本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

小説

暖かい物語を中心に、ミステリ、経済小説などジャンルを問わず小説を紹介しています

陽気な5人はギャングで強盗団 伊坂幸太郎さんの「陽気なギャング」シリーズ

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 著者 伊坂幸太郎 出版社 祥伝社 分類 ミステリー小説 出版日 2002/2/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 陽気な5人のギャングの日常 成瀬 響野 久遠 雪子 祥子 強盗は日常の中に 横…

真夏におすすめ 世界観に浸れる6冊の物語 2020

真夏におすすめの6冊の小説 「真夏におすすめの本2020」第7回は、毎回恒例の小説の紹介コーナーです。「世界観に浸れる」をテーマに6冊を選んでみましたよ。 真夏におすすめの6冊の小説 世界観に浸れる小説 真夏におすすめの小説 『くらげが眠るまで』木皿泉…

不思議な女の暮らしを見つめる女~芥川賞受賞作品『むらさきのスカートの女』今村夏子

むらさきのスカートの女 著者 今村夏子 出版社 朝日新聞出版 分類 小説、純文学 出版日 2019/6/30 読みやすさ ☆☆★読みやすい 今日は、第161回芥川賞受賞作品の『むらさきのスカートの女』。そういえば、芥川賞受賞作品を紹介させていただくのは初めてですね…

ジェノサイド 高野和明 それぞれの存在する理由

ジェノサイド 高野和明 著者 高野和明 出版社 角川書店 分類 サスペンス小説 SF小説 出版日 2013/12/25 読みやすさ ☆★★少し読みづらい 高野和明さんといえば、死刑囚の最新事件を描いた『13階段』が有名ですよね。今日は、『13階段』より後に出版された『ジ…

ツナグ 辻村深月 想いは、伝えられる環境のうちに伝えたい

ツナグ 辻村深月 著者 辻村深月 出版社 新潮文庫 分類 ファンタジー小説、エンタメ小説 出版日 2010/10/29 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 今回はベストセラー作家の辻村深月さんの代表作『ツナグ』を取り上げます。2012年に松坂桃季さん主演で映画化された…

ひかりばあちゃんの魔法が光る『ひかりの魔女』山本甲士

ひかりの魔女 著者 山本甲士 出版社 株式会社 双葉社 分類 エンタメ小説 出版日 2016/10/16 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすいタイトルと表紙がほっこりしていて、思わずBOOK OFFで衝動買いした『ひかりの魔女』。山本甲士さんの描いた物語は高齢化社会で、多…

ドラマでお馴染みの熱い中小企業『下町ロケット』池井戸潤

下町ロケット 著者 池井戸潤 出版社 株式会社 小学館 分類 ビジネス小説 出版日 2013/12/26 読みやすさ ☆☆★読みやすい今日の小説は、2016年にドラマ化されたことで有名な『下町ロケット』を紹介しますね。ドラマを見られた方も多いと思い、あらすじは説明す…

陽気なギャングが世の中を救う、伊坂幸太郎「陽気なギャング」シリーズ最新刊の紹介

陽気なギャングは三つ数えろ 著者 伊坂幸太郎 出版社 株式会社 祥伝社 分類 ミステリ小説 出版日 2018/9/20 読みやすさ ☆☆★読みやすい 伊坂幸太郎さんの人気ミステリ「陽気なギャング」シリーズ。前作、『陽気なギャングの日常と襲撃』から9年後の続編出版に…

料理がテーマのミステリー小説 『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』

珍しい料理がテーマのミステリー『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』 著者 田中圭一 出版社 株式会社 幻冬社 分類 小説 出版日 2016/8/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい今日は、2017年11月に映画も公開された『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』を紹介します。映画を見…

湊かなえ『豆の上で眠る』〜少女の頃の記憶の違いを謎を解く物語

『豆の上で眠る』湊かなえ 著者 湊かなえ 出版社 株式会社 新潮社 分類 小説 出版日 2017/7/1 読みやすさ ☆☆★読みやすい先月本屋さんでタイトルに惹かれ、あらすじを見てすぐに買った湊かなえさんの『豆の上で眠る』を紹介しますね。湊かなえさんは、2009年…

