本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

自転車免許制と自動車免許制定年制にしてみては?

増えつづける自転車の事故、そして自動車事故

f:id:jizi9:20180127172407j:plain

先日のニュースで、「神奈川ながらスマホの自転車死亡事故」で加害者の当時19歳の女性に有罪判決が出たとありました。

禁錮2年執行猶予4年という刑罰は、「賠償が保障されている」ことで執行猶予になり、「速度が遅かった」ことで危険運転致死に当たらないとされたためといわれています。

亡くなられた70代の女性の旦那さんは80代と高齢。

インタビューでは、高齢者にとって危険なながらスマホスマホの機能制限を設けて再発を防止してほしいと訴えていました。

もう1つ思うことがあります。

それは、交通事故の加害者として有罪になり刑務所に行くことになった高齢者の方。

年代を問わず、被害者にも加害者にもなる交通事故。

そこで、自転車と自動車の交通事故問題をテーマにしてみした。



被害者も加害者も重い傷を負っている


自転車は、10代の方も加害者になることもあります。

「誰かに怪我をさせてやろう」と思わなくても、小学生の方も交通事故の加害者になり、処分を受けなければならないでしょう。

また、最近問題になっている高齢者の方の交通事故。

もし、90代の方が交通事故で誰かを死なせてしまい刑務所で「懲役何年」という判決になると………。

刑務所内で亡くなってしまうこともあるのではないか?と思います。

それでも、もし花水の大切な人が交通事故に遭い、加害者が90代のお年寄りの方だとしても…

きっと「厳罰にしてほしい」と裁判所にお願いするでしょう。

自転車や自動車の交通事故は、幼い加害者に一生の心の傷を、高齢の加害者に一生を終えるかもしれない罪を負い、被害者の方は大切な人を失った悲しみに加えて加害者を罰する気持ちの負担を背負わなければならない。

殺人や強盗など、加害者に全ての落ち度がある犯罪と違い、被害者も加害者もどちらも背負うものが多すぎると感じます。

なかなか減らない、自転車や自動車の死亡事故。

今回は真面目なお話で、「自転車免許制」や「自動車免許定年制」を考えてみました。


自転車免許制

免許の取得

自転車に補助や保護者の見守りなしで乗れる年齢は5〜6歳でしょうか?

自転車免許は5〜6歳になると、自動的に交付されることにしましょう。


処分は道路交通法

自転車の交通違反に対する処分は、現在の道路交通法と同じ処分にします。

飲酒運転や、「ながらスマホ」の運転は厳しく取り締まらなければなりませんね。


免許停止と免許取り消し

現在、悪質な自転車の取り締まりで効果がイマイチと思われるのは「運転してはいけない」処分がないためではないでしょうか?

自動車と同じ累積の点数、免許の停止と取り消しを取り入れると効果があるのでは?と思いました。



自動車免許定年制

免許の定年制

自動車を安全に運転できる年齢は、何歳までなのでしょう?

現在、75歳以上の方を「お年寄り」はお年寄りと呼ばれていますが、元気で働かれている方も体を不自由にされている方もいます。

ここ数年の「高齢者講習」の結果から、具体的な目安を決めて「定年」とします。


定年以降は限定免許

一定の年齢でひとくくりに「定年」として、自動車を運転できなくなると困る方も大勢いらっしゃいます。

そこで、安全が保障された車やスピードが遅く交通事故や違反になりにくい車の「限定免許」としてはどうでしょう?


