本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

本の紹介

読んだ本をジャンルを問わずに紹介するコーナーです。

春におすすめの7冊の本 2020年

春におすすめの本のまとめ 2020年 春におすすめの本コーナー、予定していた本を全て紹介させていただくことができました。3月は、新社会人の方向けの本を多く紹介させていただく予定でしたが、臨時休校でお子さんと過ごされる方も多いと思い、「親子で読める…

春を感じられるおすすめの小説6作品

春におすすめの小説 「春におすすめの本2020」シリーズ。第7回は、春らしいをテーマに6冊の小説をお届けしますね。 春におすすめの小説 春らしい小説・今すぐ読みたくなる小説 『ツナグ 想い人の心得』辻村深月 『ライオンのおやつ』小川糸 『最高の任務』乗…

人生の道を照らしてくれるエッセイ

春におすすめのエッセイとノンフィクション 「春におすすめの本2020」シリーズ。第6回は、エッセイとノンフィクション。「人生の道しるべ」をテーマに、3人の方のエッセイを取り上げさせていただきました。 春におすすめのエッセイとノンフィクション 生き方…

新社会人の方におすすめの「仕事の説明書」

春におすすめのビジネス書・政治と経済の本 「春におすすめの本2020」シリーズ。4月から新社会人になる方、新社会人のサポートを任された先輩社会人の方向けのビジネス書を紹介させていただきます。 春におすすめのビジネス書・政治と経済の本 社会人の記念…

読書が続かない方にもおすすめの読書力・読書術の本

春におすすめの読書術の本2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。4回目は、読書の効果と読書術の本を3冊選んでみました。中でも『読書をプロデュース』で取り上げられている「併読」は、読書が長続きしない方に向いている読書術ですよ。 春におすすめの読…

春は家族で身近な法律を勉強してみる

春におすすめの一般教養・サブカルと雑学の本2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。第3回は、一般教養・サブカルと雑学の本です。このジャンルは、いつもどんな本が紹介されるかは決まっていません。今回は、子どもでもわかる法律、世界のトイレ文化、戦…

春の読書は暮らしに活かせる考え方の本がおすすめ

春におすすめの考え方の本 「春におすすめの本2020」シリーズ。第2回の思想と哲学・考え方の本からは、3冊の本を紹介させていただきますね。難し過ぎず、すぐに暮らしに役立つ本を選んでみましたよ。 春におすすめの考え方の本 春は新しい考え方を取り入れて…

大人も子どもも身につけれる新しい勉強法

春におすすめの実用書2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。第1回は実用書を紹介させていただきますね。世の中の騒動で長くなってしまった春休み。臨時休校になっている学生の方は、この機会に実用書を読んで新しいことを身につけてはいかがでしょう? 春…

2020年本屋大賞には10作品がノミネート

本屋大賞2020ノミネート作品 いよいよ来月は、2020年本屋大賞の発表ですね。本屋大賞は、全国の書店員さんが「いちばん売りたい本」を投票して決める本の賞です。専門家や作家さんが審査員を務める文学賞に比べて、私たち読書好きに近い価値観で選ばれていま…

暮らしの中で実践的な考え方が身につく本~『頭が良くなる思考術』白取春彦

『頭が良くなる思考術』 著者 白取春彦 出版社 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 分類 実用書、考え方の本 出版日 2005/10/10 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今月の本は、哲学者 白取春彦さんの『頭が良くなる思考術』です。ヨーロッパの哲学、東…

第41回吉川英治文学新人賞特集〜注目の作品は…?

第41回吉川英治文学新人賞候補作 2月の読書のイベントコーナーは、吉川英治文学新人賞です。対象が若手作家さんということもあり、読書好きの方でもはじめて見かける作家さんも多いはず。今回は、ノミネート6作品と作家さんをそれぞれ紹介させていただきます…

掃除で気づく人生に大切な14のこと

こころを磨くSOJIの習慣 著者 松本紹圭 出版社 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 分類 実用書、思想と哲学・考え方の本 出版日 2019/7/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい こころを磨くSOJIの習慣 掃除が教えてくれる14の大切なこと こころクセを掃除する…

掃除はこころを整えるトレーニング〜『こころを磨くSOJIの習慣』松本紹圭

こころを磨くSOJIの習慣 著者 松本紹圭 出版社 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 分類 実用書、思想と哲学・考え方の本 出版日 2019/7/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい こころを磨くSOJIの習慣 高校生の頃の罰掃除を思い出して 著者はグローバルお坊さ…

こんなにも、自分の人生と、出会った人と向き合った人がいた

一切なりゆき〜樹木希林のことば 著者 樹木希林 出版社 株式会社文藝春秋 分類 エッセイ 出版日 2018/12/20 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今月の本は樹木希林さんの『一切なりゆき〜樹木希林のことば』。第2回は、実際の希林さんの言葉に触れてみますね。…

