本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

社会保障費や税金は利用金額別の負担がいい?

社会保障費や税金は収入別ではなく利用金額で負担が変わるようにしては?

f:id:jizi9:20180310194542j:plain


今年の住民税の通知、会社員の花水(hanami)は今月の給料日に合わせて届きました。

そこで、毎年思っているのが税金や社会保障費は収入別の割合になっていますが、利用料別の割合も取り入れては?

そう思うことを書き綴ってみました。



実は平等ではない社会保障

社会保障費サービスが偏っている実態

私たちは社会保障費や税金を納めて暮らしているので、サービスを受ける権利がある。

たしかに、その通りです。

例えば、増加し続ける医療費の問題です。

病気を疑ったら、まず病院で診察してもらい本当に悪いところがないかを調べてもらう。

病気を治すために治療に通う、当たり前に思えます。

健康に気を配り、病気にならないように気をつけている人もいる一方で、声の高さが特徴の芸人さんなんかは治療しながら不摂生な生活を続けていたりもします。

湿布をもらうだけの通院に保険は効きますが、赤ちゃんの移植手術に保険が効かなかったりと、偏りがあるのも事実ではないでしょうか?


刑務所を生活の場所にする人もいる

先月末から四国の脱走犯の話題がテレビを賑わせていましたね。

その時に報道されていた、再犯率の高さ。

世の中には、食事と住む場所を得るためにワザと逮捕される人もいるようです。

もちろん、その方たちの食費と刑務所を作る費用も税金になります。


利用金額別の負担で平等に

健康保険料は車の保険と同じ利用金額別の仕組みに

そこで、提案の1つに健康保険料を利用金額別にすると平等と思えました。

これは、窓口で支払う一般3割、高齢者1割の負担額は変わりませんが利用した金額によって納める健康保険料が変わるというものです。

例えば、同じ年収500万円のA.B.Cの家庭があったとしましょう。

仮に現在の国民健康保険の負担額は年収に合わせて20000円、3つの家庭を合わせると6万円ですね。

この6万円、3つの家庭の健康保険料の利用金額で順位をつけて納める金額に差をつけます。

A家庭(利用金額 80000円、負担額 35000円) +15000円
B家庭(利用金額 25000円、負担額 20000円) ±0円
C家庭(利用金額 0円、負担額5000円) -5000円

たられば話ですので、細かく計算していませんがおおよそこのようになります。

例えば家族に持病があり、毎月通院治療が必要なA家庭では保険料が毎月15000円上がることになります。

風邪や虫歯程度でしか病院を利用しやいB家庭の負担額は変わりません。

最後にほとんど病院を利用しないC家庭では、保険料は5000円下がることになります。


税率も利用金額別に

他にも、住民税も利用金額別にしてはいかがでしょう?

と言っても、都道府県のサービスは多くの方々が利用しています。

そこで、例えばボヤを出して消防車に出動してもらった家庭、交通違反で何度も捕まっている方。

こういったアクシデント、中でも注意を払っていれば防げた事故でサービスを利用した方の住民税を期限付きで割り増す方法はいかがでしょうか?

