本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

本の紹介

読んだ本をジャンルを問わずに紹介するコーナーです。

ハリー・ポッターシリーズ終盤への序章〜『ハリー・ポッターと謎のプリンス』J・K・ローリング

ハリー・ポッターと謎のプリンス 著者 J・K・ローリング 訳者 松岡佑子 出版社 株式会社静山社 分類 海外文学、児童文学 出版日 2006/5/17 ハリー・ポッターシリーズの第6弾です。ハリー・ポッターシリーズも『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』以降の3作…

子どもから大人へ、理不尽さと組織というとのを描いた 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 J・K・ローリング 著者 J・K・ローリング 訳者 松岡佑子 出版社 株式会社静山社 分類 海外文学、児童文学 出版日 2004/9/1 ハリー・ポッターシリーズの第5弾です。昨年に紹介させていただいたハリー・ポッターシリーズ前半…

「ロマン」を価値観に集う5人のギャングの物語、伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 祥伝社 分類 ミステリー小説 出版日 2008/5 伊坂幸太郎さんの代表作というと『グラスホッパー』や『マリアビートル』が有名ですよね。以前、紹介させていただいた『陽気なギャングが地球を回…

身近に迫っていた日本の危機、「国民を助けても良い」権利は今の日本にはないのかも?

危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実 青山繁晴 著者 青山繁晴 出版社 株式会社 扶桑社 分類 政治・経済 出版日 2017/8/1 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 危機にこそぼくらは蘇る 新書版 ぼくらの真実 青山繁晴 たまたまいただ…

読書の秋におすすめ、気持ちと考え方を整理できる本 2018

読書の秋におすすめの思想と哲学の本 「読書の秋おすすめの本」シリーズ、第7回は「思想と哲学の本」。読書・食欲・スポーツと過ごしやすくて楽しみな秋。花水(hanami)にとっては、寒くなってきて気分が下がり気味になる季節でもあります。こういうときには…

読書の秋におすすめの話題の小説7冊 2018

読書の秋におすすめの本、話題の小説 「読書の秋 おすすめの本」シリーズ、第6回は小説の紹介です。読書の秋、いつもは読書をされない方でも手軽に読み始められるのが小説だと思えます。そこで、今話題の『下町ロケット ゴースト』を入れた7作品を紹介します…

読書の秋におすすめ 世の中を知る政治と経済の本 2018

読書の秋におすすめの政治と経済の本、ビジネス書 「読書の秋 おすすめの本」シリーズ、第5回は政治と経済、ビジネス書の紹介です。働き方と、世の中の仕組みを知ることができる4冊を取り上げてみましたよ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(…

読書の秋におすすめするエッセイ、ノンフィクション 2018

読書の秋、著者の心を書いたエッセイがおすすめ 「読書の秋」シリーズ、本の紹介の第3回はエッセイの紹介。エッセイの読書コラムの後に、エッセイの本の紹介。なんだか狙っていたようなタイミング…?実はその通りです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle |…

読書の秋におすすめ 読書の効果と読書術の本 2018

読書の秋だから、読書を知るためにおすすめの本 「読書の秋」シリーズ、おすすめの本の紹介第3回は「読書を知る本」の紹介。読書を知る本?と聞いても、興味が湧きにくいかなと思います。今回取り上げる4冊は、読んだ本の内容を身につけやすくする「読書術」…

読書の秋におすすめのサブカルと雑学の本 2018

読書の秋には興味のある話題の本がおすすめ 「読書の秋」シリーズ、第2回はおすすめの「サブカルと雑学の本」の紹介です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 読書の秋には興味のある話題の本がおすすめ 陰謀と未来、明るいお菓子の話題、…

読書の秋におすすめの実用書、働き方のため読んでおきたい3冊の本 2018

読書の秋におすすめの実用書、読んでおきたい働き方の本 「読書の秋」シリーズ、第1回はおすすめの「実用書」の紹介です。今の仕事が「いつまで」あるかわからない、そう言われている現代。今、そしてこれからの働き方の役に立つ知識を実用書を読んでみにつ…

占い師と悩み事を抱えるお客さんの、ほんのり暖かくなる物語『強運の持ち主』

『強運の持ち主』 著者 瀬尾まいこ 出版社 株式会社 文藝春秋 分類 エンタメ小説 出版日 2009/5/10 昨年、映画化された『僕らのごはんは明日で待ってる』で瀬尾まいこさんをご存知の方もいらっしゃるのでは?『強運の持ち主』は、元営業マンのOLルイーズ吉田…

読書の仕方と本選び、つまらないと思う本との向き合い方は?『読書の価値』森博嗣より

『読書の価値』森博嗣 著者 森博嗣 出版社 NHK出版 分類 実用書、思想・哲学 出版日 2018/4/10前回の紹介に続き、森博嗣さんの『読書の価値』を紹介させていただきます。第1回のテーマは、「読書の価値観」を知ることでした。森博嗣さんの読書の価値感はは「…

読書の価値観を探す 森博嗣さんの『読書の価値』より

『読書の価値』森博嗣 著者 森博嗣 出版社 NHK出版 分類 実用書、思想・哲学 出版日 2018/4/10 久しぶりの、新しく読んだ本の紹介になってしまいますね。今回は、森博嗣さんの『読書の価値』。『すべてがFになる』で有名な、作家の森博嗣さんが思われる「読…

