本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

雑記

日々の雑記、日記のような雑記、マイエッセイ、詩、マイ小説がありますよ。

迷惑行為の責任は?被害者企業で働いて返すのは……?

迷惑行為の結果、晒されてしまうのも仕方がない? 大手回転寿司チェーンでの迷惑行為、いわゆるSNSテロが続いています。迷惑行為をSNS上に投稿した方は、個人情報の特定に詳しいユーザーによって名前や電話番号はもちろん、勤務先・通学先や家族構成までイン…

たまたまのご縁はあるものですね

初詣と季節外れの陽気 初詣と季節外れの陽気 季節外れの天気 コロナ前に鐘をつかせていただいたお寺へ ちょうどお坊さんが外回りから戻る 御朱印とお布施 絵馬をいただく おみくじは凶 たまたま天気が良くて、たまたま初詣に行きたくて、たまたま御朱印をい…

2023年1月を書き終えて

2023年の書き初め 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yu)です。季節外れの暖かさの後は、10年に一度の寒波でした。天気を気にする間に、1月ももう終わり。読者の皆様は、いかがお過ごしですか? 2023年の書き…

2023年の書き始めは、お題「2023年にやりたいこと」

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと」 2023年の花水由宇の挑戦 今年の書き始めは、はてなブログのお題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと」を書いてみます。「今年の抱負」のように意気込まず、暮らしに影響のない範囲で挑戦してみますね…

2022年の読書ブログ書き納め

2022年の書き納め 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yu)です。2022年も残すところ半日。365日ある中で、次の日からは変わらない日常があるはずなのに、なぜか大晦日は特別感がありますよね。 2022年の書き納…

窓は閉まっているだけで、開けると外は変わらない世界

窓は閉まっているだけ 春夏のような賑わいが遠ざかった朝。日の出が遅くなってからの朝は、とても静か……と思い込んでいた。 窓は閉まっているだけ 無音の朝と鳥の声 二重の窓と高気密の北国の夜 冬は気持ちも高気密 冬の気分の落ち込みのお役立ちページ 無音…

常識の格差と収入の格差、解決方法はお互いを「知る」こと?

寛容さと曖昧さ、常識と格差の広がり ニュースで見かけた「平服でお越しください」の話題を調べてみると、常識と格差はお互いが分からないほど広まっていたことに気がついてしまった花水由宇(hanami yu)。解決策を思いつくことは、はたして……できるのでし…

ワールドカップ日本代表の皆さま、ありがとうございます

強豪に逆転勝ちした結果は敗退しても変わらない カタールで行われているFIFAサッカーワールドカップ2022、日本代表の活躍と決勝リーグの勝ち残りの予想が盛り上がっています。日本代表サムライブルーは1次リーグで強豪ドイツとスペインを破り決勝トーナメン…

駆け足の秋と盛り上がるFIFAWorldCup

駆け足の11月とFIFAWorldCup 今年もあと2カ月かと思っていたら、いつの間にか月末になっていました。読者の皆さまは、FIFAWorldCupを楽しんでいますか? 駆け足の11月とFIFAWorldCup 駆け足の11月 FIFAWorldCup 世界の常識はノーマスク?コロナの検査は? 駆…

夢に出てきたモナコ公国が気になって

モナコ公国って? 昨日に見た夢に、モナコ公国という国が出てきました。もちろん、旅行で行ったこともありませんし、知り合いもいません。名前だけは、なんとか覚えていたような、いなかったような。気になるので調べてみましたよ。 モナコ公国って? モナコ…

校歌は何で聞き慣れない言葉を使うの?現代語の校歌も実在した

校歌を現代語にしては? 秋になって夏のお話をするのも季節外れですが、夏の甲子園は宮城県の仙台育英高校が大活躍。東北地方発の優勝を飾りましたね。野球の話題というより、今年も疑問に思ってしまったことは参加校の「校歌」でした。球児の方が校歌を歌わ…

長い秋の真っ只中 2022

今年の秋は長い 2022年の秋は長い。気温は穏やかで、急に寒くなったりせず、北国らしくない秋。こんな秋が、ずっと続けば良いのに……。 今年の秋は長い 長く続く10月の秋 読書の豆知識の連載で10日間連続更新 書けば書くほど新しいテーマが思いつく 長く続く1…

読書ブログの読者さまが1100名になりました

1100人の読者さまに支えられて 1100名の方に読者登録いただきました。更新が途切れた期間も読書ブログを訪れていただいた方、更新後新しく読者になってくれた方、皆さまに感謝申し上げます。 1100人の読者さまに支えられて 更新しない期間中 読者さま紹介 読…

お客様第一主義を従業員を大切にする方針に改める循環型社会

お客様第一主義を改めること 日本のおもてなしが称賛される一方で、悪質なクレーマーに悩まされたり、なかなか上がらない収入に不安を感じる日々。海外観光客が少なくなったコロナ禍では、お客様第一主義も見直しが必要なのではないでしょうか? お客様第一…

