本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話もありますよ。

自作小説『常世と情世』

ファンタジー小説常世と情世』

f:id:jizi9:20180214214532j:plain
ジャンル:ファンタジー小説
公開:未定

花水(hanami)が10代後半から20代前半にかけて書いていた、中二病感が満載のファンタジー小説

神話の時代から、6つに分かれた人の生き方を描いた作品です。

今回は物語の舞台設定になる「神話」という部分だけ公開しますね。


「神話 想世記〜果実」


遥か幾年、誰も覚えていない過ぎ去ったある時。
「真実の女神」は、そこに暮らす人に幸せが満たされる「果実の木」を分け与えた。
また、「果実の木」を育てる6人の人に、緑を育む「光」、木が根ざす「土」、暖かな気候を生む「火」、命を包み込む「風」、果実の元となる「水」、様々な変化を起こす「雷」を管理する力を与えた。
「果実の木」で満たされる幸せの尽きることのない世は「常世」と呼ばれ、僅かばかりの時を刻んだ。

ある時、「果実の木」を育てる6人の1人は言った。
「私が風を管理していたから、果実が実ったのだ。この果実を半分もらおうか」
木が根ざす「土」を管理する人は、そうかもしれないと思い果実を半分分け与えた。
この出来事を知った「真実の女神」は、「風」を管理する人が果実をどれだけ食べても満たされないようにし、彼を「獣」と呼ぶことにした。


その翌日、ある人は言った。
「果実が半分になったのだから、私の管理する水も半分でいいのではないか?」
木が根ざす「土」を管理する人は、木は水が減ると枯れてしまうため、残りの半分の果実を分け与えて水を減らさないように頼み込んだ。
この出来事を知った「真実の女神」は、果実を摘み取る手を奪って自分では食べられないようにした後、彼を「黄泉」と呼ぶことにした。

また翌日、ある人は激怒し木が根ざす「土」を管理する人に詰め寄った。
「果実がこんなに減っているのはどういうことだ。事と次第によっては私の火で木を燃やしてしまおう」
木が根ざす「土」を管理する人は、それまでの経緯を話し残りの果実の半分を分け与えることで何とか怒りを治めてもらった。
この出来事を知った「真実の女神」は「火」を管理する人が果実を食べても幸せを感じることができないようにし、彼を「修羅」と呼ぶことにした。

さらにその翌日、ある人は哀れみの目を向けてこう言った。
「こんなに果実が減って困ったことになりましたね。ですが明日は雷が落ちる、今日のうちに収穫してしまわないと果実は落ちてしまうでしょう」
木が根ざす「土」を管理する人が最後の果実を摘み終えたとき、命を包み込む「雷」を管理する人は残りの果実のとともに姿を消していた。
この出来事を知った「真実の女神」は「雷」を管理する人から果実の記憶を失わせた後、彼を「魔」と呼ぶことにした。

困り果てた木が根ざす「土」を管理する人。
その後、誰の目にも見つけられない森の奥深くに「果実の木」を植え替えることにした。
この出来事を知った「真実の女神」は「土」を管理する人から、果実を見つける視力を失わせたあと、彼を「人間」と呼ぶことにした。

緑を育む「光」を管理する人は言った。
「私は5人をただ見ていることしかできませんでした…真実の女神様、どうか私にも罰を与えて下さい」
「真実の女神」は想いを巡らせた後答えを伝えた。
「あなたは5人をただ見ているだけでした。私はあなたから5人の友人を奪い、私とともに新しい世で暮らすことを命じます」
そうして彼を「天」と呼ぶことにし、「真実の女神」と「天」は常世を去った。

「真実の女神」が去った常世には、光の照らす昼と闇が覆う夜が訪れた。
また、暑さと寒さを感じる四季が起こり、そこに暮らす人々は変化に合わせて暮らすことを強いられた。
変化に合わせ目まぐるしく暮らしが変わる変わり果てた世を人々は情世と呼び、わずかに見つかる果実を分け与えて、時に奪い合い生きる世となった。




「神話 想世記〜街」


「真実の女神」と「天」の民が去った後、四季が数100回巡った恋世。
僅かに実る「幸せの果実」を分け与え、時に奪い合う暮らしの中で人々は集まり、街を築き暮らしていた。

かつての常世の行いにより、5つの種族に分かれた「人間」「修羅」「獣」「黄泉」「魔」の種族は、ある時は手を結び、ある時は争いながらも大都市を築き上げた。

恋世を遥かに遠くから眺めていた「真実の女神」は、かつての友の繁栄に僅かな希望を抱き大都市の様子を見てくるように「天」の民に命じた。

「真実の女神」が去ったことで起きた光のない夜。
その夜さえ忘れてしまうような眩い人工の光。
歌声と音楽の混じり合う途切れることのない音。
食物と香油、酒と煙の混じり合う臭気。
人々の数よりも多くの作られた味。
空気よりも密度の濃い衣類の触れ合う感触。
5つに分かれた「人間」「修羅」「獣」「黄泉」「魔」の種族、恋世の変化織りなす人種の万華鏡。