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾さんの描く登場人物たちの「人としての成功」

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾 著者 東野圭吾 出版社 株式会社 KADOKAWA 分類 小説 出版日 2012/3/28今回は映画化もされて話題になった、東野圭吾さんのベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を紹介。東野圭吾さんの作品は、「刑事加賀恭一郎シリーズ」…

綾小路きみまろさんが語る、人生で大切なこと『しょせん幸せなんて、自己申告。』

『しょせん幸せなんて、自己申告。』綾小路きみまろ 著者 綾小路きみまろ 出版社 朝日新聞出版 分類 エッセイ 出版日 2017/10/30 皆さま大変長らくお待たせいたしました。6月末には、紹介しますと発表していました綾小路きみまろさんの『しょせん幸せなんて…

陽気な5人はギャングで強盗団 伊坂幸太郎さんの「陽気なギャング」シリーズ

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 祥伝社 分類 ミステリー小説 出版日 2002/2/20 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 陽気な5人のギャングの日常 成瀬 響野 久遠 雪子…

湊かなえ『豆の上で眠る』〜少女の頃の記憶の違いを謎を解く物語

『豆の上で眠る』湊かなえ 著者 湊かなえ 出版社 株式会社 新潮社 分類 小説 出版日 2017/7/1先月本屋さんでタイトルに惹かれ、あらすじを見てすぐに買った湊かなえさんの『豆の上で眠る』を紹介しますね。湊かなえさんは、2009年の『告白』で本屋大賞を受賞…

7月のブログの収益で本を1冊購入!

7月のブログの収益で買った本 2018年下半期のブログの運営目標に、「毎月本が買える収益を得る」と書いたのは2月前のこと。7月は「本が買える収益」を上げていたので、さっそく1冊買いました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7月のブ…

キャンプやアウトドアに役立つ本の紹介

キャンプやアウトドアに役立つ8冊の本 読書ブログには合わない内容だと思いますが、アウトドアを1年の楽しみにしている花水(hanami)。アウトドアのお話と読書が合わさったテーマを考えたときに思いつきました。本屋さんの立ち読みで、よく読んでしまうアウト…

読書感想文におすすめの本10選〜高校生編

読書感想文におすすめのジャンル別の10選 夏休みが近づいてきましたね。地域によっては、もう夏休みになっているのでしょうか?夏休みといえば宿題がありますが、花水(hanami)が高校生の頃は「宿題があったことも忘れてしまう」ほどでしたよ。それでも、読書…

夏におすすめの小説 2018〜読書感想文にもぴったり

夏におすすめの小説 「夏におすすめの本」シリーズも7回目の今回で最終回です。最終回は、小説のお話。小説は、あまり細かく紹介していしまうとネタバレのおそれがあります。そのため、6つの作品をストーリーに細かく触れずに紹介させていただきますね。 夏…

夏におすすめの読書の効果と読書の価値を語る本 2018

読書の効果と現代の読書を語る3冊の本 「夏におすすめの本」シリーズも残り2回、第6回は読書がテーマの3冊の本を紹介しますね。世の中には読書術や読書論など、読書の方法を書いた本が多くあります。読書ブログに取り組んでいる花水(hanami)ですが、本格的に…

夏におすすめの実用書 2018

夏こそ実用書で新しい知識を身につける 「夏におすすめの本」シリーズも、第5回になりました。今回は実用書を3冊紹介します。何かのテーマを持って選んだわけではありません。実用書の種類は「語彙力」、「図解思考」、そして「集中力はいらない」がテーマで…

夏におすすめの哲学と思想の本 2018

夏におすすめ哲学の本 重たく感じる本は夏なら落ち着いて読めますよ 「夏におすすめの本」シリーズ、第4回は「哲学と思想」の本です。哲学と思想というと難しい印象がありますが、難解な言葉を使っていない読みやすい本を選んでみました。私も読みやすい本が…

夏におすすめのサブカルと雑学の本 2018

会話のネタに、夏におすすめのサブカルと雑学の本はいかがですか? 「夏におすすめの本」シリーズ、第3回はサブカルと雑学の本です。サブカルの辞書的な意味は、「ある文化圏で主流ではない独特な文化」といわれ、漫画やアニメの文化を呼ぶ言葉として多く使…

夏におすすめの政治と経済の本 2018

夏におすすめ、知っていてためになる政治と経済の本 「夏におすすめのエッセイ」シリーズ、第2回は政治と経済の本。多くの本が出版されているAIから2冊、政治の世界で話題が耐えない忖度、そしてサブカルの想像力と資本主義という世の中がテーマの4冊を紹介…

夏におすすめのエッセイ 2018

夏におすすめの3冊のエッセイ 「夏におすすめの本」シリーズ、第1回はユニークなエッセイを3冊紹介しますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 夏におすすめの3冊のエッセイ 夏におすすめのユニークなエッセイ3冊 『焼き鳥の丸かじり』…

夏だから読書?「夏におすすめの本」シリーズを連載予定

「夏におすすめの本」シリーズを連載予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆様、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。ワールドカップ盛り上がってますね!サッカーは詳しくはないですが、次勝つか引き分けで決勝リーグ進出!楽しみな夏になりそ…

ツナグ 辻村深月 想いは、伝えられる環境のうちに伝えたい

ツナグ 辻村深月 著者 辻村深月 出版社 新潮文庫 分類 ファンタジー小説、エンタメ小説 出版日 2010/10/29 今回はベストセラー作家の辻村深月さんの代表作『ツナグ』を取り上げます。2012年に松坂桃季さん主演で映画化されたので、小説を読んだことのない方…

にほんブログ村 本ブログへ