もちろん、上限は設けた方がよさそうですね。



そうなったら困ること


健康保険料は車の保険と同じ仕組み、税金も利用金額別に………

この仕組みになると、困る方も出てきますよね。

ボヤはよほどのことでなければ起こさないでしょうし、交通違反の方は自業自得と納得されるでしょう。

困るのは医療費ですね。

病気のために十分な収入が得られず、利用金額が高いために保険料の負担も増えてしまう………。

う〜ん、世の中の仕組みを考えるのは難しいですね。



ドラマでお馴染みの熱い中小企業『下町ロケット』池井戸潤

下町ロケット


著者 池井戸潤
出版社 株式会社 小学館
分類 ビジネス小説
出版日 2013/12/26

今回は2年前にドラマ化されたことで有名な『下町ロケット』を紹介しますね。

ドラマを見られた方も多いと思い、あらすじは説明する必要はないと思います。

きっと多くの方がドラマを見ていると思いますから。

そこで、ドラマで深く考えることのなかった点と、ビジネス小説を読むことでタメになるお話をさせていただきますね。



小説のイメージを元にドラマを楽しむ


私はドラマを見た後にもう1度『下町ロケット』読んでみました。

ドラマで阿部寛さん演じる、挫折を経験した中小企業の社長佃航平。

吉川晃司さん演じる、大企業幹部の財前道生の姿が小説の中の佃航平と財前道生と被ります。

もちろん、俳優の演技のイメージの方が記憶として残りやすくもあります。

ですが、おそらく生きた登場人物として小説の中の佃航平と財前道生の人物が元になり、それに俳優の方の演技が重なったためでしょう。


ロケットの技術的な記述も具体的で本物のよう


ドラマ内ではナレーションや実物の部品として登場していた、『水素エンジンのバルブシステム』についてのお話。

小説『下町ロケット』の中ではさらに具体的で、とても空想の中とは思えないほどです。

実際に小説を読んで想像していた物とドラマに登場する水素エンジンのバルブシステムは大きく異なりましたが、「こういう物だったのか」と受け入れれる違和感を感じました。

おそらく細かな技術に関する記述から、どんな物かを想像できていたからでしょうか。



ビジネス小説は生活のタメになる


さて、そろそろ本題のビジネス小説を読むことでタメになるお話です。

ビジネス小説は小説、つまり空想の世界になります。

空想の世界ではありますが、作家の池井戸潤さんが実際に業界の方を取材して得た情報が元になっています。

元となった情報が実在のものですので、より現実に近い世界が小説の中に広がっています。


実生活に近い世界を体験できる

私たちの生活に近い世界を本の中で経験できる。

それは、何のリスクもなく現実で体験することの生活のシュミレーションを行えていることになります。

自分の職場や地域での立場と登場人物の立場を重ね合わせてみることも良いでしょう。

職場にいる嫌な人への対処法を登場人物の取った行動を参考にするのも良いと思います。


実生活に備えてのシュミレーション

この体験は、仮の体験です。

考えすぎて少々嫌な思いもするでしょう。

ですが、生活には全く何の影響もありません。

ノーリスクで今後自分に起こるかもしれないことを体験し、シュミレーションできる。

私はビジネス小説での体験は大いに役に立つと思いますよ。

ちなみに私は社長でも、大企業の幹部でもありませんから、『下町ロケット』では技術部長の山崎さんや、技術部社員の真野をイメージして読んでいましたよ。


池井戸潤さんの作品はこちらです↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


初夏に読みたいビジネス書3冊

2018年 初夏に読みたい3冊のビジネス書


今回は、この夏に読みたいビジネス書を3冊紹介させていただきますね。


初夏に読みたい3冊のビジネス書


この3冊、本屋さんで立ち読みをする本ではあるのですが、なかなか購入まで踏み切れません。

断捨離で本棚がスッキリしたので、今年の夏こそ購入して読んでみなければなりませんね。

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』ティモシー・テイラー、池上彰

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』は、花水(hanami)のAmazonほしいものリストに入って1年近くになる経済学の入門書です。

原著は経済学の本場、アメリカのスタンフォード大学で講義をされているティモシー・テイラーさんという方が書いています。

何より、池上彰さんが監訳しているのが「読みやすい」と思える点ではないでしょうか?

今年こそ、ちゃんと経済と経営を勉強するために読むことにしますね。


『起業を考えたら必ず読む本』井上達也


井上達也さんの『起業を考えたら必ず読む本』は、起業と経営に関する本です。

本屋さんに並び始めたときから注目していた1冊。

最近では、メルカリやAmazonの中古本の出品が少なくなっていて、かなり読まれている本なのではないでしょうか?


『はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)』赤沼慎太郎


3冊目は『はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)』。

飲食店開業のノウハウが書かれています。

ビジネス書というよりは、どちらかといあと実用書に近いのかなぁとも思います。

飲食店開業を夢見る花水(hanami)、基礎から勉強したい1冊です。


ビジネス書を最近読んでない


2017年は熱心にビジネス書を読んでいた花水(hanami)。

2018年はエッセイや生き方の実用書を多く読んでいたためか、ビジネス書を最近読んでいませんね。

夏になるとビジネス書が読みたくなるのはなぜでしょう?

毎年思う疑問でもあります。

きっと元気が出てきて、「何か身につけよう!」という気分になるのでしょうね。

同じ気分の方には、『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』と『起業を考えたら必ず読む本』はおすすめですよ。



にほんブログ村 本ブログへ