本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

小説

暖かい物語を中心に、ミステリ、経済小説などジャンルを問わず小説を紹介しています

加賀恭一郎目線で嘘を暴く短編集『嘘をもうひとつだけ』東野圭吾

『嘘をもうひとつだけ』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 2000/4/10 読みやすさ ☆☆★読みやすい 東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、6作目の『嘘をもうひとつだけ』を紹介させていただきます。他…

加賀恭一郎が向き合う家族とは?『赤い指』東野圭吾

『赤い指』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 2006/7/25 読みやすさ ☆☆★読みやすい 東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、7作目の『赤い指』を紹介させていただきます。物語の舞台は、6作目の『嘘を…

加賀恭一郎の目線で読者自身が謎に迫る、『私が彼を殺した』東野圭吾

『私が彼を殺した』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 1999/2/5 読みやすさ ☆☆★読みやすい 東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、5作目の『私が彼を殺した』を紹介させていただきます。物語の舞台は…

加賀恭一郎の違った一面が垣間見えるミステリー小説『悪意』

『悪意』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社双葉社、株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 1996/9/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、4作目は『悪意』を紹介させていただきます。3作目の『どちら…

刑事 加賀恭一郎の実力が垣間見える『どちらかが彼女を殺した』

『どちらかが彼女を殺した』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 1996/6/6 読みやすさ☆☆★読みやすい東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、3作目は独特のストーリー展開が魅力の『どちらかが彼女を殺し…

加賀恭一郎の若手刑事時代を描いたミステリー小説『眠りの森』

『眠りの森』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社講談社 分類 ミステリー小説 出版日 1992/4/15 読みやすさ ☆☆★読みやすい東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、今回は『卒業』から数年後を描いた2作目『眠りの森』を紹介させていただき…

刑事になる前の加賀の物語 東野圭吾『卒業』

『卒業』 著者 東野圭吾 出版社 株式会社 講談社 分類 ミステリー小説 出版日 1989/5/15 読みやすさ ☆☆★読みやすい加賀恭一郎シリーズは、東野圭吾さんのミステリー小説の代表作です。『新参者』シリーズで阿部寛さんが演じる刑事のイメージが強い作品ですが…

今年はミステリー小説で大人っぽい読書感想文に挑戦 2022

大人の読書感想文は謎解きと伏線回収に注目してみたい 今回の「冬におすすめの本」シリーズは、「エッセイ、ノンフィクション」を4冊、「小説」は3つのジャンル12冊を更新させていただきます。第3回は、少しだけ大人向けの読書感想文に挑戦してみてはいかが…

冬の読書感想文におすすめ、主人公の気持ちになれる小説 2022

青春小説と恋愛小説で主人公の気持ちになった読書感想文を書く 今回の「冬におすすめの本」シリーズは、「エッセイ、ノンフィクション」を4冊、「小説」は3つのジャンル12冊を更新させていただきます。第2回は、青春小説と恋愛小説を読んで主人公の気持ちに…

冬の読書感想文におすすめ、登場人物の変化を見つめたい小説 2022

ほっこり小説で登場人物の変化を見つめた読書感想文を書く 今回の「冬におすすめの本」シリーズは、「エッセイ、ノンフィクション」を4冊、「小説」は3つのジャンル12冊を更新させていただきます。第1回は、小学生の読者さまにもおすすめできる作品も含めて…

読書ブログの管理人が今まさに読んでいる3冊の本

今週のお題「最近おもしろかった本」 読書の秋に読んでいる本 はてなブログの今週のお題が、読書の秋らしい本のテーマですので、さっそく更新させていただきますね。テーマは、「最近おもしろかった本」。 読書家の花水由宇(hanami yu)が、今まさに読んでい…

読書の秋におすすめ、人のつながりに気がつく4つの小説 2022

読書の秋におすすめの小説 読書の秋におすすめの本の紹介。第8回は、花水(hanami)らしく暖かな物語と登場人物の素敵な作品を選ばせていただきました。人のつながりを知りたくなる4冊の小説で、暖かさを感じてみてはいかがでしょう? この秋、読みたくなる1…

読書の秋におすすめ、謎と恐怖を知りたくなる4冊の小説 2022

読書の秋におすすめの4冊の小説 読書の秋におすすめの本特集、いよいよ小説の紹介です。今回の「読書の秋におすすめの本」シリーズは、「実用書」「ビジネス書、政治・経済の本」「エッセイ、ノンフィクション」「思想・哲学、考え方の本」「一般教養、サブ…

迷い犬がつなぐ、ほっこりとする小さな奇跡『迷犬マジック』山本甲士

『迷犬マジック』 著者 山本甲士 出版社 株式会社双葉社 分類 小説 出版日 2021/9/12 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい今回は、「ひかりの魔女シリーズ」が人気の山本甲士さんの作品『迷犬マジック』を紹介させていただきます。 迷犬(めいけん)マジックと出…

読書感想文に書きたい、夏におすすめの小説3冊 2022

読書感想文に書きたい、夏におすすめの小説 2022年の夏におすすめの本は、「読書感想文に書きたい」をテーマに「実用書」「思想と哲学、考え方の本」「政治と経済の本」「小説」の4つのジャンルから、それぞれ3冊の本を選ばせていただきました。読書感想文は…

