本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

仕事の不安、許せないことの対策〜「自分でできる」かを見きわめる

仕事の許せないことの原因は? 読書の豆知識「仕事の悩みはありますか?」こうした質問に日本国内の方の70%は、「ある」と答えられるようです。私ももちろん、仕事の悩みはあります。そこで、最近読んだ名取芳彦さんの『下町和尚の生き方放言 許せないを気に…

北の桜はまた来年

桜は初夏の風物詩 季節外れですが、春に撮影した桜のお話をさせていただきますね。おまたせしました、GWも終わりの頃にお散歩に出かけたとき、ちょうど見頃だった「しだれ桜」。新しいスマホで撮影した桜をお楽しみくださいね。 桜は初夏の風物詩 北国の桜は…

日ごろの許せないことを解決してくれる『下町和尚の生き方放言 許せないを気にしない。』名取芳彦

『下町和尚の生き方放言 許せないを気にしない。』 著者 名取芳彦 出版社 株式会社佼成出版社 分類 実用書 出版日 2021/1/30 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすいお久しぶりの本の紹介。再開させていただくにあたり、多くの方の不安に答えてくれる本を選ばせてい…

アリの仕事初めと働きアリの法則

アリの仕事初め 執筆作業(秘密の)が続いていたので、なかなか更新できなかった花水(hanami)です。5月のはじめに更新予定だった記事が、用事を終えてみると月末に……。北国のGW前後のある暖かい日、春の暖かい日になると歩道の上にアリさんが姿を表してくれ…

ウクライナ危機を考えた3月~書き綴って平和を願う

平和の桜が散らないために… 桜の花は春に咲いて、次の春までは見ることができない。平和の桜があるとしたら、その桜を散らせてはならないんだと思います。例年なら、本屋大賞予想を更新する3月。今年は、国際的な出来事を書き綴っていました。 平和の桜が散…

侵略戦争が受け入れられない理由~世界共通の3つの悪事

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう4つの理由 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さいウクライナ危機で、善良なウクライナと悪のロシアに見えてしまうことをテーマに4回のお話を書かせていただきました。 今回は、全4回をまとめ、「なぜ侵…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?人の心はあるのか?

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~人の心があるか 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻のニュースを見るたびに、ロシア側の残酷な攻撃が報道されています。民間人への攻撃を見て、ロシア側を支持したい…

ウクライナが善でロシアが悪に見える理由?情報の真実と嘘

ウクライナが善でロシアが悪に見えてしまう理由~明るい真実は好まれ、暗い嘘は不気味 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻は、インターネットを利用したゼレンスキー大統領の呼びかけで世界中が知ることとなります。戦…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?一方的な無理強いは悪いこと

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~一方的という悪 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さいウクライナ危機では、ウクライナが良い側でロシアが悪い側に見えるのは、世界の共通認識のようです。私にも、そう見えます。今回は、ロシア側…

ウクライナが善良でロシアが悪に見える理由?強い側の理不尽なパワハラ構造

ウクライナが善良でロシアが悪に見えてしまう理由~強い側と弱い側 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ウクライナ側が善良な正義、ロシア側が残酷な悪。そう見えてしまう理由に、ウクライナとロシアの軍事力の大きな差があります。私のように軍…

戦争犯罪とは?a項・b項・c項3つののまとめと新しいd項の提案

戦争犯罪の定義と新しい提案 反戦画像、英語版 民間人の被害が増えているウクライナ危機。侵略戦争を受けたウクライナと世界各国からは、ロシアの行動が戦争犯罪に当たると非難されています。今回は、本を参考に戦争犯罪についてまとめてみました。また、私…

ロシアのウクライナとブラック企業・モラハラ問題はそっくり

一方に悪意があるなら「話し合いで解決」は難しい 反戦画像、英語版戦争も身近なトラブルも、一方に悪意があるなら「話し合いで解決」は難しいと思います。なぜなら「話し合いで解決」できることは、同じ価値観と解決したい物事が近い場合に成り立つからです…

ロシアの侵略戦争と世代間ギャップ

世代間ギャップで起こる侵略戦争 戦争反対画像、英語版※画像はご自由に拡散下さい ロシア軍のウクライナ侵攻は、国連総会で非難決議が出されるほどの一方的な侵略戦争というのが世界の共通です。テレビはもちろん、SmartNewsなどのインターネットニュースで…

