本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

サラリーマン増税と税制改革

f:id:jizi9:20171001143510j:plain

サラリーマン増税という話題

zuuonline.com


サラリーマン増税というニュースを目にしました。

年収500万円以上のサラリーマンが増税されるという話題です。

そして、総理大臣の所信表明演説、国会答弁をニュースで見ると、花水(hanami)も国政のあり方にそれらしいことを言ってみたくなりました。

花水の政策なので「ハナミクス」としましょうか?

アベノミクス」よりも1文字少なくてシンプルですよね。


真面目なテーマではありますが、調べて書いたことではないのであまり真面目に受け止めないで下さいね。



公平な税制改革

贅沢税の増税


税制改革の1本目の矢は「贅沢税」の導入です。

「贅沢税」なんて言葉を出すと、「何をもって贅沢というのか?」と言われそうですよね。

贅沢税の対象となるのは、クーラーや高性能テレビではありません。

もっと安くても多くの人は必要としないで、好きな人は惜しみなく買うもの。

例えば1000万円以上するポルシェ、100万円のロレックス、某夫人のコレクションにありそうな値段の付けられないほどの貴金属。

ポルシェの販売価格が1000万円のところを、500万円の税金がかかったら………。

資金に余裕のない人は500万円の国産スポーツカーを購入するでしょうし、余裕のある人は欲しいから1500万円でも買うでしょう。


消費税の引き下げ


税制改革2本目の矢は「消費税の引き下げ」です。

10%に増税予定の消費税ですが、貧困の子どもたちのために使われるのは増税された2%分だけです。

「今納めている残りの8%分は?」と疑問に思われる方はいらっしゃいませんか?

消費税は8%を基準として、贅沢税での増収分を差し引いた値を翌年引き下げて財源を確保することとします。


ギャンブルには課税


税制改革3本目の矢、それは「ギャンブル税」の導入です。

パチンコに競馬では、儲かった金額を換金する段階で10%課税します。

財源の使い道は、東京オリンピックとしましょう。



深刻な社会問題への対応

けしからん税の導入


世の中には犯罪行為にはならない程度ですが、「けしからんこと」をする方が大勢います。

例えば商品の品質、サービスの提供方法に落ち度がないにもかかわらず行われる理不尽なクレーム。

ある調査によると、クレームの中で商品の品質やサービスの提供方法の誤りに対しする指摘は15〜20%。

驚くことに50%は、商品やサービスに関連のない暴言や説教行為。

他にも、公共の乗り物を荷物で塞ぐ嫌がらせ、ベビーカーを妨害する嫌がらせがあります。

これらの「けしからんこと」をする方には現行犯に限り、「けしからん税」2000円を徴収することとします。


世の中で暮らす以上責任能力あり


気の毒にも凶悪な犯罪に遭われた被害者の方のお気持ちは、察する以上の悲しみでしょう。

中には犯罪行為の責任能力が焦点になる事例もあります。

神奈川県で凶悪殺人犯が話題になっていますね。

人を死なせておいて責任能力がない。

おかしなことではありませんか?

責任能力の有無が問われる犯罪をどの程度にするかは迷うところではあります。

ですが、最も凶悪な「人の命を奪う行為」だけは、世の中で暮らす全ての人に責任能力があると判断することとします。

幸いわが国では拳銃の所持は認められていません。

赤ちゃんが玩具と本物の拳銃を間違えて発射し、人を死なせてしまうことは起こりえませんので。


大げさに「ハナミクス」と呼ばれる政策を語ってしまいました。

実は池井戸潤さんのドラマでDVD化された『民王』を見た影響でもあります。

何のタメにもならない雑記でしたが、読んで下さりありがとうございました!


最近のマイエッセイはこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


読書でアウトプットをする効果

読書でアウトプットをする効果

f:id:jizi9:20170827182456j:plain


アウトプットの3通りの意味


アウトプット、よく目にしますしいつの間にか使っている用語ですよね。

辞書的な意味では3通りあるようですよ。

コンピュータ用語のアウトプット

1つはコンピューター用語、英語の表記はoutput(アウトプット)、意味は「データを表示したり印刷すること」です。

似た言葉でエクスポート(export)がありますが、こちらはデータをコンピューターの外に移動させることのようです。


ビジネス用語のアウトプット

アウトプットのもう1つの意味はビジネス用語で、「ビジネスパーソンが経験、学習したことを元に、収めることのできた実績や成功、成果」として使われています。

具体的には報告書や資料などの書類、プレゼンテーションでの報告でしょう。


脳の働きでのアウトプット

そして最後の3つ目は、脳の働きよるもの。

読書に関係するのは、この脳の働きによるアウトプットではないでしょうか?