第166回直木三十五賞に逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想

第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 2022年上半期の第166回直木三十五賞は、逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』を予想します。 第166回直木三十五賞予想は逢坂冬馬さん『同志少女よ、敵を撃て』に決定 直木賞受賞予想…

2022年上半期 第166回直木三十五賞候補作品を比べてみます

第166回直木三十五賞ノミネート作品 第166回芥川龍之介賞と直木三十五賞は、1週間後の1月19日に発表されます。2022年の上半期は、直木三十五賞の受賞予想をさせていただきます。今回は、予想を前にノミネート5作品をレビュー数と作家さんの受賞歴で比べてみ…

2022年上半期 第166回直木三十五賞のノミネート5作品

第166回直木三十五賞ノミネート作品 今年最初の読書のイベントは、なんと言っても第166回芥川龍之介賞と直木三十五賞です。今回は、書籍として出版されている直木三十五賞ノミネート作品を取り上げてみましたよ。 第166回直木三十五賞ノミネート作品 第166回…

冬にレトロな世界観に包まれる4つの物語 2021

レトロな世界観で暖まる4つの物語 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「冬から春に向かう本特集」コーナーです。今年の冬は「冬から春へ向けた○○」をテーマに「小説」…

『1985年の奇跡』五十嵐貴久~そこで奇跡が起きるわけは?

『1985年の奇跡』 著者 五十嵐貴久 出版社 株式会社双葉社 分類 小説、青春小説 出版日 2019.8.11 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今月の小説は、五十嵐貴久さんの『1985年の奇跡』。1980年代を舞台にした、野球の弱小高校が夢見る奇跡の物語。主人公が忙し…

『砂漠』伊坂幸太郎~麻雀にちなんだ登場人物が輝く青春の物語

『砂漠』伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 株式会社新潮社 分類 小説、青春小説 出版日 2005/7/1 読みやすさ ☆☆★読みやすい今月の本は、伊坂幸太郎さんの『砂漠』。『グラスホッパー』『マリアビートル』と並んで直木賞候補作品にもなった、青春小説の名作…

読書の秋だから季節の流れを楽しんでみませんか? 2021

読書の秋だから季節の流れが楽しる小説 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「読書の秋だから読みたくなる本特集」コーナーです。今年の秋は「読書の秋だから○○」をテー…

アスリートの熱い思いが流れる『スイム!スイム!スイム!』五十嵐貴久

『スイム!スイム!スイム!』五十嵐貴久 著者 五十嵐貴久 出版社 株式会社 双葉社 分類 小説、青春小説(大人) 出版日 2020/8/10 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい Tokyo2020の熱が冷めない2021年の秋なので、競泳選手の活躍をテーマにした物語『スイム!スイ…

夏におすすめ!真相を知らずには閉じれないミステリー小説3選 2021

夏におすすめ、ベランダや風が気持ちいい場所で読みたい本特集 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「夏におすすめ、ベランダや風が気持ちいい場所で読みたい本特集」コ…

夏におすすめ!気持ちをくすぐる小説3選 2021

夏におすすめ、ベランダや風が気持ちいい場所で読みたい本特集 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。季節の本を紹介させていただく、「夏におすすめ、ベランダや風が気持ちいい場所で読みたい本特集」コ…

春におすすめ、のめりこめる世界観の3冊の小説2021

新しい生活でも楽しんでほしい小説 恒例の「春におすすめの本」コーナー。「新しい生活」が始まり、新型コロナと向き合いながらの「これから」の暮らしに不安もあります。そこで、春からはじまる新しい生活とこれからに役立つ、実用書、思想と哲学・考え方の…

冬におすすめリアルな関係と暮らしと楽しみが伝わる3つの物語 2020

冬におすすめの本2020 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、冬におすすめの本の紹介コーナーをお送りいたしますね。「おうち時間を楽しむ」 「アフターコロナに向けたこれから」2020年の冬はこの2つをテーマに、6つのジャンルから本を選んで…

冬におすすめの絆と思いと熱気が込められた物語 2020

冬におすすめの本2020 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、冬におすすめの本の紹介コーナーをお送りいたしますね。「おうち時間を楽しむ」 「アフターコロナに向けたこれから」2020年の冬はこの2つをテーマに、6つのジャンルから本を選んで…

大人も楽しめて、子どもに読ませてあげたいハリー・ポッターシリーズ ハリー・ポッターと賢者の石

大人も楽しめて、子どもに読ませてあげたいハリー・ポッターシリーズ ハリー・ポッターと賢者の石 著者 J・K・ローリング(J・K・ローリングさんの紹介〜ハリーポッターを生んだお母さん - 本当に本が読みたくなる読書のブログ) 訳者 松岡佑子 出版社 株式会…

ひと昔前の恋愛小説の大特集 桜井亜美さんの作品3

ヴァーミリオン 著者 桜井亜美 出版社 幻冬舎文庫 分類 小説 *18以上かもしれません 読みやすさ ☆☆★読みやすい『ひと昔前の恋愛小説の大特集 桜井亜美さんの作品』シリーズで桜井亜美さんの作品を取り上げていますが、今回がシリーズ最後です。初めはデビュ…

にほんブログ村 本ブログへ