本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

占い師と悩み事を抱えるお客さんの、ほんのり暖かくなる物語『強運の持ち主』

『強運の持ち主』

著者 瀬尾まいこ
出版社 株式会社 文藝春秋
分類 エンタメ小説
出版日 2009/5/10


昨年、映画化された『僕らのごはんは明日で待ってる』で瀬尾まいこさんをご存知の方もいらっしゃるのでは?

『強運の持ち主』は、元営業マンのOLルイーズ吉田が始めた占い店で「運」を巡って起こる物語です。



登場人物

占い師ルイーズ吉田

OL時代の特技「営業トーク」を駆使して占い店を繁盛させるルイーズ吉田。

占い師でありながら、あまり「運勢」に頼った占いをせずお客さんと接する。

ショッピングセンターの中の占い店は、人生相談所のような人の悩みを語る場に。


強運の持ち主 道彦

市役所に勤める、ルイーズ吉田の恋人道彦。

マンションで一緒に暮らす「こだわり」のない道彦の作る夕ご飯は、あり得ないものが入っている料理ばかり。

休日のデートは近所のスーパー。

お互いに気負いがなく、それぞれを大切にする2人の行方は…


占いの師匠ジュリエ青柳

間食を欠かさない、膨よかな占い師ジュリエ青柳。

ルイーズ吉田が占い店を営むキッカケになった師匠のような存在。

彼女の占いは「ほんもの」のようです。


「終わり」が見える大学生 武田

ルイーズ吉田の占い店をふと訪れた、不思議な大学生。

関西弁で誰にもフレンドリーに接する彼には、「その人の終わりが見える」力が………



占い師になった単純なきっかけ?


人と仕事をすることに疲れ、自分だけで働く仕事を探し、見つけたのは占い師。

ショッピングセンターの一角で女子高生や若い奥さんらをお客さんに、恋の相談、進路の相談、家庭のこととさまざまな悩みに応えるルイーズ吉田。

占い店を訪れる人が求めるものは、決断のちょっとした後押し。

巧みな話術で悩み事に応じる占い師と、悩みを抱えるお客さんの物語。


ショッピングセンターという身近な空間


ショッピングセンターという身近な空間で営まれる占い店。

占い師もまた人間。

「星」や「姓名診断」で応えるルイーズ吉田、決して占いの結果だけではなく、お客さんの悩みに向き合ったアドバイスをする。

お客さんは占いの結果ではなく、そんなルイーズ吉田のアドバイスを求めているのかもしれない…


キーワードは「運」、テーマは「未来」?


占い師の日常を描いた『強運の持ち主』、キーワードは「運」。

人は生まれ年で決まる「星」、生年月日と姓名で決まっている「運勢」を持っている。

そして、生きていく時間の中で変化する「運勢」は、その人の「未来」も変化させる。

例えば食事で「塩分」を取りすぎることで、「高血圧」になる人は多く、さまざまな「病気」を引き起こしてしまう。

運勢は、変化させることもできる。

高血圧を治すために塩分を控えるように。

それなら、「未来」はいい方向に変えることができるのでは……?



にほんブログ村 本ブログへ