本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

仏教

自分の「考え方」を見直すキッカケ~『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』

自分の「考え方」を見直すキッカケに『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』を紹介 著者 境野勝悟 出版社 株式会社 三笠書房 分類 実用書、思想と哲学・考え方の本 出版日 2012/12/1今日はお経の中のTwitterともいえる(花水が独自に例えている)…

すぐに消したい3つの煩悩、身近にある6つの煩悩を乗り越える方法

えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 著者 名取芳彦 出版社 株式会社 永岡書店 分類 思想・哲学、考え方の本 出版日 2017/10/15 えんま様の姿がデザインされた表紙が目を引く、『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』の紹介。第2回は、…

108個の煩悩と心の仕組みを知る、『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』名取芳彦

えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 著者 名取芳彦 出版社 株式会社 永岡書店 分類 思想・哲学、考え方の本 出版日 2017/10/15 今回は、ピンクの表紙にえんま様が描かれたとてもユニークな表紙の本を紹介します。本の名前は、『えんま様の格…

楽に良いことが続く方法は?〜『超訳 仏教の言葉』から選んだ6つの言葉

『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2013/3/21 「物事を楽に受け止める」「自分の周りで良いことが続くよう」この2つをテーマに、我が家の仏教辞典『超訳 仏教の言葉』から、役に立つ言葉を3つ選んでみま…

悩み事相談のお坊さん厳選の仏教用語集『超訳 仏教の言葉』

『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2013/3/21 読書コラムの参考書でおなじみの、お坊さん作家さんが書かれた『超訳 仏教の言葉』を紹介させていただきます。お手頃な文庫本ですが、暮らしに役立つ考え方…

イライラや悩みの解決に仏教の考え方を応用できる1冊 第3回

『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』の紹介 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2012/12/19 図解版2017/10/30 いよいよ『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』の紹介も第3回で最後になりました。第3…

イライラや悩みの解決に仏教の考え方を応用できる1冊 第2回

『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』の紹介 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2012/12/19 図解版2017/10/30 前回の第1回に引き続き、お坊さん作家さん鳥沢廣栄さんの『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消…

イライラや悩みの解決に仏教の考え方を応用できる1冊 第1回

『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2012/12/19 図解版2017/10/30 秋は天気が変わりやすく昼の時間も短くなり、なんだか少し寂しくもなる季節です。ストレスも感じやす…

その「こだわり」は「いいこだわり」?

いいこだわりと悪いこだわり こだわりの一品。我が家のこだわり。「こだわり」と名のつくものはたくさんあります。一方で、融通がきかない、頑固などと悪い意味でも使われる「こだわり」。その違いはどこにあるのでしょう? いいこだわりと悪いこだわり こだ…

シミュレーション仮説と仏教の世界観

シミュレーション仮説を仏教の世界観で考えると… シミュレーション仮説、仏教、どちらも花水由宇(hanami yuu)のブログで取り上げることのあるテーマです。私たちの暮らす世界はシミュレーションだったという、賛否両論もあるシミュレーション仮説。ニック・…

シミュレーション仮説は妄想か現実か?シミュレーション仮説のおさらい

シミュレーション仮説は妄想?現実?専門家の見解は? 「シミュレーション仮説シリーズ」、そろそろ3回目の更新です。そこで、シミュレーション仮説のおさらいもかねて、シミュレーション仮説は妄想か?現実か?をテーマに取り上げます。 シミュレーション仮…

私たちの現実はシミュレーションの世界?

私たちの現実が「シミュレーションの世界」だと説明のつくこと 今目の前にある世界は現実なのだろうか?実は、現実かどうかは確かめるすべがありませ。現実かコンピュータによってプログラミングされた架空の世界か?シミュレーション仮説の世界は、私たちが…

シミュレーション仮説とは?

シミュレーション仮説というもの AIのことを検索して調べていたら、興味深いお話をみつけたので紹介しますね。映画の「マトリックス」をご存知の方は多いと思います。主人公のキアヌ・リーブスの暮らす世界は実はシミュレーションされた世界で、現実はカプセ…

仏教の宗派のお話、日本の仏教と伝統的な13の宗派

日本の仏教と伝統的な13の宗派 本の紹介や日常のお話の中で仏教のお話をすることもある本当に本が読みたくなる読書のブログですが、日本にある仏教の宗派をまとめておこうと思いました。目次だけでも、本当に長くなってしまいましたが、気になる内容だけでも…

仏教のお経の意味がわかるようになる方法

お経の意味がわかるようになる方法 まとめ 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧のみなさま、お昼なのでこんにちは!花水由宇(hanami yuu)です。3回にわたった「お経」シリーズは今回で最後になります。そんな第4回の「お経」シリーズは、意味がわから…

お経は暮らしに関わるお話だった!般若心経のプレゼンテーション

お経は暮らしに関わるお話!般若心経をもっと身近に感じられるプレゼンテーション お盆やお墓まいりの季節になると、お坊さんの唱えるお経を聞く機会はあるでしょう。お経は、「なんだかありがたい」ようにも聞こえ、「なんだかわからない」ようにも思えます…

