本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

ちょっと気になる宝くじの当たる確率は?



最近宝くじを買うようになりました。

大金を当てよう!

という野望が無謀なことはよく知っています。

買うのは、ちょっとした楽しみのため。

旅行代くらい当たったら良いなぁ〜って感じです。

買っているのはお休みの日にスクラッチをちょっとだけです。

あとは季節の宝くじがあると、たまに10枚買うくらい。

そこで、気になるのが花水由宇(hanami yuu)、何となく宝くじの当たる確率を調べてみました。

そこには驚きの結果が!



ジャンボ宝くじで1等が当たる確率


1/10000000=0.0000001%

ちなみに近い確率は雷に撃たれる確率だそうです。

限りなくゼロに近いことがわかります。


ジャンボ宝くじを道で拾う確率


10万円を拾う確率は1/800=0.8%


(仮に宝くじを拾う確率≒ジャンボ宝くじ1枚を拾う確率)×ジャンボ宝くじに当たる確率=0.0000000008%

今度は道端に落ちていた宝くじが1等だった!

現実にはありえない確率です。

道端に落ちている宝くじの価値がわからないので、仮に10万円を拾う確率と同じことにしました。

拾ったジャンボ宝くじで1等を当てる確率0.0000000008%>隕石の当たる確率0.0000000001%

限りなくゼロに近いことはすぐわかりますので、比較のために隕石に当たる確率を調べてみると、隕石の当たる確率より8倍も高いことになります。



世の中100%と0%はないようですね


人が死ぬ確率は100%
人が死なない確率は0%

この2つ以外は世の中に100%と0%はないようですね。


これは以前お仕事で知り合った方のお話ですが、10年間で1000万円と300万円に当たったことがある方がいましたよ。

ですが、当たる方は買い方もすごいですね。

年末ジャンボは300枚で90000円分。

季節の宝くじは100枚で30000円分。

1年間に200000円くらいは宝くじに使っているそうです。

10年間で200万円の出費、結果は1300万円の収入。

この方の1/10で良いので、当たることはないですかね。

ちなみに花水(hanami)が当たった最高金額は10000円。

1回で10枚くらいしか買わないケチな買い方です。

それでは、そこまで宝くじに熱中している花水(hanami)より、当選した方の言葉で締めくくりましょう。

「買わなきゃ当たらないよ」

にほんブログ村 本ブログへ