本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

第158回直木賞受賞作は『銀河鉄道の父』門井慶喜 予想の結果は…

第158回直木賞受賞作は『銀河鉄道の父』門井慶喜 大胆予想は外れてしまいました



昨日の2018年1月16日は第158回芥川賞直木賞の発表が行われました。

受賞作品予想をしていた今年は、気になって速報を見たほどです。

結果は、外してしまいました。。


受賞作は『銀河鉄道の父』門井慶喜


花水由宇(hanami yuu)の受賞予想は伊吹有喜さんの『彼方の友へ』。

老人ホームで暮らす女性に届いた手紙から、過去の出来事を振り返る、時代を超えた物語ですが…今回は受賞できませんでした。

受賞作品は門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』でした。

銀河鉄道の父』門井慶喜


『彼方の友へ』伊吹有喜



花水の最終候補には上がりましたが…


直前に思いつき、本屋さんで立ち読みして書いた第158回直木賞記事。

実は私が「いいかも」と思った2作品が、門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』と
伊吹有喜さんの『彼方の友へ』でした。

門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』は、宮沢賢治の青年期を描いた物語です。

花水由宇が選考委員に入っていたとしたら、最終選考まで残ったことになりますね。

銀河鉄道の父』ではなく、『彼方の友へ』を選んだ理由は、そう深くはありません。

ただ、寒い冬にほっこりと暖まる物語が読みたかったからです。

今回は外してしまいましたが、次回第159回直木賞は予想を当てたいところですね。

www.yu-hanami.com


最近の読書コラムはこちら↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


にほんブログ村 本ブログへ