本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

本の紹介

読んだ本をジャンルを問わずに紹介するコーナーです。

読書感想文におすすめの本10選〜高校生編

読書感想文におすすめのジャンル別の10選 夏休みが近づいてきましたね。地域によっては、もう夏休みになっているのでしょうか?夏休みといえば宿題がありますが、花水(hanami)が高校生の頃は「宿題があったことも忘れてしまう」ほどでしたよ。それでも、読書…

夏におすすめの小説 2018〜読書感想文にもぴったり

夏におすすめの小説 「夏におすすめの本」シリーズも7回目の今回で最終回です。最終回は、小説のお話。小説は、あまり細かく紹介していしまうとネタバレのおそれがあります。そのため、6つの作品をストーリーに細かく触れずに紹介させていただきますね。 夏…

夏におすすめの読書の効果と読書の価値を語る本 2018

読書の効果と現代の読書を語る3冊の本 「夏におすすめの本」シリーズも残り2回、第6回は読書がテーマの3冊の本を紹介しますね。世の中には読書術や読書論など、読書の方法を書いた本が多くあります。読書ブログに取り組んでいる花水(hanami)ですが、本格的に…

夏におすすめの実用書 2018

夏こそ実用書で新しい知識を身につける 「夏におすすめの本」シリーズも、第5回になりました。今回は実用書を3冊紹介します。何かのテーマを持って選んだわけではありません。実用書の種類は「語彙力」、「図解思考」、そして「集中力はいらない」がテーマで…

夏におすすめの哲学と思想の本 2018

夏におすすめ哲学の本 重たく感じる本は夏なら落ち着いて読めますよ 「夏におすすめの本」シリーズ、第4回は「哲学と思想」の本です。哲学と思想というと難しい印象がありますが、難解な言葉を使っていない読みやすい本を選んでみました。私も読みやすい本が…

夏におすすめのサブカルと雑学の本 2018

会話のネタに、夏におすすめのサブカルと雑学の本はいかがですか? 「夏におすすめの本」シリーズ、第3回はサブカルと雑学の本です。サブカルの辞書的な意味は、「ある文化圏で主流ではない独特な文化」といわれ、漫画やアニメの文化を呼ぶ言葉として多く使…

夏におすすめの政治と経済の本 2018

夏におすすめ、知っていてためになる政治と経済の本 「夏におすすめのエッセイ」シリーズ、第2回は政治と経済の本。多くの本が出版されているAIから2冊、政治の世界で話題が耐えない忖度、そしてサブカルの想像力と資本主義という世の中がテーマの4冊を紹介…

夏におすすめのエッセイ 2018

夏におすすめの3冊のエッセイ 「夏におすすめの本」シリーズ、第1回はユニークなエッセイを3冊紹介しますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 夏におすすめの3冊のエッセイ 夏におすすめのユニークなエッセイ3冊 『焼き鳥の丸かじり』…

夏だから読書?「夏におすすめの本」シリーズを連載予定

「夏におすすめの本」シリーズを連載予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆様、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。ワールドカップ盛り上がってますね!サッカーは詳しくはないですが、次勝つか引き分けで決勝リーグ進出!楽しみな夏になりそ…

ツナグ 辻村深月 想いは、伝えられる環境のうちに伝えたい

ツナグ 辻村深月 著者 辻村深月 出版社 新潮文庫 分類 ファンタジー小説、エンタメ小説 出版日 2010/10/29 今回はベストセラー作家の辻村深月さんの代表作『ツナグ』を取り上げます。2012年に松坂桃季さん主演で映画化されたので、小説を読んだことのない方…

ひかりばあちゃんの魔法が光る『ひかりの魔女』山本甲士

ひかりの魔女 著者 山本甲士 出版社 株式会社 双葉社 分類 エンタメ小説 出版日 2016/10/16 タイトルと表紙がほっこりしていて、思わずBOOK OFFで衝動買いした『ひかりの魔女』。山本甲士さんの描いた物語は高齢化社会で、多くの方に訪れるお年寄りとの同居…

ジェノサイド 高野和明 それぞれの存在する理由

ジェノサイド 高野和明 著者 高野和明 出版社 角川書店 分類 サスペンス小説 SF小説 出版日 2013/12/25 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ジェノサイド 高野和明 傭兵と大学院生の2人の主人公 非日常に身を置く傭兵イェーガー 身近な大学…

読書感想文にお勧めしたい小説3冊を紹介

読書感想文にお勧めしたい3冊の小説を紹介 今回のテーマは、夏休みには少し早いですが読書感想文のお話です。10代の読者さんや親御さんのお役に立てればと思い、「読書感想文シリーズ」を始めたのですが……。春休みの期間に間に合いませんでした。反省を生か…

九十歳何がめでたい 佐藤愛子さんのエッセイ『バッサリ編』

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ 出版日 2016/8/1 親しみのある毒舌、読者の気分をスッキリさせてくれる佐藤愛子さんのベストセラーエッセイを紹介。今回の『九十歳 何がめでたい』では、もちろん佐藤愛子さんの毒…

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子さんの思わず優しくなれるエッセイ『ほっこり編』

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ 出版日 2016/8/1 前回に続いて、佐藤愛子さんのベストセラーエッセイ『九十歳何がめでたい』を紹介します。佐藤愛子さんの親しみのある毒舌『バッサリ編』で、世の中の出来事を気持…

