本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

読書の豆知識、読書勉強法

読書の方法や、読むことの豆知識、読書で得られることについて書いています。

電撃小説大賞~日本最大の新人文学賞に選ばれる受賞作品とは?

電撃小説大賞のお話 読書の豆知識 ノンジャンル小説を募集する新人文学賞特集、第4回は日本最大規模の新人文学賞として多くの小説家が集まる電撃小説大賞です。日常を描いた作品からファンタジー小説まで、本当に幅広い作品が選ばれる電撃小説大賞をまとめて…

ポプラ社小説新人賞~気持ちが伝わるリアルな人間関係のストーリー

ポプラ社小説新人賞のお話 読書の豆知識 ノンジャンル小説を募集する新人文学賞特集、第3回はほっこりする作品が人気のポプラ社小説新人賞を取り上げてみました。過去3年間の受賞作品と、惜しくも選ばれなかった作品のその後から募集される作品に求められて…

ノベル大賞~世界観豊かなライト文芸作品の発掘する新人文学賞の作風

集英社オレンジ文庫 ノベル大賞のお話 読書の豆知識 ノンジャンル小説を募集する新人文学賞特集、第2回はライト文芸を発掘する集英社オレンジ文庫ノベル大賞を取り上げてみました。過去3年間の受賞作品と、三浦しをんさんをはじめとした選考委員の書評をもと…

小説野生時代新人賞~過去3年間の受賞作品が見せた大衆文学の登竜門

小説野生時代新人賞のお話 読書の豆知識 ノンジャンル小説を募集する新人文学賞特集、第1回は新人小説家の方の登竜門と呼ばれている小説野生時代新人賞です。過去3年間の受賞作品と選考委員の書評から、どんな作風の小説が生まれたのかをまとめてみましたよ…

注目の新人文学賞~中編小説を公募するジャンルを問わない文学賞

大衆文学で「ジャンルを問わない」中編小説を公募する新人文学賞 読書の豆知識 純文学の6つの新人文学賞を除いて、作品を公募する文学賞を調べてみると、あることに気がつきました。公募の新人文学賞はたくさんあるのですが、中編小説で「ジャンルを問わない…

注目の新人文学賞~純文学5大文芸誌+1の文学新人賞

純文学の新人文学賞は中編小説を公募 読書の豆知識中編小説を募集している新人文学賞を調べていると、特に知名度の高い6つの文学賞が見つかりました。大手の出版社が主催する文藝賞、すばる文学賞、新潮新人賞、文學界新人賞、群像新人文学賞と太宰治賞の6つ…

発想の切り替えに最適な考え方「ずらす法」とは?

発想の切り替え「ずらす法」 ビジネス書や実用書の出版に携わられている柿内尚文さんの『パン屋ではおにぎりを売れ』には、普段の暮らしでも役に立つ「考え方」が紹介されています。今回は、その中の1つで「発想の切り替え」ができる「ずらす法」に取り組ん…

読書ブログの本探し~読書取材の目的と4つの方法

読書取材は読書ブログに欠かせない ビジネス書や実用書、小説やエッセイなど本の紹介、読書術のノウハウのお話しを読書ブログで取り組まれている方は多いと思います。当ブログも開設から3年が過ぎようとしていて、最初の頃より経験を積んだ読書ブログへ成長…

『パン屋ではおにぎりを売れ』に書かれていた論理的思考と非論理的思考の2つの違い

考える技術とは? 読書の豆知識 今回の読書の豆知識は、「令和の考え方図鑑」といえる『パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法』から、論理的思考と非論理的思考の違いについてまとめさせていただきましたよ。 考える技術とは? 『パン屋…

夢が物語になる〜朝起きて夢を物語にする4ステップ

寝て見る夢の物語の綴り方 今日は夢見がちで妄想家な花水由宇(hanami yuu)が、見た夢を綴った短い物語の書き方のお話をさせていただきますね。 寝て見る夢の物語の綴り方 夢が物語になる 夢日記というもの 夢を綴って物語にする4ステップ 登場人物と風景をイ…

ビジネス書は戦国時代から読まれていた

ビジネス書は戦国時代から経営者や労働者に読まれていた 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆様、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。今回は「ビジネス書は戦国時代から読まれていた」というテーマです。ビジネス書といっても、私たちが読んでい…

読書がストレス解消に役立つ理由と本選び

読書がストレス解消に役立つ理由と本選び 読書がストレス解消になる。そう言われると、読書好き本好きの方だけのように思えます。実は、読書がストレス解消に役立つ効果は、ストレス対策の専門機関からの報告でも音楽や散歩よりストレス解消につながるという…

新聞を読むことがおすすめな理由

新聞3つのメリット 新聞の購読数は、紙の本の出版数よりもさらに下がり続けています。職場で共有して読む経済紙を除くと、定期購読している家庭は40%を下回るほど………。そこで、今回は新聞を読むことのメリットのお話をまとめてみましたよ。 新聞3つのメリッ…

時の流れを表す悠久と郷愁の違いと共通点

悠久と郷愁 観光地のCMや旅番組が増えてきたからか、ある言葉を見かける機会が増えたように思えます。それは、悠久(ゆうきゅう)と郷愁(きょうしゅう)。2つの違いと共通点に迫ってみますね。 悠久と郷愁 悠久(ゆうきゅう)とは? 郷愁(きょうしゅう)とは? 悠…

文章と文書の違いは〜書かれた内容か物かの違い

文章と文章の違い 文章力や公文書と普段から身近に使う「文章」と「文書」という言葉。文章力に関する本を紹介させていただく読書ブログでは、意味をしっかりと押さえておきたいところです。そこで、2つの違いを調べてみましたよ。 文章と文章の違い 文章と…