「真実の女神」の使い、「天」の民の天使は道端に座る「人間」の子どもに目を向けた。

「きみ、この街の暮らしは幸せかい?」

「人間」の子どもは、天使が見慣れていなかったからではないのだろう。
両手を後ろに隠し後ずさりする。

「何も、持っていませんよ。わたしは何も」

そうして、そのまま走り去ってしまった。

「人間」の子どもが走り去り困惑した天使は考え込むように運河に架かる橋の手前で足を止めた。

「おい!お前、良い匂いがするな。持っているものを出してもらおうか」

食物と酒の混じり合う息を吐く、「獣」の大男は天使の腕を捻りあげるとそのまま地面にねじ伏せ問い詰める。

「あなたの言っている果実ならある。しかし、あなたは果実をいくら得ても………」

「いいからよこさんか!」

「獣」の大男は天使の顔が潰れるまで拳を振り、懐から取り上げた果実を貪りながら立ち去った。

鼻と口から流れる血を拭い立ち上がった天使は、橋の入り口で小柄な女性にぶつかってしまう。

「あっ!すみません」

「いえ、私こそ怪我をしているとはいえ失礼しました。あの、しかし…」

天使は上着を直すと、懐の果実が減っていることに気がついた。
かすかな笑みを浮かべた「黄泉」の小柄な女性は何事もなかったかのように橋を渡りきり、対岸へ去っていった。

「(もう見るべきものはないのか………)」

街の醜さに落胆した天使は、もう街を去ろうと橋を渡りはじめた。

「汚れてはいるがいい服装だな。どこかの貴族か?」

天使が橋の中腹に差し掛かったころ、欄干にもたれる屈強な「修羅」の戦士が声をかけた。

「いえ、私は視察に来ているだけでして」

「視察?よその街のスパイというわけか、見逃せないな」

「やめましょう。お互いに何の幸せにもならないでしょう」

「問答無用、腰の刀を抜け」

「私の刀は理由もなく人を傷つけるものではありません」

刀に手もかけない天使に向けて、「修羅」の戦士は人なぎに斬り払い、膝をついた姿を一瞥した後立ち去った。

腹から流れる血が止まらない天使は、「真実の女神」の元へ帰ろうと橋を渡りきり、道の隅にうずくまる。

「大丈夫ですか?ひどい傷ですが」

「魔」の女性はうずくまる天使の傍に跪く。

「少し休むと収まります、それにしてもこの街は………」

「もし、よろしければこちらをお使い下さい。痛みだけでも和らぎます」

「恩にきります」

差し出された小瓶の蓋を開け、味も臭いもしない液体を飲み干した。

「すごく飲みやすい、もっと苦いものかと………」

「最後に口にするものくらい、そうありたいものでしょう。最後まで信じた、貴方の結果です。この街では、さぁお帰り下さい」

「魔」の女性の立ち去ったあと、天使は夢の中へ飲まれるよう目を閉じた。

再び開くことのない目を閉じた。

常世と情世』「想世記〜天使と5つの種族」


情世での天使殺害の出来事は、常世の全ての人の知る出来事となった。

天使の中でも最も責任の重い者は「真実の女神」に申し立てをした。

「女神様、同胞をあのように無残な姿にされ私たちは黙ってはいられません」

「どうするおつもりです?情世を罰せよと言われるのですか?それとも、天の民は情世に攻め入り報復をされるのですか?」

「いずれかになります。女神様が罰しないのであれば、私たちが500万の軍勢を引き連れて汚れた情世を滅ぼすでしょう」

「それは、天の民の総意なのですか?」

「いかにも。女神様にも届いているはずです。天の民の悲しみが………」

「悲しみは憎しみを生み、憎しみはまた悲しみを生むでしょう。その咎(とが)、私が負いましょう」

「真実の女神」は、5人の天使を天使長としそれぞれ「土」、「風」、「水」、「火」、「雷」の力を貸し与えた。

「この力は、情世の欲望の街を解体するためだけに使ってください。欲望の街の住民には、24時間の避難の時間を与えます。どうか全ての民が避難できますよう、祈っております」

「真実の女神」は5人の天使長に、欲望の街を解体する前に避難を呼びかけること、力は欲望の街のみに使うことを命じ深い祈りのため目を閉じた。


「神話」はいくつかありますので、追記する形で更新していきます。



にほんブログ村 本ブログへ