本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

登場人物に注目しながら読みたい4つの短編集『世にも奇妙な君物語』浅井リョウ

世にも奇妙な君物語 著者 浅井リョウ 出版社 株式会社 講談社 分類 ミステリ小説 出版日 2018.11.15 読みやすさ ☆☆★ 今日は、「そろそろ新しいミステリ小説を読みたくなった」「少しだけ刺激が欲しい」方におすすめの本を紹介させていただきますね。『桐島、…

ロケット打ち上げに命をかけた人がいた

1つのことに打ち込める姿 今日は、アメリカで自家製ロケットの研究をされていた方のエピソードを取り上げてみます。テーマは、1つのことに打ち込んだ人生にしていますね。 1つのことに打ち込める姿 自作ロケットに乗って宇宙を目指したアメリカ人男性 打ち込…

読書ブログ2020年3月の運営報告

2020年3月のブログ運営報告 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。2020年3月の運営報告をさせていただきます。 2020年3月のブログ運営報告 ブログの取り組み 記事 更新 SEO 収益 運営成果 読者登録数 pv…

世界で通用するジョークで見る非常事態に強い国

非常事態に強い国は? 「世界で通用するジョーク」という話題で、世界最強の組織を作るには、どこの国の将軍・将校・下士官兵の組み合わせが良いのかというお話を見かけました。これは、そのまま国の仕組みにも当てはまるものだなぁと思い、例えを変えてみま…

読書ブログ2020年4月の更新予定

2020年4月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。1の日恒例の更新予定をお知らせさせていただきますね。 2020年4月の更新予定 今月の本は「陽気なギャングシリーズ」 読書のイベントは「本屋大…

世界中の人が苦労した2020年3月

2020年3月の振り返り 2020年3月は、日本だけではなく世界中の人々が苦労された1カ月でした。 2020年3月の振り返り 新型コロナウイルスが世界に広まる 我慢しているのは若者では? 志村けんさんをはじめご不幸に見舞われた方にお悔やみを申し上げます 東京オ…

春におすすめの7冊の本 2020年

春におすすめの本のまとめ 2020年 春におすすめの本コーナー、予定していた本を全て紹介させていただくことができました。3月は、新社会人の方向けの本を多く紹介させていただく予定でしたが、臨時休校でお子さんと過ごされる方も多いと思い、「親子で読める…

緊急事態とベーシックインカム

緊急事態に備えてベーシックインカムにしておけば良かった 新型コロナウイルスが世界に広まったことで、いよいよ私たちの仕事や収入に大きく影響するようになりました。政府は、なんらかの補償を予定しているとだけしか発表しておらず、私たち国民の期待には…

2020年本屋大賞は『medium霊媒探偵城塚翡翠』を1位に予想

2020年本屋大賞は『medium霊媒探偵城塚翡翠』と『ライオンのおやつ』が1位と2位の接戦 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、おまたせしました。本屋大賞1位予想を発表します。2020年本屋大賞1位を受賞される作品は………『medium霊媒探偵城塚翡…

春を感じられるおすすめの小説6作品

春におすすめの小説 「春におすすめの本2020」シリーズ。第7回は、春らしいをテーマに6冊の小説をお届けしますね。 春におすすめの小説 春らしい小説・今すぐ読みたくなる小説 『ツナグ 想い人の心得』辻村深月 『ライオンのおやつ』小川糸 『最高の任務』乗…

更新とリライトのお知らせ

https配信に伴う更新のお知らせ 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧いただきありがとうございます。はてなブログの推奨により、2018.2.21以前のページをhttps://の形式で配信させていただきます。staff.hatenablog.com更新に伴い、更新通知をされてい…

本屋大賞受賞予想アンケート!Twitterでは知念実希人さんの『ムゲンのi』が1位

本屋大賞予想にTwitterユーザーさんの力を借りる 本屋大賞2020、今回は受賞予想を当てたい読書家 花水由宇(hanami yu)。Twitterユーザーさんの力を借りるためにアンケートをさせていただきました。 本屋大賞予想にTwitterユーザーさんの力を借りる Twitterで…

人生の道を照らしてくれるエッセイ

春におすすめのエッセイとノンフィクション 「春におすすめの本2020」シリーズ。第6回は、エッセイとノンフィクション。「人生の道しるべ」をテーマに、3人の方のエッセイを取り上げさせていただきました。 春におすすめのエッセイとノンフィクション 生き方…

本屋大賞2020上位3作品を予想!

本屋大賞上位3作品を予想 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、おまたせしました。本屋大賞2020上位3作品を予想させていただいたので、発表いたします。 本屋大賞上位3作品を予想 本屋大賞予想の3つの視点 作家さんと作品の人気〜Amazonレビ…

本屋大賞の選考「面白さ」「売りたい」「お薦め」の3つの視点とは?