ロシア軍のウクライナ侵攻を非難します

平和を望まれるウクライナへ 毎月1の日は、ブログの更新予定のお知らせをさせていただいておりました。今月は、2022年2月24日に始まったロシア軍のウクライナ侵攻への非難、ウクライナ国民の方へのお見舞いを掲載させていただきます。【English translation …

【速報】今村翔吾さん『塞翁の盾』、米澤穂信さん『黒牢城』が第166回直木三十五賞受賞

第166回直木三十五賞は今村翔吾さんと米澤穂信さんが受賞 2022年1月19日、東京都内で第166回直木三十五賞が発表されました。受賞作は、今村翔吾さん『塞翁の盾』、米澤穂信さん『黒牢城』がダブル受賞直木三十五賞受賞おめでとうございます! 『塞翁の盾』今…

第166回直木三十五賞に逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想

第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 2022年上半期の第166回直木三十五賞は、逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想します。 第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 直木賞受賞予想…

2022年上半期 第166回直木三十五賞候補作品を比べてみます

第166回直木三十五賞ノミネート作品 第166回芥川龍之介賞と直木三十五賞は、1週間後の1月19日に発表されます。2022年の上半期は、直木三十五賞の受賞予想をさせていただきます。今回は、予想を前にノミネート5作品をレビュー数と作家さんの受賞歴で比べてみ…

2022年上半期 第166回直木三十五賞のノミネート5作品

第166回直木三十五賞ノミネート作品 今年最初の読書のイベントは、なんと言っても第166回芥川龍之介賞と直木三十五賞です。今回は、書籍として出版されている直木三十五賞ノミネート作品を取り上げてみましたよ。 第166回直木三十五賞ノミネート作品 第166回…

読書ブログ1月の更新予定 2022

2022年1月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、今年もよろしくお願いいたします。読書家 花水由宇(hanami yuu)です。なんだか、あっという間の年末年始でしたね?花水(hanami)も穏やかに過ごせましたよ。 2022年1月の更新予定 今…

冬にレトロな世界観に包まれる4つの物語 2021

レトロな世界観で暖まる4つの物語 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテーマに「小説」…

冬から小説家デビュー?作家を目指す方が読みたい本 2021

作家デビューに欠かせない3冊の本 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテーマに「小説」…

冬におすすめ!穏やかに過ごす考え方の本 2021

冬に穏やかで冷静な日々をおくれるかは大掃除にあった 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」…

冬におすすめ!希望が沸くエッセイ 2021

冬から春へ希望が生まれる1冊 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテーマに「小説」、「…

冬に知りたい!その時、そこで何があったのかがわかる本 2021

冬に知りたいその時、そこで何があったのか?が書かれた本 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた…

冬におすすめ!変化に備えたいビジネス書 2021

冬から春へ向けた変化についていけるビジネス書 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテー…

冬におすすめ!防犯と防災の実用書 2021

冬から春へ向けた防犯の実用書3冊 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテーマに「小説」…

作家になりたい人に必要なマニュアル『超・戦略的!作家デビューマニュアル』

『超・戦略的!作家デビューマニュアル』 著者 五十嵐貴久 出版社 株式会社PHP研究所 分類 実用書 出版日 2017/8/24 読みやすさ ☆☆★読みやすい 今月の本は、小説家になりたい方、ネット小説で作品投稿をされている方におすすめの「作家になるためのマニュア…

2021年少年法改正でも残る責任能力と年齢の壁

少年法改正はにもう1つ 2021年の春頃、ニュースでは「少年法改正」が取り上げられていました。先日も14歳の容疑者が同級生を殺してしまう痛ましい事件があり、少年法が再び議論されています。厳罰主義といわれる花水(hanami)は、少年法はいらないと思うので…

読書ブログ12月の更新予定

2021年12月の更新予定 芝桜? 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。読書の秋に浸っていたら、北国には雪が降りました。いよいよ、『冬におすすめの本』コーナーの季節ですよ。 2021年12月の更新予定 今…

雪の舞う晴れた空は秋と冬の交差点

秋と冬の交差点 いよいよ雪が舞った北国の空。秋の日と冬の日が交互に繰り返され、季節の交差点にいるみたいです。 秋と冬の交差点 雪が舞う朝と鍋の美味しい夜 灯油と電気の値上がりは… 穏やかな年末に向けて 雪が舞う朝と鍋の美味しい夜 北国では、曇りの…

にほんブログ村 本ブログへ