本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

マイペースな茄子とマイペースでいいのでは?

f:id:jizi9:20170727181909j:plain


我が家のベランダ菜園で育っている、7月末にしてまだ苗の茄子です。

春に植えたのにまだ苗!?

なかなかマイペースな茄子を眺めていて、少しだけ思いついたことがあったので書き残してみました。


マイペースな茄子


この茄子は北国に住んでいながら気の早い私が5月のゴールデンウィークに植えた茄子の種です。

なんで小さな鉢植えに1本と思うでしょう?

5月の北国は昼間に暖かい日が続きましたが、その後寒さと雨の日が続き1袋植えた茄子の種で目が出たのが5本、生き残ったのがこの1本だけでした。
寒かったのでしょう。

6月は暖かくならず、なかなか大きくなりませんでしたが、7月に入ってからの猛暑と日当たりの良さでここまで成長しました。

今年の収穫は望めませんが、来年に期待です。



無理しても自然には逆らえない


寒さの残る自然に逆らって植えた結果がこの1本。

そこで思ったことは、「やっぱり自然には逆らえないなぁ」ということ。

無理しても無理できないんですね。

それは北国で暮らす教訓です。

梅雨や水害のある九州地方で暮らす方には、梅雨や水害が北国の寒さに当たるのでしょう。

北国で極寒の中アウトドアに行ってみても、「あぁ寒かった」と辛い思いをすることの方が多いです。

大雨の中同じくアウトドアに行っても、「びしょ濡れになった」と辛い思いをすることでしょう。

無理して自然に逆らうより、少しだけ受け入れる気持ちが必要なのかもしれませんね。

にほんブログ村 本ブログへ