第33回山本周五郎賞にはリアルな世界観の5作品がノミネート

第33回山本周五郎賞ノミネート作品 毎年5月は、ストーリーと登場人物重視の山本周五郎賞が発表されます。2020年の山本周五郎賞にも、人気の5作品がノミネートしていますよ。 第33回山本周五郎賞ノミネート作品 山本周五郎賞とは? 第33回山本周五郎賞ノミネ…

ドラマと違う視点が面白い『ようこそ我が家へ』 池井戸潤

ようこそ我が家へ 著者 池井戸潤 出版社 株式会社 小学館 分類 小説 出版日 2013/7/5 読みやすさ ☆☆★読みやすい今日の小説は、池井戸潤さんの『ようこそ我が家へ』を紹介しますね。昨年、嵐の相葉雅紀くん主演のドラマは私も全話見ていましたが、小説版『よ…

坂木司さんのホリデーシリーズ完結作 『 ホリデー・イン』

ホリデーシリーズ完結作ホリデー・イン 著者 坂木司坂木司〜日常ミステリーで広がる世界観 - 本当に本が読みたくなる読書のブログ 出版社 株式会社 文藝文集 分類 小説 出版日 2017/4/7 読みやすさ ☆☆★読みやすい日常ミステリー作家 坂木司さんの「ホリデー…

命に感謝したい1冊 小川糸さんの『食堂かたつむり』

食堂かたつむり 著者 小川糸 出版社 株式会社 ポプラ社 分類 小説 出版日 2010/1/5 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい小川糸さんの『食堂かたつむり』は、私が本屋さんでタイトルが気になり、1ページ読んだだけで衝動買いをした1冊です。やっぱり小説選びは直…

現実と芸術の境目を描く物語 西加奈子さんの 『白いしるし』

白いしるし 著者 西加奈子 出版社 株式会社 新潮社 分類 恋愛小説 出版日 2013/6/26 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい今回は珍しく恋愛小説を紹介します。青春恋愛小説は、時代を問わず流行していますが、今回は人の内面に深く踏み込んだ西加奈子さんの『白い…

『アキラとあきら』池井戸潤を大紹介!

アキラとあきら 著者 池井戸潤 出版社 株式会社 徳間書店 分類 小説 出版日 2017/5/7 読みやすさ ☆☆★読みやすい 今回は、手に取った瞬間に中も読まず衝動買いしてしまった池井戸潤さんの新作文庫、『アキラとあきら』の紹介です。この本は池井戸潤さんの作品…

大事件と交差する日常の暮らしの中の小さな謎 『18番テーブルの幽霊』の正体は?

ほっこりミステリーから吉川英梨さんの『18番テーブルの幽霊』の紹介 著者 吉川英梨 出版社 株式会社 宝島社 分類 ミステリー 出版日 2014/3/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい 短編集を物語ごとに紹介させていただく『ほっこりミステリー』の紹介。第3回は吉川英…

外はクールだけど中は熱い検察官佐方貞人が活躍する 柚月裕子さんの『心を掬う』

ほっこりミステリーから柚月裕子さんの『心を掬う』の紹介 著者 柚月裕子 出版社 株式会社 宝島社 分類 ミステリー 出版日 2014/3/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい短編集を物語ごとに紹介させていただいている、『ほっこりミステリー』の紹介。第2回は、柚月裕子…

「腕はいいけど妻に頭の上がらない殺し屋」兜シリーズ2作目『BEE』の紹介

ほっこりミステリーから伊坂幸太郎さんの『BEE』の紹介 著者 伊坂幸太郎 出版社 株式会社 宝島社 分類 ミステリー 出版日 2014/3/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい 先月に1時間もかからず読んでしまい、紹介するのを忘れていた1話を紹介します。短編集『ほっこり…

正義とは?『13階段』高野和明

13階段 著者 高野和明 出版社 講談社 分類 ミステリー小説 出版日 2001/8/6 読みやすさ ☆☆★読みやすい前回に引き続いて、高野和明さんの作品を取り上げます。今回は高野和明さんのデビュー作『13階段』、死刑制度を取り使うミステリー小説です。死刑制度や難…