自動運転車限定免許

先日、東京都内で自動運転のタクシーの試験運用が始まったとニュースで知りました。

完全な自動運転は、実用化されて安全が保障されるまでには期間がかかりそうですね。

もし、実用化されたなら、定年後も「自動運転の車」に限り運転できる「自動運転車限定免許」とします。


農作業車両限界免許

自動車が全て運転できなくなると困る仕事、タクシードライバーの方や運送会社のドライバーさんなど、「運転そのもの」が仕事の方以外では農業の方かなぁと思いました。

花水の暮らす北国では、郊外に出ると畑を行き来するトラクターやコンバインを多く見かけます。

農作業用の車両を運転できなくなると、人手に悩まれている農業の方にとって死活問題。

実際に走っているトラクターやコンバインを見ていると、スピードも遅く交通事故にはつながらないように思えます。

そのまま、子どもの通学路を走ることもなさそうですし。

そこで、農作業車両限界免許を設けて届け出をすると農作業用のトラクターやコンバインは定年の制限なく運転できるようにしてはいかがでしょう。


権利を制限することも時には必要


今回の法改正のお話は、いつもは突拍子もない法案を思いつく花水のお話の中では真面目なお話でした。

自転車や自動車は、拳銃や刃物と同じ「人を傷つけてしまう凶器」になり得るもの。

大きな力には、ときには制限も必要になると思ったお話でした。


最近のマイエッセイはこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



ブログに合ったキーワードを探す方法、キーワードツールの紹介

ブログのテーマに合ったキーワードと、関連キーワードを探す

f:id:jizi9:20180903094739j:plain

ブログなどのWebサイトでは、検索エンジンからのアクセスを増やすことも魅力の1つです。

2017年末から、「ブログを大きくする」ことを目標に月に2〜3記事のSEO対策記事を書いている花水(hanami)。

SEO対策で欠かせないのが、ブログのテーマに合ったキーワード選びです。

「キーワード選び」シリーズ第1回では、3つのキーワード選びの3つの流れのお話をさせていただきました。

1.キーワードと関連キーワードを探す
2.検索需要を調べる
3.キーワードから記事のタイトルを決めて文章を書く

2回目は、3つの中の1つ目、「キーワードと関連キーワードを探す」方法と、「キーワードツール」の使い方のお話をさせていただきますね。



ブログに合ったキーワード探しの方法


ブログ記事の「キーワード探し」というと、何だか難しいと思われるかもしれません。

前回のお話で書いたように、キーワードにはテーマになる「キーワード」と、その「キーワード」に関連する「関連キーワード」があります。

関連キーワード探しには、キーワードツールが役に立つので後半に書いておきますね。

もし、ブログのジャンルが今流行している「トレンド」のジャンルでないのなら、キーワードは身近なところにありますよ。


まずはヒラメキから

自分のブログで扱っているテーマ、そのテーマを調べている人は「どんなことを知りたいだろう?」と思い浮かべてみて下さい。

例えば、私のブログは「本」と「読書」をテーマにしています。

春先でしたら、新しく社会人になった方は「仕事の基本」のようなビジネス書を読むでしょうし、昇進された方は「部下や後輩の指導」などを読むと思います。

夏になると10代の方には「読書感想文」で、何か役に立つことを調べると思います。

季節に関わらず、「小説」では映画やドラマ化された小説が話題になります。

検索エンジンの利用者、ユーザーの方が「どんなことを調べるだろう?」と考えることがキーワード選びの最初の1歩だと思いますよ。


テレビやラジオ、ネットニュース

「キーワード探し」のもう1つの方法は、テレビやラジオ、ネットニュースなどの情報メディアからです。

トップニュースになるようなキーワードは、もちろん多くの方が検索されることでしょう。

ですが、トップニュースばかりにキーワードがあるわけではありません。

例えば、「経済」「投資」などをテーマにした方にとっては通勤時間に聞く車のラジオで放送される経済学者の方のコラムや、ホリエモンさんのような業界に詳しい方のお話しからキーワードが得られることもあるのではないでしょうか?