第162回直木三十五賞ノミネート作品

第162回直木賞には人気ミステリ作家さんがノミネート いよいよ、2020年1月15日に第162回直木三十五賞が発表されますね。受賞予想の前に、第162回のノミネート作品を振り返ってみます。 第162回直木賞には人気ミステリ作家さんがノミネート 第162回直木賞ノミ…

冬は希望がわいてくる小説をおすすめしたい 2019年

冬におすすめの小説特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。最終回の第7回は、恒例の小説…

冬に気持ちを温めてくれるおすすめのエッセイ 2019年

冬におすすめのエッセイとノンフィクション特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。第6回…

冬におすすめ読書と本の価値に迫る本 2019年

冬におすすめの読書の効果と読書術の本特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。第5回は、…

日本のなくしたほうがいい、変えたほうがいい風習に迫る本 2019年

冬におすすめの政治と経済の本特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。第4回は、「日本の…

いま「命」を振り返りたい~冬におすすめの一般教養の本 2019年

冬におすすめの教養が身につく本特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。第3回は、一般教…

「叶えもん」がお悩み解決!冬におすすめの考え方の本3冊 2019年

冬におすすめの考え方の本特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。第2回は、思想と哲学・…

年末年始に新しいことを身につけられる、おすすめの実用書3冊 2019年

冬におすすめの実用書特集 冬におすすめの本を7つのジャンルから紹介させていただく「冬におすすめの本」特集。第1回は、実用書を3冊紹介させていただきますね。 冬におすすめの実用書特集 冬におすすめの実用書3冊 『サービスの達人たち おもてなしの神』野…

樹木希林さんが読み聞かせてくれるようなエッセイ

一切なりゆき〜樹木希林のことば 著者 樹木希林 出版社 株式会社文藝春秋 分類 エッセイ 出版日 2018/12/20 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今月の本は、名女優 樹木希林さんのエッセイ『一切なりゆき〜樹木希林のことば』をご紹介!2回に分けて、今回は本…

謎解きは授業の後に?先生と生徒の探偵コンビが大活躍

先生と僕 坂木司 著者 坂木司 出版社 株式会社双葉社 分類 小説、ミステリ小説 出版日 2011年12月18日 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 先生と僕 坂木司 見た目通りの助手と見た目を裏切る探偵 伊藤二葉(いとう ふたば) 瀬川隼人(せがわ はやと) 流されるま…

読書をする人は人生の「深さ」を見つけられる

読書をする人だけがたどり着ける場所 著者 齋藤孝 出版社 SBクリエイティブ株式会社 分類 読書の豆知識と読書術の本 出版日 2019/1/15 読みやすさ ☆☆★読みやすい今回は、読書ブログを続ける花水(hanami)の勉強のために読んだ『読書をする人だけがたどり着け…

身近に迫っていた日本の危機、「国民を助けても良い」権利は今の日本にはないのかも?

危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実 青山繁晴 著者 青山繁晴 出版社 株式会社 扶桑社 分類 政治・経済 出版日 2017/8/1 読みやすさ ☆★★少し読みづらい 今回は、政治と経済の本のジャンルから少々辛辣はお話をされる青山繁晴さんの本を取り上げてみ…

日本の将来を不安に思う人に読んで欲しい『希望の政治 都民ファーストの会講義録』 小池百合子

『希望の政治 都民ファーストの会講義録』 小池百合子 著者:小池百合子 出版社:中央公論新社 ジャンル:政治、経済 出版日 2017/8/8 読みやすさ ☆☆★読みやすい政治家の書かれた本で読みやすい1冊を紹介。東京都知事の小池百合子さんというと、一時期はカタカ…

世界的ベストセラー『チーズはどこへ消えた』の気になる結末は?

迷路の外には何がある? Out of the Maze An A-Mazing Way to Get Unstuck. 著者 スペンサー・ジョンソン 訳者 門田美鈴 出版社 株式会社扶桑社 分類 ビジネス書 出版日 2019年2月27日 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 『チーズはどこへ消えた?』を読んで、…

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子さんの思わず優しくなれるエッセイ『ほっこり編』

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ 出版日 2016/8/1 前回に続いて、佐藤愛子さんのベストセラーエッセイ『九十歳何がめでたい』を紹介します。佐藤愛子さんの親しみのある毒舌『バッサリ編』で、世の中の出来事を気持…

自分の「考え方」を見直すキッカケ~『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』

自分の「考え方」を見直すキッカケに『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』を紹介 著者 境野勝悟 出版社 株式会社 三笠書房 分類 実用書、思想と哲学・考え方の本 出版日 2012/12/1今日はお経の中のTwitterともいえる(花水が独自に例えている)…

にほんブログ村 本ブログへ