意味わかりずらいお経〜般若心経の「超訳」を読んで「私訳」してみる

お経の意味は「超訳」を読んで「私訳」してみるとわかりやすい〜般若心経の場合 仏教関連の本を読んでいると、お坊さんや仏教の専門家の方の書かれた内容で「~経でも言われていることで」と、お経を参考にした記載を目にします。ちょっと凝り性の花水(hanam…

お経の意味がわかりずらい3つの理由

お経がわかりずらい3つの理由 昨年から仏教関係の本を読むようになって1年くらいになります。仏教の考え方が生活に生かせることを知り、もっと知りたいとお経の現代語訳の本を読んでみたりもしました。お経の現代語訳を読んでみると、「なるほど、こういう意…

仏教の教えと考え方の凄さ

仏教は2000年以上前に人の心と世界の仕組みを解明していた 昨年更新してから、好評をいただいておりました「仏教の考え方の凄さ」をテーマにしたお話をリニューアルしました。前半では、「四苦八苦」で知られるように私たちの暮らす世の中は実は苦しみの世界…

断捨離はこだわりという執着を捨てること

断捨離とこだわりという執着 断捨離やミニマリストがテーマのブログではありませんが、ここ1年くらいで断捨離に取り組んだことがあり、考えたことをまとめてみました。使わない物を持ちすぎて家の収納を満たしていた花水(hanami)も、断捨離で家の中も頭の中…

仏教は読書のようにお経を読んで暮らしに活かす教え

仏教と読書 今日の読書の豆知識は、「仏教」と「読書」をテーマにお送りします。仏教は「読書」と「実践」を繰り返しながら、考え方を見直していく教え。お経の成り立ちを元に、仏教と読書のお話をさせていただきますね。 仏教と読書 仏教は読書と実践の教え…

苦手というこだわりを捨てて好き嫌いを減らす

苦手というこだわり 「こだわりの○○」というように、その人が「これでなくてはダメ」と思うことはあります。こだわり続けた結果、世の中で愛される商品が生まれることも日本国内では珍しくありません。実は、反対のこともあるのではないでしょうか?「これだ…

夏におすすめの哲学と思想の本 2018

夏におすすめ哲学の本 重たく感じる本は夏なら落ち着いて読めますよ 「夏におすすめの本」シリーズ、第4回は「哲学と思想」の本です。哲学と思想というと難しい印象がありますが、難解な言葉を使っていない読みやすい本を選んでみました。私も読みやすい本が…

悪人の心の奥は………きれいな心が汚れで覆われていた

心は本来きれいなもの 今回はちょっと深いテーマ「良い人」「悪い人」と「心」の奥のお話です。最近の凄惨な事故や、日常の中で見かける迷惑行為の原因を仏教の本を参考に考えてみます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 心は本来きれい…

ハリーポッターの得意な守護霊の呪文エクスペクトパトローナムと仏教の南無阿弥陀仏の共通点

守護霊の呪文エクスペクトパトローナムと念仏 南無阿弥陀仏のそっくりな共通点 またまた、お坊さんに怒られてしまいそうなお話です。ハリー・ポッターが得意な呪文エクスペクトパトローナムと、日本人に身近な仏教の南無阿弥陀仏という念仏に「ちょっと驚き…

気持ちと行動、発言を整える

行動(身、しん)、発言(口、く)、気持ち(意、い)でいい習慣を 令和最初のお話では、幸せを感じて暮らすために仏教の「身口意(しんくい)」を取り上げてみました。良い行いには良い結果(幸運)、悪い行いには悪い結果(不運)があることは、身口意の結果に当てはま…

令和元年〜善い時代を過ごしたい

令和〜幸せを大切な人に、その中で生きる 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。令和元年、あけましておめでとうございます!平成最後の書き置きをした後、令和最初に何を書こうかなぁ。どんな令和時代を…

浄土宗・浄土真宗で大切にされているお経 四誓偈(しせいげ)を私訳してみると…

お経 浄土宗 著者 藤井正雄 出版社 株式会社 講談社 分類 思想と哲学、考え方の本 出版日 1983/7/1 今回は、仏教の本の中でも「ちょっと難しい」本の紹介になります。内容を全て紹介させていただくのは、とても難しいので、お経の「原文」「現代語訳」を引用…

幸せで穏やかな暮らしをおくる10個の行い~十善戒(じゅうぜんかい)

『超訳仏教の言葉』 鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2013/3/21 暖かくなり、桜も咲き始めた春。職場や学校でも変化があると、気分が落ち着かない季節でもありますよね。そこで、 鳥沢廣栄さんの『超訳仏教の言葉』から、…

福引きの商品券と徳のキャリーオーバーのお話

福引で1万円の商品券が当たった! 年末の嬉しいお話。何とクリスマスの買い物で商品券が1万円も当たりました!2018年は、なんだかくじ運が良かった気がします。そこで、思い返してみると普段の取り組みで募金をこまめにしていたことが関係あるのかなぁ?と思…

にほんブログ村 本ブログへ