脳科学の専門家の方の用語の使い方で共通しているのは、「覚えたことを頭の外に出すこと」です。



読書のアウトプットをする3つの方法

メモを書く、Twitterに投稿する

読書のアウトプットで1番時間がかからず、手軽にできる方法は「メモを書く」ことですよね。

読んだ本によって違いはありますが、小説ならあらすじや、登場人物の考え方をメモに書いておく。

ビジネス書や実用書なら、暮らしや仕事で使えそうな内容をメモしておくと良いですね。

私の場合は紙とペンでアナログにメモを取っていますが、ブログを書くようになってからはTwitterもメモ代わりに役立つと思いますよ。


図式化する

メモより少しだけ手間のかかるアウトプットの方法が図式化です。

私はよく図式化しますよ。

理由は、自分が覚えやすいからでもあります。

例えばコミュニケーションの方法の実用書を読んだとき、文章だけでは方法を覚えられないこともあります。

そのときには、人の形をした図式を書いて覚えるようにしていますよ。

ですが、図式化は好みが分かれるところですよね。


ノートにまとめる、ブログに書く

読書のアウトプットの中でも1番時間と手間のかかるのは、ノートにまとめることと、ブログの記事を書くことではないでしょうか?

時間と手間はかかり、「そこまでするる?」と思われてしまう方法ですが、本の内容をくまなく身につけたいときには役に立つ方法ですよ。

読書ノートを作る方もいますが、私は教科書になる本に他の本の内容を次々と書き込みノートにしてしまう、読書勉強法というやり方をしています。

最近では、本の紹介の記事でフォーマットにそって内容をまとめることもしていますよ。

本に書き込みをする方法は
本を教科書兼ノートにする書き込みのポイント - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
を、フォーマットにそって内容をまとめる方法は
本の紹介という書評の書き方〜3種類のフォーマット - 本当に本が読みたくなる読書のブログ
に詳しく書いておきました。


アウトプットをすると頭の中で何が起こってる?


本を読むときに使う脳の働き

私たちが読書をすると目から入った文字は、頭の中で組み立てられて内容を理解しています。

大雑把に分けると①「文字を見る」→②「文章を組み立てる」→③「内容を理解する」→④「必要なことを覚えておく」、ここまでが読書のインプットになります。


アウトプットで使う脳の働き


アウトプットのときには、さらに必要なことが増えます。

例えばメモを書くことや、Twitterに書き残すことにしましょう。

すると、インプットの①「文字を見る」→②「文章を組み立てる」→③「内容を理解する」→④「必要なことを覚えておく」までは同じです。

❺「必要なことを思い出す」→❻「書く内容を考える」→❼「(メモの)文章を組み立てる」→❽「文字に書く、スマホで入力する」、インプットの4段階に比べアウトプットもすると8段階のことが必要です。


アウトプットをすると脳はフル回転


単純な作業だけで4段階のインプットが、アウトプットでは8段階になりました。

さらに読書の内容を自分の経験と照らし合わせたり、別のことと比べたり、ペンやスマホを操作することを加えると脳はフル回転していることになりますね。


アウトプットで読書の質が高まるのか?


読書のインプットからアウトプットまでの流れは次の通りでした。

①「文字を見る」→②「文章を組み立てる」→③「内容を理解する」→④「必要なことを覚えておく」→❺「必要なことを思い出す」→❻「書く内容を考える」→❼「(メモの)文章を組み立てる」→❽「文字に書く、スマホで入力する」


読書の内容を覚えておける


本を読んだだけで、読書の内容を覚えることもできます。

ですが、覚えているかを確認することはできるでしょうか?

