本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

【速報】2019年本屋大賞は 瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』に決定

2019年本屋大賞は『そしてバトンは渡された』瀬尾まいこ に決定!

2019年本屋大賞瀬尾まいこさんの『そしてバトンは渡された』が受賞!

本屋大賞は本好き・読書好きにとってはとても楽しみなイベントです。

10作品がノミネートされ、全国の書店員の投票によって決まる本屋大賞

2019年4月9日19:00に発表されたので、速報をさせていただきますね。

令和に変わる平成最後の本屋大賞は、大賞を含めて3作品が受賞しました。



本屋大賞受賞!『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ

主人公の森宮優子は、生まれてから17年の間に4回も苗字が変わった高校生。

血の繋がらない親の間をリレーして、心の中に注がれていく愛情。

優子の同年代とは違う人生の中で感じる幸せに、幸せは人によって形が変わるものと通じるはず。

暖かいメッセージが伝わってくる作品を花水由宇(hanami yuu)の2019年本屋大賞予想2位に決めていました。


本屋大賞2位『ひと』 小野寺史宜

父親を無くし、母ひとり子ひとりの暮らしも母親の急死で終わってしまった。

たった1人になり、私立大学の奨学金を返す生活を送る20歳の柏木聖輔。

学生時代に付き合っていた奔放な原口瑞香とも別れ、薄くなった財布と向き合う日々。

通りがかった総菜店で並んでいたお婆さんにコロッケを譲り、代わりにメンチカツを格安でいただいた縁で、そこで働くことに。

ひとは世界中と「縁」で繋がっている。

暖かさを感じたい作品です。


3位『ベルリンは晴れているか』 深緑野分

深緑野分さんの『ベルリンは晴れているか』も、第160回直木賞ノミネート作品。

第二次大戦後アメリカの占領下にあったドイツ。

米軍基地の食堂で働く、少女アウグステ・ニッケルが巻き込まれた不審死事件を巡るミステリ作品。



本屋大賞のお話はこちらもどうぞ↓
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com



にほんブログ村 本ブログへ