小説の世界観と舞台設定を伝えるときに役に立つ言葉〜幻想的と現実的

幻想的と現実的 今日の読書に関する言葉は、「幻想的」と「現実的」です。空想の世界で暮らすことが多い私にとって、幻想的な世界は現実的なこの世と大きな違いはないのかもしれません。 幻想的と現実的 幻想と現実 幻想とは? 現実とは? 小説の解説や書評…

叙情的と叙事的の文章表現の違い

叙情的と叙情的の違い 風景が目の前に広がるような叙情的な描写、小説について書いていると、叙情的と叙事的という文章表現を見かけます。見た目はそっくりなのですが、叙情的と叙事的では文章の役割も表現も全く違います。今回は、実際に本に書いてある文章…

抽象的な情報を具体的に理解している私たち

抽象的な表現を具体的に理解する 読書の豆知識のお話で「抽象的」と「具体的」の違いについてお話しさせていただきました。今回は、参考にさせていただいた本を元に私たちが情報を理解する仕組みについてまとめてみます。 抽象的な表現を具体的に理解する 世…

抽象的な表現と具体的な情報の受け止め方の違い

抽象的な伝え方にモヤモヤして具体的だとイラッとする テレビやネットで目にする抽象的な表現にモヤモヤすることも、具体的な情報に当てはまったときにイライラすることってありませんか? 抽象的な伝え方にモヤモヤして具体的だとイラッとする 抽象的な伝え…

抽象的と具体的は伝える相手「広さ」と内容の「現実感」が違う

抽象的と具体的の違い 抽象的な表現って身の回りに多くありませんか?テレビやネット、もちろん本にも抽象的な表現は使われています。今回は、抽象的と具体的の違いを本に書かれていた内容を元に“具体的”にまとめてみましたよ。 抽象的と具体的の違い 抽象的…

民主主義と資本主義の微妙だけど大きな違い

民主主義と資本主義の違い お隣の国 中国と香港の自由化を巡る問題で度々登場するのが、民主主義や資本主義、社会主義や共産主義ということばです。社会科の授業で習ってからしばらく経って、何となく知っていてもどこか曖昧。1度、本で振り返ってみることに…

書籍の原価は50%〜フリマサイトや中古本は原価割れではなかった

書籍の原価は? 読書家の花水(hanami)は、新品の本ばかり買っていては予算がいくらあっても足りません。そこで、1年間で読む本の半分近くはメルカリや中古本で購入しています。ふと気になったのは、本の原価です。メルカリでは最低価格300円、古本屋さんでは…

ノスタルジックとレトロの表現の違い

ノスタルジックとレトロの違い 昔の風景を表現するときに使われる「ノスタルジック」と「レトロ」という言葉。同じように思えて、どこかに違いがあるのでは?そう思い調べて見ましたよ。 ノスタルジックとレトロの違い ノスタルジックとレトロの意味は? ノ…

文章の書き方を見直して、文章力を磨く取り組み まとめ

文章の書き方を見直して、文章力を磨ける3つのステップ ブログの執筆やWebライティングで培った文章力。参考にさせていただいた本を元に、1度まとめてみました。 文章の書き方を見直して、文章力を磨ける3つのステップ 文章力を磨く3つのステップ シンプルで…

読書勉強法のやり方と流れ

読書勉強法のやり方 このブログを始めてから間もない頃に書いた「読書勉強法」のお話。はじめて書いてから1年以上経ち、内容が変わった部分や読みづらい箇所を大幅リニューアルしました。新しく変わった内容や、読みづらい箇所は書き換えて、お役に立てるお…

世の中や他の人の行動にイライラしたら〜自分は募金をしよう

世の中へのイライラにどう向き合うか ニュースでは、マスクをしないで出歩く人の姿、夜の街での感染拡大、昼カラで感染が広まった話題。「また自粛生活になったらどうするの!?」「自分のことだけ考えて!こっちは収入が減ったのに!」こうしたマナー違反や…

文章の書き方を見直す〜文章構成の3つの方法と校正の6つの方法

文章の書き方を見直す方法 文章を書く練習中の花水(hanami)が送る、「文章の書き方」シリーズ。第3回のテーマは「書いた文章をどうやって見直すか?」、書くことよりもさに「読みやすい」「伝わりやすい」につながる見直し作業です。書籍に登場する言葉を多…

文章の書き方の工夫〜上手に見える3つの書き方

文章が「上手に見える」3つの書き方 「上手に見える文章」ブログで書く文章も上手に見えればいいのにな。文章を書く練習中の花水(hanami)が送る、「文章の書き方」シリーズ。今回は、応用編。文章の書き方を工夫し「上手に見える」文章の例を書いてみました…

新書の意味と若者が勧められる理由

新書って何? 単行本、文庫本、長編小説、短編集、本にはいろいろな呼び方があります。今回の豆知識は「新書」をテーマにお送りしますね。 新書って何? 新書は新書判と呼ばれる大きさの本 ブックスとノベルズの2つの意味 新書、ブックスはノンフィクション …

小説の種類とジャンル、作風と長さと内容の違い

小説の種類とジャンル、作風と長さと内容での分け方 このページは、「純文学」「大衆文学」といった小説の種類。「ミステリー」「青春小説」といった作品のジャンルのまとめのお話です。 小説の種類とジャンル、作風と長さと内容での分け方 小説は作風で純文…

にほんブログ村 本ブログへ