ズッコケ中年三人組 42歳の教室戦争 那須正幹 友人の大切さを改めて伝えたい1冊

ズッコケ中年三人組 42歳の教室戦争 著者 那須正幹 出版社 ポプラ文庫 分類 小説 読みやすさ ☆☆☆読みやすい30代以上の方には懐かしい物語『ズッコケ三人組』を覚えているかと思います。勝気なリーダー格のハチベエ、少し頼りないモーちゃん、勉強家のハカセ…

登場人物に注目しながら読みたい4つの短編集『世にも奇妙な君物語』浅井リョウ

世にも奇妙な君物語 著者 浅井リョウ 出版社 株式会社 講談社 分類 ミステリ小説 出版日 2018.11.15 読みやすさ ☆☆★ 今日は、「そろそろ新しいミステリ小説を読みたくなった」「少しだけ刺激が欲しい」方におすすめの本を紹介させていただきますね。『桐島、…

春を感じられるおすすめの小説6作品

春におすすめの小説 「春におすすめの本2020」シリーズ。第7回は、春らしいをテーマに6冊の小説をお届けしますね。 春におすすめの小説 春らしい小説・今すぐ読みたくなる小説 『ツナグ 想い人の心得』辻村深月 『ライオンのおやつ』小川糸 『最高の任務』乗…

冬は希望がわいてくる小説をおすすめしたい 2019年

冬におすすめの小説特集 実用書、思想と哲学・考え方の本、一般教養・サブカルと雑学の本、読書の効果と読書術の本、ビジネス書・政治と経済の本、エッセイとノンフィクション、小説の7つのジャンルから紹介させていただきます。最終回の第7回は、恒例の小説…

謎解きは授業の後に?先生と生徒の探偵コンビが大活躍

先生と僕 坂木司 著者 坂木司 出版社 株式会社双葉社 分類 小説、ミステリ小説 出版日 2011年12月18日 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 先生と僕 坂木司 見た目通りの助手と見た目を裏切る探偵 伊藤二葉(いとう ふたば) 瀬川隼人(せがわ はやと) 流されるま…

読書の秋におすすめの小説2019~年代を超えて楽しめる7つの物語

読書の秋におすすめ!年代に合わせて楽しめる7冊の小説 本当に本が読みたくなる読書のブログが送る、読書の秋におすすめの本特集!第7回は、紹介していていつも楽しい小説を紹介させていただきます。 読書の秋におすすめ!年代に合わせて楽しめる7冊の小説 …

鎌倉が舞台!人の巡り合わせを描いた小説『鎌倉ごちそう迷路』

鎌倉ごちそう迷路 著者 五嶋りっか 出版社 スターツ出版株式会社 分類 小説、青春小説 出版日 2017/7/28 久しぶりの小説の紹介コーナー。『DESTINY 鎌倉物語』で再び注目を集めた鎌倉。素敵なロケーション、古くからの街並みが織りなす不思議な空間は物語の…

第161回直木三十五賞ノミネート作品

2019年上半期 直木賞候補作が発表 6月が過ぎると訪れる読書のイベントは、何と言っても芥川賞・直木賞の発表です。今年も、直木賞候補作には話題の作品がたくさんノミネートされています。 2019年上半期 直木賞候補作が発表 2019年上半期の第161回直木三十五…

夏におすすめの小説 2018〜読書感想文にもぴったり

夏におすすめの小説 「夏におすすめの本」シリーズも7回目の今回で最終回です。最終回は、小説のお話。小説は、あまり細かく紹介していしまうとネタバレのおそれがあります。そのため、6つの作品をストーリーに細かく触れずに紹介させていただきますね。 夏…

令和の夏に読みたくなる小説 2019

夏におすすめの小説 2019 「実用書」「思想と哲学、考え方の本」「サブカルと雑学の本」「ビジネス書、政治と経済の本」「エッセイ、ノンフィクション」「読書の効果と読書術の本」「小説」の7つのジャンルから、夏におすすめの本を紹介させていただきます。…

にほんブログ村 本ブログへ