本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

それでも過去に戻る?映画化されたベストセラー コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに 川口俊和 著者 川口俊和 出版社 サンマーク出版 分類 小説 出版日 2015/12/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい カウンターと、テーブルが3席のこじんまりとした喫茶店。テーブルの1席には、常連のワンピースの女性が毎日変わらず本を読む…

「ロマン」を価値観に集う5人のギャングの物語、伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 祥伝社 分類 ミステリー小説 出版日 2008/9/5 読みやすさ ☆☆★読みやすい伊坂幸太郎さんの代表作というと『グラスホッパー』や『マリアビートル』が有名ですよね。以前、紹介させていただいた…

占い師と悩み事を抱えるお客さんの、ほんのり暖かくなる物語『強運の持ち主』

『強運の持ち主』 著者 瀬尾まいこ 出版社 株式会社 文藝春秋 分類 エンタメ小説 出版日 2009/5/10 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい2017年に映画化された『僕らのごはんは明日で待ってる』、原作の著者 瀬尾まいこさんをご存知の方もいらっしゃるのでは?『…

読書の仕方と本選び、つまらないと思う本との向き合い方は?『読書の価値』森博嗣より

『読書の価値』森博嗣 著者 森博嗣 出版社 NHK出版 分類 実用書、思想・哲学 出版日 2018/4/10 読みやすさ ☆★★少し難しい前回の紹介に続き、森博嗣さんの『読書の価値』を紹介させていただきます。第1回のテーマは、「読書の価値観」を知ることでした。森博…

読書の価値観を探す 森博嗣さんの『読書の価値』より

『読書の価値』森博嗣 著者 森博嗣 出版社 NHK出版 分類 実用書、思想・哲学 出版日 2018/4/10 読みやすさ☆★★少し難しい今回は、森博嗣さんの『読書の価値』。『すべてがFになる』で有名な、作家の森博嗣さんが思われる「読書の価値観」が書かれた作品。紹介…

世の中や他の人の行動にイライラしたら〜自分は募金をしよう

世の中へのイライラにどう向き合うか ニュースでは、マスクをしないで出歩く人の姿、夜の街での感染拡大、昼カラで感染が広まった話題。「また自粛生活になったらどうするの!?」「自分のことだけ考えて!こっちは収入が減ったのに!」こうしたマナー違反や…

歴史的な出来事と地域で学び直せる戦国史の教科書

図説 一冊で学び直せる戦国史の本 著者 後藤武士 出版社 株式会社 学研プラス 分類 実用書 出版日 2019/12/31 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今日は、花水(hanami)にしては珍しく解説書を紹介させていただきます。後藤武士さんが書かれた、戦国時代の解説…

読書ブログ6月の運営報告

2020年6月のブログ運営報告 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。2020年6月の運営報告をさせていただきます。 2020年6月のブログ運営報告 ブログの取り組み 記事 更新 SEO 収益 運営成果 読者登録数 pv…

災害に役立つ防災の本〜停電を経験した読書ブログより

災害に役立つ防災の本特集 台風15号と19号は、関東地方に大きな水害と停電、家屋の倒壊をもたらしました。今回の台風で被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。情報を発信する1人として、何かお役に立てることはないかと思い、災害に備えて役に立つ防災…

まわれブロガーバトン!もっと広まりますように

ブロガーバトンが回ってきた InstagramにTwitter、facebookで話題の○○バトン。ブログにもブログバトン、ブロガーバトンというものがあります。今回、ブロガーバトンが回ってくる機会に恵まれたので、さっそく書いてみますね。 ブロガーバトンが回ってきた ブ…

曖昧な言葉で起こる「勘違い」

新型コロナは「勘違い」で感染する? 緊急事態宣言の解除後、世の中のあちこちで新型コロナが広まってきました。もしかすると、私たちの「勘違い」が感染を広める原因になっているのかも? 新型コロナは「勘違い」で感染する? 1人1人の勘違いが感染を広める…

織田信長が令和の現代に来たら読みそうな本

織田信長と読書 「あの人なら令和の時代何を読む?」生きていた時代の違う偉人の「あの人」が、もし令和の現代にタイムスリップしたなら「どんな本を読む」のかをテーマにしたシリーズ。書いていてとても楽しいので、さっそく第2回で織田信長を取り上げてみ…

読書ブログ7月の更新予定

2020年7月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。1の日恒例の更新予定をお知らせさせていただきますね。 2020年7月の更新予定 今月は 7月の読書のイベントは芥川賞予想と速報の発表 読書コラム…

楽しみの夏へ向かう2020年6月の振り返り

我慢の春から楽しみの夏へ 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。6月もなんだかあっという間でしたね。今年は、イベントがなかった分余計に早かった気がします。 我慢の春から楽しみの夏へ 国民目線では…

自分が誰かに向けた優しさは、知らない間にもらっていた優しさ

優しさは返ってくることはないけれど… 今日は、「優しさは返ってくる?」をテーマにエッセイを綴らせていただきますね。 優しさは返ってくることはないけれど… 優しさが返ってくることはほとんどない それでも周りを優しい気持ちにできる 巡り巡って戻ってく…

feedlyの登録とアイコンの設置方法

feedlyの登録 ブログを始めて間もなくの頃、とりあえず登録したfeedly。その後、記事のトップ画像に表示されたりと不具合が続いてボタンを外してしまいました。HTMLとデザインのことが少しだけわかるようになってから、改めてRSSリーダーのfeedlyボタンを設…