車通勤のため、通勤時間にラジオを聞ける私は高橋源一郎さんの文学にまつわるコーナーはキーワードの宝庫になっていますよ。



Webから人気のキーワードを探す


ブログのジャンルが今話題のことをテーマに上げている方には、記事を書く直前数日で話題になっているキーワード「トレンドキーワード」を探されるといいでしょう。


Googleトレンド

f:id:jizi9:20180903094906j:plain
f:id:jizi9:20180903094926j:plain

Googleトレンドは、人気のトレンドキーワードや関連キーワードを調べることができるツールです。

Googleトレンドでは、人気のトレンドキーワードの検索回数のグラフ、国や地域を絞っての比較ができます。

Googleアカウントを持っている方は、ホーム画面でツールを追加するだけで簡単に利用を始めることができます。


Twitterおすすめトレンド

f:id:jizi9:20180903094948j:plain

Twitterおすすめトレンドは、Twitterのホーム画面左側に人気キーワードが表示される便利な機能です。

画像はパソコン画面ですが、Twitterアプリでは検索ボタンを押すだけでトレンドキーワードが表示されます。


Smart News

f:id:jizi9:20180903095001j:plain

トレンドキーワードを検索するツールではありませんが、今人気のキーワードを知るためにはSmart Newsも役に立ちます。

Smart Newsにはカテゴリーごとに、人気のページを表示する機能があります。

私のブログは「本」「読書」をテーマにしているので、「音楽・映画・カルチャー」のカテゴリーで「読書」を選択していますよ。



キーワードツールで関連キーワードを調べる


ブログで扱うテーマでキーワードを閃いたら、トレンドキーワードを見つけることができた後は「関連キーワード」を調べます。

関連キーワードを調べるためには、キーワードツールが便利ですよ。


キーワードツールの活用

ブログで取り上げる関連キーワード、調べることができるサイトやアプリをキーワードツールといいます。

キーワードツールには、無料で利用できるツールと有料のツールがあります。

私が利用しているキーワードツールは「good keyword」と「Googleサジェスト」の2つ。

どちらも無料で関連キーワードを調べることができる便利なツールですよ。


good keywordの活用

f:id:jizi9:20180903095029j:plain

good keywordはGoogle(グーグル)、Yahoo(ヤフー)、Bing(ビング)の3つの検索エンジン別に関連キーワードを調べることができるツール。

ブログで扱うキーワード、トレンドキーワードを入力すると関連キーワードがすぐに表示されます。


Googleサジェストの活用

f:id:jizi9:20180903095658j:plain

Googleサジェストは、Google検索エンジンにはじめからある機能です。

多くの方がご存知と思いますが、Googleトップページにキーワードを入力→スペースキーを入力すると下側に関連キーワードが表示されます。


ブログのテーマに合ったキーワードと、関連キーワード探しのまとめ


「キーワード選び」シリーズ、第2回は「ブログのテーマに合ったキーワードと、関連キーワード探し」の方法のお話でした。

花水(hanami)のブログで扱う「本」「読書」のキーワードは、トレンドキーワードになることはほとんどありません。

そこで、身近なニュースやラジオ、Smart Newsのアプリでキーワードを探しています。

見つかったキーワードを記事にするためには、関連キーワードを調べる必要があります。

キーワード選びは非常に手間のかかる作業、そこでgood keywordやGoogleサジェストなどのキーワードツールが便利ですよ。

次回、「キーワード選び」シリーズ第3回は「Google広告 キーワードプランナーを利用した検索需要の調べ方」を予定しています。

私と同じく、ブログ運営を楽しみにされている方のお役に立てれれば幸いです。

それでは、次回もお楽しみ下さいね。


8月のブログ収益で買った2冊の本

8月は予想外の収益のため2冊も購入


本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。

地震と停電で突然更新ができなくなり、復旧の後は停電体験「文明の明かりが消えた夜」シリーズを更新していました。

ようやく普段の暮らしも、元に戻りつつあり、延期されていたイベントも再開されるようになってきました。

そろそろ、ブログのテーマでもある「読書」のお話に戻りますね。

8月の収益でビジネス書と「読書」がテーマの本を購入


「毎月本が買える収益」、収益を目標に上げてから3カ月目の9月。

8月は大きな収益が得られたため、2冊購入。

最新刊ではありませんし、節約のため購入先は、メルカリです。


『起業を考えたら必ず読む本』井上達也


こちらは半年前から読みたかった、井上達也さんの『起業を考えたら必ず読む本』。

実際に、会社を立ち上げた経験のある、井上達也さんの起業と経営の考えと実践をまとめた本。

古本屋さんでは、新刊とほとんど変わらない値段、メルカリやAmazonの中古本の出品も少なくなっていましたがようやく見つけることができました。

定価1620円、中古本でも1200円程度でしたが、メルカリでは800円とお得な買い物でしたよ。


『読書の価値』森博嗣

『全てがFになる』のミステリー作家 森博嗣さん。

実は購入してから、数日で読んでしまいました。

「読書に対する考え方」を知るために、「読書論」のようなテーマの本を探していた花水(hanami)。

最初の1冊には、かなり独特な考え方だったと思えます。

森博嗣さんは、幼い頃から視力が悪く、特に字を読むことに不自由を感じていたようです。

具体的な内容は、後日お伝えしますね。

新書の定価は855円、メルカリでは300円でしたよ。


9月の収益では『読む力』、 『仏教 語源散策』、『はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)』から1〜2冊を予定


9月の収益で欲しい本は、この3冊のどれかです。


『読む力』松岡正剛佐藤優

出版社編集長の経験者の、松岡正剛さん。

外交官経験を持つ、作家の佐藤優さん。

「読書に対する考え方」を知るために読んだ、森博嗣さんの『読書の価値』。

考え方が独特の印象もあり、もう1冊同じジャンルの本で照らし合わせてみる予定です。


『仏教 語源散策』中村元

専門家向けの難しい本が多い中村元さんの著書の中で、書かれている文章や言葉が優しいなぁと感じた本が『仏教 語源散策』。

寒くて苦しい季節に備えて、仏教の考え方の勉強をしたくなります。


『はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)』赤沼慎太郎


3冊目は、『はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)』。

飲食店開業の、具体的なノウハウが書かれています。

飲食店開業を夢見る花水(hanami)、『起業を考えたら必ず読む本』で経営について学び、具体的なお店の運営も学んでみますね。


ブログで得られた収益で、お役立ち情報を書く


ブログで得られた収益で、私は本を購入、そして得られた情報からお役立ち情報を書いている。

何だか、ブログを始めた頃に想像していた流れが始まりつつあります。

①ブログで情報発信
❷読者さんに読んでいただき収益が発生
③本を読んで新しい情報を収集

この流れが、ブログを始めた頃に「ぼんやり」と思い描いていたことなのかなぁと思います。



最近のブログ運営はこちら↓

にほんブログ村 本ブログへ