政治の本の読書感想文に自分の政策を立ててみる

青山繁晴さんの『危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実』では、憲法9条、安全保障、女性宮家、国会議員の仕事といくつかの問題が取り上げられています。

中でも憲法9条のお話は、本の半分近くのページで取り上げられている大切なテーマ。

読書感想文で自分が思う、日本のためになる憲法9条を考えてみるのもいいのではないでしょうか?


経済の本の読書感想文は世界の問題を自分目線で解決してみては?

経済の本では、大野和基さんの『未来を読む』は発展を辿る世界経済とその裏側がリアルに描かれています。

資源の奪い合いで、現在の文明が崩壊するという説も紹介されています。

限られた資源、世界中で分け合って暮らせる世の中を作れるのか?

それとも、全く新しい技術で資源の問題を解決するのか?

もしかしたら、資源に頼らない静かな暮らしが良いのか?


本の中で紹介されている解決策だけではなく、自分の思ったことをまとめてみることで、読書感想文のテーマは広がると思えますよ。



「2018年 冬の読書感想文シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


「2018年 夏の読書感想文シリーズ」のまとめはこちら↓
www.yu-hanami.com

読書感想文の書き方はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com

「政治と経済、歴史」のおすすめはこちらです↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com




読書の秋におすすめ 世の中を知る政治と経済の本 2018

読書の秋におすすめの政治と経済の本、ビジネス書


「読書の秋 おすすめの本」シリーズ、第5回は政治と経済、ビジネス書の紹介です。

働き方と、世の中の仕組みを知ることができる4冊を取り上げてみましたよ。



読書の秋だから、今の世の中がわかる政治と経済の4冊の本


今回、政治と経済の本で取り上げる4冊は、著者の方が経済の専門家の方の本を選んでみました。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズにまつわる本は、多くの方が書かれていて、私も大好きな伝記の1つです。

他にもGoogleの経営者2人が書かれた本、話題の『いま君に伝えたいお金の話』、経済学者の野口悠紀雄が書かれたAI時代に備えた勉強の方法と、読書の秋におすすめの実践的な本を紹介しますね。


『いま君に伝えたいお金の話』村上世彰

新聞の広告欄を大きくとって紹介されていた、『いま君に伝えたいお金の話』。

著者の村上世彰さんは、経済産業省に20年間お勤めになった後に投資家として独立された方。

お金のことには疎い花水(hanami)は、「きっと難しい投資の話かなぁ」と思い手に取ってみると………。

身近な貯金や、先々考えなきゃならない年金のお話を見かけて、苦手だったお金のことが少し身近に感じました。

投資家を目指す大学生くらいの方へ向けて、お金の仕組みを優しく説明してくれる本ですが、私のようにお金に疎い人が経済のことを知るのにちょうど良さそうな1冊ですよ。


『サイテーの偉人 スティーブ・ジョブズに学ぶ これからを生きる7つのレッスン (世の中への扉)』竹内 一正

タイトルが印象的な『『サイテーの偉人 スティーブ・ジョブズに学ぶ これからを生きる7つのレッスン』は、スティーブ・ジョブズの批判本ではありませんよ。
スティーブ・ジョブズは亡くなった偉人(織田信長などと同じ)のため、呼び捨てにさせていただいております。

アップルの創業者でスマホを世の中に広めたスティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズの破天荒なエピソードから、世の中で役立てたい7つの考え方をまとめた伝記のような実用書。

著者は、アップルに勤務経験のある竹内一正 さん。

実際にスティーブ・ジョブズと接したことがある方が書き残した1冊です。


『How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)』 エリック・シュミット

数年前に、本屋さんで平積みにされていた『How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント』がいつの間にか文庫化されていました。

Googleの経営者2人が、企業戦略・文化、意思決定、人材育成、社内コミニュニケーション、そして新しく生まれるイノベーションについて語ります。

単行本は2000円くらいのお値段だったため、文庫になったから、読みたい本でもあります。



『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』野口悠紀雄

AIに関する本は日に日に増えていますね。

その中でも、経済学者の野口悠紀雄さんによる『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』は人工知能が活躍する時代へ向けて「独学」の方法を身につけることで生き残ろうというもの。

本の中では、1人で課題を見つけ、情報を調べて、物事の仕組みを覚える独学の具体的な方法が書かれてきます。

独学は、自分から頭を使って物事の仕組みを理解しようとするため、その他の(例えば一方的に物事を教わる)方法よりも効率がいいようです。

私も今までの仕事の勉強を振り返ると、なんだかわかる気がしますよ。

読書の秋から始める勉強にいかがでしょうか?



世の中を知るということ


「読書の秋におすすめの本」シリーズ、第4回は政治と経済の本でした。

前回のシリーズ「夏におすすめの本」では、「政治」の本を多く紹介していたので、今回は「経済」に的を絞ってみましたよ。

お仕事で新しいことを身につける予定の方も、これからに備える方にも頼もしい4冊の本。

読書の秋に、世の中の仕組みを知るきっかけになってくれたらと思います。


読書の秋シリーズはこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

「読書の秋シリーズ」まとめはこちら↓
www.yu-hanami.com


読書感想文の書き方はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com

「政治と経済、歴史」のおすすめはこちらです↓
www.yu-hanami.com

www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com





にほんブログ村 本ブログへ