アウトプットも行うと、④「必要なことを覚えておく」→❺「必要なことを思い出す」の作業が必要になります。

ここで、読書の内容を覚えているかの確認ができますよ。


自分の考えと結びつけることができる


そして、❺「必要なことを思い出す」→❻「書く内容を考える」の作業では、自分の考えや経験と結びつけることにもつながります。


誰かに説明できる


さらに❻「書く内容を考える」→❼「(メモの)文章を組み立てる」ことで、読書の内容を頭の中でまとめることができ、誰かに説明できることにつながります。


インプットだけではなく、アウトプットまで行うことで読書の質を「誰かに説明できる」までに高めることができますよ。


参考にした本はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


最近の読書の豆知識はこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com

記憶の中の違いを謎解く『豆の上で眠る』湊かなえ

『豆の上で眠る』湊かなえ

著者 湊かなえ
出版社 株式会社 新潮社
分類 小説


先月本屋さんでタイトルが気になり、裏表紙を見てすぐに買った湊かなえさんの『豆の上で眠る』を紹介しますね。

登場人物

安西結衣子

神戸市内で1人暮らしをする安西結衣子は、幼い頃の心の影を持った大学2年生。

家でゲームをするのが好きなインドア派の結衣子は、小学校1年生まで一緒に過ごした姉の万祐子ちゃんと2年後に帰ってきたお姉ちゃんの違和感をいつまでも拭えずにいた。

安西万祐子

体が弱く家の中で暮らしがちな結衣子のお姉ちゃん。

女の子らしい容姿と優しい性格の万祐子ちゃんは外遊びやスポーツよりも読書が得意、布団の中で結衣子に本の読み聞かせをしてくれていた。

結衣子の記憶から離れない思い出が、アンデルセンの物語『えんどうまめの上に寝たお姫さま』。

結衣子の優しいお姉ちゃんは、2人で外に遊びに行った帰り、万祐子ちゃんが小学校3年生の時に誘拐されてしまう。

お姉ちゃん

結衣子が小学校3年生、万祐子ちゃんは小学校5年生の時に家族の元に帰ってくる。

だが、結衣子の元に帰ってきたお姉ちゃんと誘拐される前の万祐子ちゃんの違和感。

お姉ちゃんは本当に万祐子ちゃんなのか?


物語の始まり


神戸市内で暮らす結衣子は、元に実家の母が胃潰瘍で入院したと姉からのメールで知る。

深刻な病気ではなかったことから、すぐに帰省するつもりがなかった万祐子もバイト先の友人に促され新幹線に乗った。

相席したお婆さんの飼い猫に昔を思い出した結衣子は、実家の近くの駅でお姉ちゃんと幼い頃の記憶にある万祐子ちゃんを見かける。


夏の記憶を行き来するストーリー


結衣子の実家は兵庫県から岡山駅より西のバブル期以降に宅地造成された、郊外の住宅地。

田園と水路が多く、夏はべっとり空気が張り付くような蒸し暑さ。

『豆の上で眠る』の舞台は中国地方の内陸の地域でしょうか。

物語は実家に帰った結衣子の幼い頃の記憶の中を巡る数年間のストーリー。

物心ついた時から本を読み聞かせてくれた万祐子ちゃんの思い出。

神社でシェルターを作った帰りに居なくなった万祐子ちゃん、その後家族の生活は崩れ2年が過ぎた。

連れ去られたと思われた神社で突然発見された万祐子ちゃん。

病院で会った万祐子ちゃんも、家に帰ってきてそれからを共にした万祐子ちゃんも、結衣子にとっての万祐子ちゃんの思い出と違和感を感じずにいられなかった。



キーワードは「1粒」、テーマは「つながり」?


結衣子が幼い頃から読み聞かせてくれた『えんどうまめの上に寝たお姫さま』。

王子様のお嫁さん候補から、本物のお姫さまを見つけるためにお妃様が考えた方法は布団の下に1粒の豆を置いて、そこで寝たお嫁さん候補が気付くかどうか。

『豆の上で眠る』のキーワードは1粒の違い、幼い頃の万祐子ちゃんと2年後に帰ってきたお姉ちゃんの1粒以上の違い。

2年間の離れた時間で、幼い頃の記憶とは違う違和感が出るほどつながりは離れてしまうのか?


湊かなえ『豆の上で眠る』のまとめ


松たか子さん主演で映画化もされた『告白』でデビューした湊かなえさん。

『Nのために』は現在と過去の交差した謎解きストーリーで栄倉奈々さんが出演したドラマの方が記憶にある方が多いのではないでしょうか。

湊かなえさんの作品は全て読んでいませんが、時間を行き来する謎解きが想像力をかき立てますよね。

『豆の上で眠る』でも、安西結衣子の記憶の中の時間を行き来してピースを組み合わせていく謎解きは盛り上がりますよ。

後半で全てが明らかになるので、これくらいにしておきますね。


日常のミステリーは坂木司さんも面白いですよ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