本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

家族との向き合い方を見つめ直す 『ウィンター・ホリデー』坂木司

ウィンター・ホリデー

著者 坂木司
出版社 文藝春秋
分類 ミステリー小説
出版日 2014/11/7


前作『ワーキング・ホリデー』の続編で、仕事と家庭生活を描いたホリデーシリーズ2作目が、この『ウィンター・ホリデー』です。


登場人物は前作とほとんど変わりません。


沖田大和、通称ヤマト

元ホストで熱血漢の配達員ヤマトこと沖田大和。

前作『ワーキング・ホリデー』では、ホストクラブを解雇され、経営者ジャスミンの立ち上げた運送会社に勤め始めました。

新しい仕事、そして新しい家族と出会い葛藤するヤマト。

今作『ウィンター・ホリデー』では、息子の進と父として向き合うヤマトの熱い気持ちが伝わってきますよ。


家庭的な小学生の息子進。

成績優秀で、母親と二人三脚で家庭を支える孝行息子。

どんなことでも無難にこなせる進にも、やっぱり小学生ならではの悩みもあります。

住まれた頃からずっと一緒にいる母親、生まれた頃にはいなかった父親。

進自身も子どもとして親とどう向き合うのか、第2作の『ウィンター・ホリデー』では進自身にも試練が………

頑張れ進!いいえ、頑張ってるよ進!と応援したくなります。

ジャスミン

作中のヤマトと進にとっては信頼できるおじさん(?)役の元上司おかまのジャスミン

私は登場人物の中で際立って好きになれるのはジャスミンです。

ジャスミンは法的な性別と自身の性別2つの面があるため、母性的な人柄も父性的な人柄も持っています。

さらに人情屋のジャスミンですが、厳しい上司の顔を見せることもあり、1人で何役もこなしている人間的な器の大きさは尊敬しますね。

本当に周りに1人いて欲しい人物です。


舞台はイベントが盛りだくさんの冬


前作『ワーキング・ホリデー』で小学生の進が夏休みの間、父親のヤマトと暮らしてから数ヶ月が過ぎた後のお話です。

今作の『ウィンター・ホリデー』はタイトルの通り冬休みです。

冬休みはクリスマスあり、年末年始ありとイベントが多い季節でもあります。

イベントの中でヤマトと進、登場人物たちに起こる出来事。

その中でそれぞれが何を思って行動するかも、とても個性的です。


テーマは家族とどう向き合うか

今作『ウィンター・ホリデー』のテーマは「家族とどう向き合っていくか?」を強く感じます。

前作、『ワーキング・ホリデー』のテーマが主人公の元ホスト沖田大和が「仕事にどう取り組むか?」。

今回はヤマトと進も含めた登場人物たちの家族との関わりを深く掘り下げた内容。

坂木司さんの物語は身近な出来事を取り上げており、読み手が自分の暮らしに照らし合わせて物語に入り込むことができるところが素敵。

冬は遠くへ過ぎ去っていきましたが、物語の舞台が自分の周りに広がる。

そんな素敵な物語ですよ。


坂木司さんの「ホリデーシリーズ」はこちらです↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


坂木司さんの「ひきこもり探偵シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

家族や仲間と向き合うことの大切さを感じる『ワーキング・ホリデー』坂木司

ワーキング・ホリデー

著者 坂木司
出版社 文藝春秋
分類 ミステリー小説
出版日 2010/1/10


坂木司さんの本は、私のブログの中でも最も多く紹介させていただいている小説です。

坂木司さんといえば、『青空の卵』のように日常ミステリーの作品の印象を持たれると思います。

実は、今回紹介させていただく『ワーキング・ホリデー』を含む「ホリデーシリーズ」、「和菓子のアン」シリーズは登場人物たちがお仕事に向き合った作品でもあります。

今回の『ワーキング・ホリデー』をひと言で言うと、「キャラが立ちすぎて面白い」に尽きます。

熱い男が主人公

主人公はヤマトこと沖田大和。

真っ直ぐで熱血漢だけど、どこか冷めた一面も見せる宅配便の配達員の男。

実は沖田大和はクラブ・ジャスミンに勤めるホスト。

突然店に訪れた息子を名乗る神保進と暮らすことになったが客とのトラブルでホストを解雇されてしまいます。

クラブ・ジャスミンのオーナーで人情の暖かい男(?)、おかまのジャスミンの紹介で働き始めた宅配便『ハチさん便』で働きながら、お客さんや職場の同僚、かつての仕事仲間、そして進という家族との暮らしながら働くことと家族について悩み成長していきます。


家事メンの息子 進

ヤマトのキャラに負けず、お母さんのような家事メンの息子進。

進は、ヤマトの実の息子。

これは作品の冒頭で明らかになっていることです。

ワーキング・ホリデーもう1人の主人公といってもいい存在。


強烈な個性の登場人物たち

人情屋のおかまのジャスミン、王子様イケメンホストの雪夜、おてんばのお嬢様ナナ、宅配便会社の責任者ボスと名前を聞いただけでイメージが湧く強烈な登場人物たちに溢れています。



テーマは仕事へどう取り組むか

ワーキング・ホリデーのテーマは「仕事にどう取り組んで暮らしていくか?」ではないでしょうか。

「家族とどう向き合っていくか?」に比べて仕事への取り組みが、私には強く感じます。

この仕事を扱った今回の『ワーキング・ホリデー』、次作の『ウィンター・ホリデー』、スピンオフ短編集『ホリデー・イン』は坂木司さんの作品の中で“ホリデーシリーズ”とも呼ばれています。

働き方に悩む私も含めた働く人が、ほっこりと気分を温められる作品ですよ。


坂木司さんの「ホリデーシリーズ」はこちらです
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


坂木司さんの「ひきこもり探偵シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

http://hontouni-yomitai.hateblo.jp/entry/2017/04/09/114024hontouni-yomitai.hateblo.jp

読書感想文におすすめの「読書の効果と読書術」の本、「読書」をテーマにした読書感想文の書き方

読書をテーマにした読書感想文?