文章の書き方を見直す〜文章構成の3つの方法と校正の6つの方法

文章の書き方を見直す方法 文章を書く練習中の花水(hanami)が送る、「文章の書き方」シリーズ。第3回のテーマは「書いた文章をどうやって見直すか?」、書くことよりもさに「読みやすい」「伝わりやすい」につながる見直し作業です。書籍に登場する言葉を多…

文章の書き方の工夫〜上手に見える3つの書き方

文章が「上手に見える」3つの書き方 「上手に見える文章」ブログで書く文章も上手に見えればいいのにな。文章を書く練習中の花水(hanami)が送る、「文章の書き方」シリーズ。今回は、応用編。文章の書き方を工夫し「上手に見える」文章の例を書いてみました…

第163回芥川賞は予定通り〜候補作5作品が発表

第163回芥川賞候補作品 第163回芥川龍之介賞は、予定通り7月15日に発表されることが決まりました。公式サイトでは、5作の候補作品が発表されています。 第163回芥川賞候補作品 芥川賞受賞の予想は難しい 芥川賞候補作品 『赤い砂を蹴る』石原燃 『アウア・エ…

陽気な5人はギャングで強盗団 伊坂幸太郎さんの「陽気なギャング」シリーズ

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 祥伝社 分類 ミステリー小説 出版日 2002/2/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 陽気な5人のギャングの日常 成瀬 響野 久遠 雪子 祥子 強盗は日常の中に 横…

ブログがバズる仕組みと方法〜スマニュー砲やGoogle砲

はてなブログのバズる仕組み 「バズる」ブログなどのWebサイトを運営されている方にとって、とても嬉しい現象です。花水(hanami)も1年に何回かバズることがあり、ブログの運営に大きく影響しています。今回は、「はてなブックマーク」「スマニュー砲」「Goog…

キャンプやアウトドアに役立つ本の紹介

キャンプやアウトドアに役立つ8冊の本 読書ブログには合わない内容だと思いますが、アウトドアを1年の楽しみにしている花水(hanami)。アウトドアのお話と読書が合わさったテーマを考えたときに思いつきました。本屋さんの立ち読みで、よく読んでしまうアウト…

日本ハムファイターズを応援!

お題「#応援しているチーム」 がんばれ日本ハムファイターズ 今日は、はてなブログのお題「#応援しているチーム」をテーマに、北国の野球チーム日本ハムファイターズについて綴らせていただきますね。 がんばれ日本ハムファイターズ 野球に興味がなかったの…

明智光秀が現代に来たら〜令和の時代で読みそうな本

明智光秀と読書 「あの人なら令和の時代何を読む?」生きていた時代の違う偉人の「あの人」が、もし令和の現代にタイムスリップしたなら「どんな本を読む」のかをテーマにしたシリーズを始めます。シリーズ1回目は、大河ドラマで話題の明智光秀に登場してい…

流れ星にする願い事は「常に心に思う」ことで現実になる

流れ星に願い事は難しい 先日、いつも外を向いている我が家のリビングから見えた流れ星。私は、流れた後の線が少し見えたくらいでした。流れ星に願い事をするのって難しい?ふと思ったことを綴ってみますね。 流れ星に願い事は難しい 流れ星に3回願い事をす…

新型コロナで浮き彫りになった日本の仕組みの悪さ〜身勝手と勘違いのしわ寄せが子どもも医療従事者に…

コロナ問題は「仕組み」が悪い 東京アラートは解除になり、まだまだ一部ですが、楽しみも増えてきましたね。楽しみが増えてきたのはいいことなのですが、元々の悪い「仕組み」も戻ってきたのではないでしょうか? コロナ問題は「仕組み」が悪い コロナで浮き…

真夏におすすめの本 2020

真夏におすすめの本のまとめ 2020年 季節の本、「真夏におすすめの本」のコーナーを今年も更新させていただきました。興味が湧く、読みたくなる1冊は見つかりましたでしょうか? 真夏におすすめの本のまとめ 2020年 真夏におすすめの本のまとめ 暑くても読め…

伊坂幸太郎人気作品 陽気なギャングシリーズの3人の小悪党に迫る

伊坂幸太郎「陽気なギャング」シリーズの個性的な小悪党を振り返る 「登場人物を深読みする」がテーマのお話、第1回は伊坂幸太郎さんの人気作品「陽気なギャング」シリーズを選んでみました。登場人物といっても、今回は主人公やライバル役ではなく、深読み…

真夏におすすめ 世界観に浸れる6冊の物語 2020

真夏におすすめの6冊の小説 「真夏におすすめの本2020」第7回は、毎回恒例の小説の紹介コーナーです。「世界観に浸れる」をテーマに6冊を選んでみましたよ。 真夏におすすめの6冊の小説 世界観に浸れる小説 真夏におすすめの小説 『くらげが眠るまで』木皿泉…

偉人を語り継ぐノンフィクション〜志村けんと「変なおじさん」

真夏におすすめの3冊のエッセイ・ノンフィクションの本 「真夏におすすめの本2020」第6回は、エッセイとノンフィクションの本です。「語り継がれる人」をテーマに3冊を選んでみましたよ。 真夏におすすめの3冊のエッセイ・ノンフィクションの本 ノンフィクシ…

にほんブログ村 本ブログへ