本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

第158回直木三十五賞を大胆予想

花水由宇の第158回直木三十五賞を大胆予想



もう第158回直木賞の発表になりましまね。

前回の反省で予想、というよりも希望を出す予定でしたが、やはり直前になってしまいました。

それでは、候補作6作品を振り返り、予想をしてみましょう!

第158回直木三十五賞候補作品

『くちなし』彩瀬まる


『彼方の友へ』伊吹有喜


銀河鉄道の父』門井慶喜


『火定』澤田瞳子


『ふたご』藤崎彩織


直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会



花水由宇(hanami yuu)の予想は…


この中で気になった作品は、伊吹有喜さんの『彼方の友へ』。

老人ホームで暮らす女性に届いた手紙から、時をかける物語が始まる……。

暖かそうな世界がほっこりとする物語を予想させてくれます。

もう1冊は、宮沢賢治の青年時代を描いた物語『銀河鉄道の父』。

手に取った中では、この2冊は読んでみたいなぁと思えました。

やっぱり、読みたい本が受賞してほしいものです。

そこで、花水由宇の第158回直木賞の予想は伊吹有喜さんの『彼方の友へ』!

いかがでしょうか?



にほんブログ村 本ブログへ