「冬の読書感想文シリーズ」、第5回は「読書の効果と読書術」の本の紹介です。

今回は、読書感想文におすすめすることかテーマ。

そこで、「読書と本」にまつわる問題と解決策を取り上げた本を紹介します。



思い切って「読書」をテーマに読書感想文の本を読んでみる


読書好きの方は、思い切って「読書」をテーマに読書感想文を書いてみるのもいいのではないでしょうか?

読書家にとって、読書は生活の中にある楽しみ。

おやつを食べたり、ちょっとお出かけをするのと同じですよね。

それなら、大好きな「読書とはどういうものなのか?」「読書離れはなぜ起こるのか?」をテーマにするのも、私は良いと思いますよ。



読書感想文で読書を語る「読書の効果と読書術」3冊


読書家の学生さんへ向けて、読書家の花水(hanami)が選んだ3冊がこちら。

本屋さんのおじさんが書き残した『奇跡の本屋をつくりたい-くすみ書房のオヤジが残したもの』は、読書離れを取り上げている本。

『本を贈る』は、本が出版される仕組みを知ることもでき、勉強になる1冊です。

3冊目の小山鉄朗さんの『文学はおいしい』は、とってもユニークな本の紹介です。


『奇跡の本屋をつくりたい-くすみ書房のオヤジが残したもの』久住邦晴

北海道札幌市にあった、街の本屋さん「くすみ書房」。

世の中の読書離れを食い止めようと、数々のアイデアを繰り出し本の紹介を続けた店主の久住邦晴さんの遺稿。

いい本なのに人気がない文庫本を集めた、「なぜだ⁉︎ 売れない文庫フェア」。

若者への小さなおせっかい「中高生はこれを読め!」など、本に興味を持ってもらおうという本屋さんの取り組みに北海道内からは多くの方が訪れていました。

本と読書に生涯をかけた本屋のおじさんの姿、読書好きとしては胸が熱くなる1冊です。


『本を贈る』若松英輔、矢萩多聞

本は自動的に印刷されて、販売されるだけの商品でしかないのだろうか?

たしかに本は売り物でもありますが、作家さんの思いが込められた物語を出版社の方、印刷会社の方の手で包み込まれ読者に届く贈り物。

物語を書く作家、原稿をまとめる編集者、本のデザインを考える装丁家、本の出版に携わる方全員の思いが綴られた1冊。

本が出版される仕組みを知ることもできますよ。


『文学はおいしい』小山鉄郎

100冊の小説を100の料理にたとえる、ユニークな本の紹介。

夏目漱石の『こころ』は、暑い日にのどを潤したくなるアイスクリーム。

幸田文の『流れる』は、お腹が空いた日の晩ご飯に食べたいコロッケ。

読むだけで、お腹が空いて食べたくなりそうな挿絵つきで小説を紹介しているのは小山鉄郎さんの本だけです。



読書感想文で読書をテーマに書くには?


このお話を読んで、読書感想文を書いてみようと思った方はきっと読書好きの方なのかなぁと思います。

きっと、小説を読んで書いた読書感想文には慣れていることでしょう。

そこで、本を読んだ感想だけではなく、「読書」について触れてみては良いのかなぁと思いますよ。


読書はなぜ必要なのか?

読書好きの方にとって、読書は生活の一部。

ですが、読書離れは続いていることは事実です。

そこで、なぜ読書は必要なのか?

『奇跡の本屋をつくりたい-くすみ書房のオヤジが残したもの』を参考に読書の大切さに向き合った、自分なりの答えを書いてみてはいかがでしょう?

おすすめの本の紹介の仕方、考えてみてもいいですね。

『文学はおいしい』では、小山鉄郎さんが小説を料理に例えています。

「女子のためのスイーツのような物語」

こんなテーマで、スイーツのように気持ちを温めてくれる作品を紹介するのも他の同級生とは違った読書感想文になるはずですよ。


本が出版されるまで

また、『本を贈る』を読んで作家さんや出版社での仕事を志そうと思う方もいるのではないでしょう?

本が出版されるまでを、ドキュメンタリーのようにまとめてみるのも読書の勉強になるはずですよ。

これは、私が書いてみたいテーマでもあります。


今回の「冬の読書感想文シリーズ」を書いていて、思ったことがあります。

「小説じゃなくて大丈夫かな?」

最近の読書感想文事情では、指定図書や「小説に限る」といった学校の決まりはあるのでしょうか?

読書感想文コンクールでは、エッセイや政治の本の読書感想文も入賞しているのを見かけます。

花水(hanami)は勝手に、漫画や雑誌でなければどんな本でも良いと思っていますが………

もし学校で決まりがあるなら、私の提案はあくまで参考程度にして下さいね。

それでは、次回の「冬の読書感想文シリーズ」第7回は小説の紹介です。

冬に心が温かくなる物語を選んでみますね。


「2018年 冬の読書感想文シリーズ」はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


「2018年 夏の読書感想文シリーズ」のまとめはこちら↓
www.yu-hanami.com

読書感想文の書き方はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com

「読書の効果、読書術」のおすすめはこちらです↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com




にほんブログ村 本ブログへ