本屋大賞予想の3つの視点 本好きの方には待ち遠しい読書のイベント、本屋大賞2020の発表まで1カ月を切りましたね。本当に本が読みたくなる読書のブログでも、本屋大賞予想とノミネート作品の紹介で盛り上げさせていただいております。今回は、そろそろ受賞作…

新社会人の方におすすめの「仕事の説明書」

春におすすめのビジネス書・政治と経済の本 「春におすすめの本2020」シリーズ。4月から新社会人になる方、新社会人のサポートを任された先輩社会人の方向けのビジネス書を紹介させていただきます。 春におすすめのビジネス書・政治と経済の本 社会人の記念…

読書が続かない方にもおすすめの読書力・読書術の本

春におすすめの読書術の本2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。4回目は、読書の効果と読書術の本を3冊選んでみました。中でも『読書をプロデュース』で取り上げられている「併読」は、読書が長続きしない方に向いている読書術ですよ。 春におすすめの読…

新型コロナウイルス騒動の中、騒ぎを起こす不届き者

世界中が不安と落ち込みムードの中、不真面目で騒ぎを起こす人に厳罰を 新型コロナウイルは、未だ収まらずに拡大し続けています。新型コロナウイルスのお話は健康ブログ、政治の話題は時事ブログにお任せするとして、今回は倫理的な問題を取り上げみました。…

春は家族で身近な法律を勉強してみる

春におすすめの一般教養・サブカルと雑学の本2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。第3回は、一般教養・サブカルと雑学の本です。このジャンルは、いつもどんな本が紹介されるかは決まっていません。今回は、子どもでもわかる法律、世界のトイレ文化、戦…

春の読書は暮らしに活かせる考え方の本がおすすめ

春におすすめの考え方の本 「春におすすめの本2020」シリーズ。第2回の思想と哲学・考え方の本からは、3冊の本を紹介させていただきますね。難し過ぎず、すぐに暮らしに役立つ本を選んでみましたよ。 春におすすめの考え方の本 春は新しい考え方を取り入れて…

大人も子どもも身につけれる新しい勉強法

春におすすめの実用書2020 「春におすすめの本2020」シリーズ。第1回は実用書を紹介させていただきますね。世の中の騒動で長くなってしまった春休み。臨時休校になっている学生の方は、この機会に実用書を読んで新しいことを身につけてはいかがでしょう? 春…

2020年本屋大賞には10作品がノミネート

本屋大賞2020ノミネート作品 いよいよ来月は、2020年本屋大賞の発表ですね。本屋大賞は、全国の書店員さんが「いちばん売りたい本」を投票して決める本の賞です。専門家や作家さんが審査員を務める文学賞に比べて、私たち読書好きに近い価値観で選ばれていま…

世の中が混乱しているときに役立つ3つの考え方

新型コロナウイルスの混乱に役立つことが書かれていた 新型コロナウイルスで起こった世の中の不安と混乱。読書ブログとして役に立てることは、本に書かれていた先人の考えを紹介させていただくことかなと思います。混乱やデマに役立つ考え方を3つ紹介させて…

今村翔吾さん、呉 勝浩さんが第41回吉川英治文学新人賞を受賞

第41回 吉川英治文学新人賞が発表されました 2020年3月2日、第41回吉川英治文学新人賞が発表されました。今回の受賞者は、今村翔吾さん、呉 勝浩さんのと2人の作家さんが受賞されています。そして、読書家 花水由宇(hanami yuu)の予想は、やっぱり外れてしま…

物は誰のものでもない、地球からの借り物

すべてのものは地球からの借り物 今日は、夢で見た「いい考え」のお話です。起きる前に見た夢のためか、とても気持ちがよく内容も鮮明に覚えていたので書き残してみることにします。 すべてのものは地球からの借り物 夢の中の授業の風景 服は誰のもの? 物は…

本の購入額の多い地域は本屋さんも多い?

本の購入額と本屋さんの数 読書に県民性はあるのでしょうか?素朴な疑問の手がかりを探す連載コーナー、「読書と県民性」。第3回は、本の購入額と都道府県別の本屋さんの数を比べてみましたよ。 本の購入額と本屋さんの数 年間の本の購入額上位6位 都道府県…

読書ブログの運営報告2020年2月

2020年2月のブログ運営報告 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。2020年2月の運営報告をさせていただきます。 2020年2月のブログ運営報告 ブログの取り組み 記事 更新 SEO 収益 運営成果 読者登録数 pv…

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 相沢沙呼を第41回吉川英治文学新人賞に予想

第41回吉川英治文学新人賞は 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 相沢沙呼が有力候補 2020年3月に発表される吉川英治文学新人賞。おそらく来週に発表される文学賞ですが、知名度は読書好きの方でも半数程度。ノミネート5作品の中から、読書家 花水由宇(hanami yuu)…

読書ブログ2020年3月の更新予定

2020年3月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。1の日恒例の更新予定をお知らせさせていただきますね。 [contents] 今月の本は春に読みたい本特集 今月の本は、春に読みたい本特集です。7つの…

令和2年2月の出来事

激動の2月とブログ不況 2月は、新型コロナウイルス関連のニュースばかりでしたね。令和初の天皇誕生日があり、そういうお話もさせていただきたかったのですが、テレビもネットニュースもラジオもほとんどが新型コロナウイルスばかりですね。 激動の2月とブロ…

にほんブログ村 本ブログへ