Webコンテンツの文章の勉強にもなる、大宮エリーさんの『生きるコント2』

生きるコント2 大宮エリー 著者 大宮エリー 出版社 株式会社 文藝春秋 分類 エッセイ 出版日 2012/3/10 前回で、大宮エリーさんのエッセイ『生きるコント』を紹介しました。今回の『生きるコント2』も『生きるコント』に負けないくらい面白いエピソードが満…

思い切り笑えるエッセイ『生きるコント』大宮エリー

生きるコント 大宮エリー 著者 大宮エリー 出版社 株式会社 文藝春秋 分類 エッセイ 出版日 2010/4/10 生きるコント 大宮エリー 笑いで気持ちが一気に暖まる大宮エリーさんの『生きるコント』 映画監督 大宮エリーさん 大宮エリーさんの経歴 大宮エリーさん…

ドラマでお馴染みの熱い中小企業『下町ロケット』池井戸潤

下町ロケット 著者 池井戸潤 出版社 株式会社 小学館 分類 ビジネス小説 出版日 2013/12/26今回は2年前にドラマ化されたことで有名な『下町ロケット』を紹介しますね。ドラマを見られた方も多いと思い、あらすじは説明する必要はないと思います。きっと多く…

初夏に読みたいビジネス書3冊

2018年 初夏に読みたい3冊のビジネス書 今回は、この夏に読みたいビジネス書を3冊紹介させていただきますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2018年 初夏に読みたい3冊のビジネス書 初夏に読みたい3冊のビジネス書 『スタンフォード大…

それぞれの進む道、人と人との『切れない糸』坂木司

切れない糸 著者 坂木司 出版社 創元推理文庫 分類 エンタメ小説、ミステリー小説 出版日 2005/5/25 私のイチ押しの作家さん、坂木司さんの“ひきこもり探偵三部作”以降の作品です。『切れない糸』は東京の下町を描いたシリーズで、今作では主人公の大学生新…

家族との向き合い方を見つめ直す 『ウィンター・ホリデー』坂木司

ウィンター・ホリデー 著者 坂木司 出版社 文藝春秋 分類 ミステリー小説 出版日 2014/11/7 前作『ワーキング・ホリデー』の続編で、仕事と家庭生活を描いたホリデーシリーズ2作目が、この『ウィンター・ホリデー』です。 ウィンター・ホリデー 沖田大和、通…

ブログ初心者の方におすすめ!染谷昌利さんの『世界一やさしいブログの教科書1年生』の紹介

世界一やさしいブログの教科書1年生 著者 染谷昌利 出版社 株式会社 ソーテック社 分類 実用書 ビジネス書 出版日 2016/8/1今回は私自身も1年間活用して、今でも役に立っている『世界一やさしいブログの教科書1年生』を紹介します。「どうやってブログを運営…

レジェンド葛西紀明さんの人気の本『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方 著者 葛西紀明 出版社 東洋経済新報社 分類 ビジネス書、実用書 出版日 2017/12/28 レジェンド葛西紀明さんの『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつ…

2017年春 若手リーダーに薦めたい3冊の本

若手リーダーの悩みを解決する3冊の本 若手リーダーの悩みを解決する3冊の本 この春若手リーダー、先輩になる方 人の育て方を知っている人は少ない 仕事に熟練している人、教え方の上手い人 まだまだ根強い独自の方法 後輩指導の手本になる本を読んでおく 若…

家族や仲間と向き合うことの大切さを感じる『ワーキング・ホリデー』坂木司

ワーキング・ホリデー 著者 坂木司 出版社 文藝春秋 分類 ミステリー小説 出版日 2010/1/10 坂木司さんの本は、私のブログの中でも最も多く紹介させていただいている小説です。坂木司さんといえば、『青空の卵』のように日常ミステリーの作品の印象を持たれ…

身近な暮らしの謎を解き明かす!坂木司デビュー作『青空の卵』

青空の卵 著者 坂木司 出版社 創元推理文庫 出版日 2006/2/24 分類 ミステリー小説 「当ブログ初めての書評は私の今1番お気に入りの作家さんを取り上げます」そう言ったのは1年前、その後多くの作品を紹介させていただいている坂木司さん。日常の暮らしの中…

後輩指導の悩みを解決!行動科学マネジメントの本の紹介

行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 著者 石田淳 出版社 株式会社かんき出版 分類 ビジネス書 出版日 2011/6/21 行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 後輩指導の悩みに役に立つ1冊 リーダーの心得本の次は後輩指導や育成に悩んでいた 指導の…

2018年 今年の本屋大賞は『かがみの孤独』辻村深月

2018年本屋大賞は『かがみの孤独』辻村深月 本屋大賞は読書好き、本好きにとって芥川賞や直木賞以上に楽しみにされている文学賞ともいわれています。それは、本屋大賞の選考委員は本屋さんの店員さんであるためではないでしょうか?専門の作家さんや、出版社…

リーダーとはどうあるべき?新任リーダーの教科書に最適な1冊

シンプルだけど重要なリーダーの仕事 著者 守屋智敬 出版社 株式会社かんき出版 分類 ビジネス書、実用書 出版日 2015/10/25 シンプルだけど重要なリーダーの仕事 「リーダーとはどうあるべきか」を知りたかったリーダー未経験の私 職場に見習える方がいない…

安西先生の名言から後輩指導を学べる本

人を動かす安西先生の言葉 著者 遠越段 出版社 総合法令出版 分類 ビジネス書 実用書 出版日 2013/3/20 人を動かす安西先生の言葉 安西先生の名言覚えてますか? 安西先生って? 安西先生が現実社会に? 仮想の世界からも学べることはある 後輩育成の主役は…

にほんブログ村 本ブログへ