本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

吉川英治文学新人賞とは?

吉川英治文学新人賞の特徴と対象作品

f:id:jizi9:20191126100634j:plain


吉川英治文学賞吉川英治文学新人賞、名前がそっくりで主催・発表日まで同じ2つの文学賞

今年から「吉川英治文学新人賞特集」をはじめさせていただくまえに、この2つの文学賞の違いに迫ります。

吉川英治文学賞新人賞

f:id:jizi9:20191126100738j:plain

公益財団法人吉川英治国民文化振興会は、日本の典型的な国民文学作家として、広く読者に親しまれ尊敬されてきた、故吉川英治の偉業を記念して設立されたもので、故人が生前ひそかに希い続けていた遺志をうけて、昭和42年以来「吉川英治文学賞」と「吉川英治文化賞」を設定してきました。この2賞に加えて、昭和55年より「吉川英治文学新人賞」、平成28年より「吉川英治文庫賞」を新たに設けました。
出典: 吉川英治文学新人賞 | 講談社

吉川英治文学賞は、吉川英治国民文化振興会が主催する大衆文学の文学賞です。

元々、1967年(昭和42年)から開催されていた吉川英治文学賞は1980年(昭和55年)に吉川英治文学新人賞、2016年(平成28年)に吉川英治文庫賞という2つの文学賞が開催されるようになります。


対象

新聞、雑誌、単行本等に優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈呈します。
・正賞 賞牌
・副賞 金100万円
・期間 1月1日〜12月31日
出典: 吉川英治文学新人賞 | 講談社

吉川英治文学新人賞は、単行本や新聞・雑誌に掲載された作品を対象にしています。

作品の内容ももちろん審査対象ですが、「最も将来性のある新人作家」とあるように作家さんに贈られる文学賞でもあります。

募集期間は元々の吉川英治文学賞と同じで、副賞の賞金は下になります。

候補作家の選出に遺漏のないよう、作家、画家、批評家、および各出版社の編集長、新聞社学芸部長・文化部長、ラジオ・テレビ・映画関係者、一般文化人等数百名の方々に文章で推薦を依頼します。
出典: 吉川英治文学新人賞 | 講談社

審査は、作家さんや出版の方だけではなく、画家や批評家など芸術関係の方、メディア関係の方、一般の方も加わり対象作品と作家さんの推薦がおこなわれます。


発表

発表は、3月上旬。

ここ数年は、3月1週目の最初の平日に発表される傾向にあります。



吉川英治文学賞新人賞の特徴

f:id:jizi9:20191126100822j:plain


吉川英治文学賞は、なぜ2つの文学賞を追加したのでしょうか?

理由の1つに、対象になる作家さんの経歴があります。

大衆文学の文学賞とはいっても、設立当初の吉川英治文学賞は晩年の作家さんの功績を称えて贈られる場合が多く、どちらかというと名誉的な文学賞でした。

そこで、新人〜中堅作家の中から実力で受賞者を選ぶ吉川英治文学賞新人賞が設けられました。

過去の受賞作品を振り返っても、中堅作家さんの受賞がほとんどで、作家さん同士のバトルロワイヤルのような実力主義文学賞でもあります。



過去の受賞作品


吉川英治文学新人賞の受賞作品には、後に長い期間人気になる作品がいくつかあります。


第26回/2005年「夜のピクニック

恩田 陸、「幸福な食卓瀬尾まいこ

恩田 陸さんの「夜のピクニック」は、その後本屋大賞を受賞し大ブレイクした作品。

この年はダブル受賞で、瀬尾まいこさんの「幸福な食卓」は受賞の翌年に映画化され話題を集めました。


第32回/2011年「ツナグ」辻村深月

言わずと知れた、辻村深月さんの名作「ツナグ」。

辻村深月さん、はじめての文学賞受賞は吉川英治文学新人賞でした。

2019年末には続編が出版され、再び人気が盛り返してくる名作です。


第35回/2014年「村上海賊の娘」(上・下)和田 竜

こちらも映画化された作品、和田竜さんの「村上海賊の娘」。

他の文学賞に比べ、吉川英治文学新人賞の受賞作品は受賞後に映画化やドラマ化される作品が多いのも特徴の1つです。


第40回/2019年「歪んだ波紋」塩田武士

塩田武士さんは、2010年にデビューされてから山田風太郎賞(受賞作品『罪の声』)をはじめ多くの文学賞受賞暦があります。

昨年の吉川英治文学新人賞受賞作「歪んだ波紋」は、フェイクニュースをテーマにした5つのリアルフィクション作品。

昭和の週刊誌、平成のテレビ、そして令和のネット、形を変えて情報の中に潜む悪意を描いた作品は、今後の盛り上がりが楽しみでもありますね。



吉川英治文学新人賞のまとめ

f:id:jizi9:20191126100840j:plain


吉川英治文学新人賞は、今後話題になりそうな作品や作家さんに贈られる文学賞です。

対象は、発表日の前の年1年に出版・掲載された作品の中から推薦で選ばれます。

受賞作品は、その後映画化や別の文学賞受賞などなにかと話題になりやすく、恩田陸さんの「夜のピクニック」、辻村深月さんの「ツナグ」のように大ブレイクした作品もあります。

今年のノミネート作品も公開されていますので、目を通してみるのもいいのではないでしょうか?

次回はノミネート作品の紹介、3回目は今年の吉川英治文学新人賞の受賞予想を予定しています。




にほんブログ村 本ブログへ