仕事と暮らしの切り替えを意識したマイルーティン

読書と仕事と暮らしのマイルーティン 今回も、はてなブログの「お題」に挑戦してみます。お題のマイルーティンに当てはまる、花水由宇(hanami yu)の「切り替え」を意識した取り組みを紹介してみますね。 読書と仕事と暮らしのマイルーティン 読書のマイル…

9月は中秋の名月と読書の秋 

秋はやっぱり秋だった 中秋の名月 読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋。皆さま、どんな秋をお過ごしですか? 秋はやっぱり秋だった 猛暑が続いても秋は来る 読書の秋におすすめの本特集を更新 花水由宇にとってブログの更新とは? 猛暑が続いても秋…

北の桜はまた来年

桜は初夏の風物詩 季節外れですが、春に撮影した桜のお話をさせていただきますね。おまたせしました、GWも終わりの頃にお散歩に出かけたとき、ちょうど見頃だった「しだれ桜」。新しいスマホで撮影した桜をお楽しみくださいね。 桜は初夏の風物詩 北国の桜は…

アリの仕事初めと働きアリの法則

アリの仕事初め 執筆作業(秘密の)が続いていたので、なかなか更新できなかった花水(hanami)です。5月のはじめに更新予定だった記事が、用事を終えてみると月末に……。北国のGW前後のある暖かい日、春の暖かい日になると歩道の上にアリさんが姿を表してくれ…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?人の心はあるのか?

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~人の心があるか 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻のニュースを見るたびに、ロシア側の残酷な攻撃が報道されています。民間人への攻撃を見て、ロシア側を支持したい…

ウクライナが善でロシアが悪に見える理由?情報の真実と嘘

ウクライナが善でロシアが悪に見えてしまう理由~明るい真実は好まれ、暗い嘘は不気味 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻は、インターネットを利用したゼレンスキー大統領の呼びかけで世界中が知ることとなります。戦…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?一方的な無理強いは悪いこと

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~一方的という悪 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さいウクライナ危機では、ウクライナが良い側でロシアが悪い側に見えるのは、世界の共通認識のようです。私にも、そう見えます。今回は、ロシア側…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?強い側の理不尽なパワハラ構造

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~強い側と弱い側 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ウクライナ側が善良な正義、ロシア側が残酷な悪。そう見えてしまう理由に、ウクライナとロシアの軍事力の大きな差があります。私のように軍…

戦争犯罪とは?a項・b項・c項3つののまとめと新しいd項の提案

戦争犯罪の定義と新しい提案 反戦画像、英語版 民間人の被害が増えているウクライナ危機。侵略戦争を受けたウクライナと世界各国からは、ロシアの行動が戦争犯罪に当たると非難されています。今回は、本を参考に戦争犯罪についてまとめてみました。また、私…

ロシアのウクライナとブラック企業・モラハラ問題はそっくり

一方に悪意があるなら「話し合いで解決」は難しい 反戦画像、英語版戦争も身近なトラブルも、一方に悪意があるなら「話し合いで解決」は難しいと思います。なぜなら「話し合いで解決」できることは、同じ価値観と解決したい物事が近い場合に成り立つからです…

ロシアの侵略戦争と世代間ギャップ

世代間ギャップで起こる侵略戦争 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻は、国連総会で非難決議が出されるほどの一方的な侵略戦争というのが世界の共通です。テレビはもちろん、SmartNewsなどのインターネットニュースで…

ロシア軍のウクライナ侵攻を非難します

平和を望まれるウクライナへ 毎月1の日は、ブログの更新予定のお知らせをさせていただいておりました。今月は、2022年2月24日に始まったロシア軍のウクライナ侵攻への非難、ウクライナ国民の方へのお見舞いを掲載させていただきます。【English translation …

第166回直木三十五賞に逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想

第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 2022年上半期の第166回直木三十五賞は、逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想します。 第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 直木賞受賞予想…

2021年少年法改正でも残る責任能力と年齢の壁

少年法改正はにもう1つ 2021年の春頃、ニュースでは「少年法改正」が取り上げられていました。先日も14歳の容疑者が同級生を殺してしまう痛ましい事件があり、少年法が再び議論されています。厳罰主義といわれる花水(hanami)は、少年法はいらないと思うので…

雪の舞う晴れた空は秋と冬の交差点

秋と冬の交差点 いよいよ雪が舞った北国の空。秋の日と冬の日が交互に繰り返され、季節の交差点にいるみたいです。 秋と冬の交差点 雪が舞う朝と鍋の美味しい夜 灯油と電気の値上がりは… 穏やかな年末に向けて 雪が舞う朝と鍋の美味しい夜 北国では、曇りの…

人手不足を解決するには?値上げと賃上げが必要

自業自得、仕方ないと思いますが…. 緊急事態宣言で強いられた自粛が明け、賑わいを取り戻してきた世の中。ですが、全国各地で「人手不足」が話題になっています。ニュースを見て、働いている側の目線でふと思ってしまったんです。それは、人手不足は仕方がな…

にほんブログ村 本ブログへ