本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

シュミレーション仮説というもの


シュミレーション仮説


AIのことを検索して調べていたら、興味深いお話をみつけたので紹介しますね。

映画の「マトリックス」をご存知の方は多いと思います。

主人公のキアヌ・リーブスの暮らす世界は実はシュミレーションされた世界で、現実はカプセルの中に閉じ込められたコンピュータに管理される世界。

カプセルの中の現実の人間は電極を通して接続して、意識だけがシュミレーションの世界で暮らしているお話しです。

今回取り上げた「シュミレーション仮説」という説は、まさに「マトリックス」の世界。

私たちは、実はシュミレーションの中で暮らしていたというものです。

「シュミレーションの世界」が生まれる可能性

1.何らかの文明により、人工意識を備えた個体群を含むコンピュータシミュレーションが構築される可能性がある。

2.そのような文明は、そのようなシミュレーションを(娯楽、研究、その他の目的で)多数、例えば数十億個実行することもあるだろう。

3.シミュレーション内のシミュレートされた個体は、彼らがシミュレーションの中にいると気づかないだろう。彼らは単に彼らが「実世界」であると思っている世界で日常生活を送っている。


今まさに注目を集めているAI(人工知能)の分野ですね。

このシュミレーション仮説によると、1つ目では「私たち地球の人類」を含む「ある文明」で「私たち地球の人類」のような営みの「シュミレーションの世界」が作られる可能性があるといわれています。

そして、2つ目では「ある文明」では「シュミレーションの世界」を多数作り出すといわれていますね。

3の部分は怖いですね。

「シュミレーションの世界」で「暮らしている住民」は自分たちがシュミレーションだと気づかないだろうといわれていること。


技術を持った文明が「シュミレーションの世界」を作る可能性

A.知的種族は、現実と区別がつかないほど現実性のあるシミュレーションを開発できるほどの技術レベルには到達できない。

B.そのようなレベルに達した種族は、そのようなシミュレーションを実行しようとしない。

C.我々は、ほぼ確実にそのようなシミュレーションの中で生きている。


次に「シュミレーションの世界」を作り出せる技術を持てるのか?

そして、実際に作り出すのかです。

Aでは、「私たち地球の人類」を含む「ある文明」では「シュミレーションの世界」を作り出す技術を持てないとしています。

Bでは、「シュミレーションの世界」を作り出す技術を持った「ある文明」は「シュミレーションの世界」を作り出すことはしないだろうといわれています。

最後のC、「私たち地球の人類」はすでに「シュミレーションの世界」で生きているそうです。

まさに、映画「マトリックス」の世界ですね。


私たちが「シュミレーションの世界」に存在する可能性

a.過去に関するシミュレーションが多数実行されると想定することは妥当である。

b.そうであれば、そのようなシミュレーションの中でさらにシミュレーションが行われ、再帰的に派生していくだろう。

c.従って、我々が多数のシミュレーションのいずれかに存在しているか、実際の宇宙に存在しているかは不明であり、可能性としてはシミュレーション内の方が高い。

ニック・ボストロム オックスフォード大学教授の発表より参照


そして最後に私たち「地球の人類」がシュミレーションの世界にいる可能性です。

aでは、過去を遡った「シュミレーションの世界」を多数作ることは妥当とされているようです。

そのためbでは、「シュミレーションの世界」の中でさらに「シュミレーションの世界」が作られるだろうといわれていること。

そのため「私たち地球の人類」が「シュミレーションの世界」にいるのか「現実」なのかは定かではなく、「シュミレーションの世界」にいる可能性が高いようですね。



シュミレーション仮説のまとめ

「シュミレーションの世界」を作る技術を持つ「ある文明」が現れる

「私たち地球の人類」はAIとスーパーコンピュータの技術をさらに上げて、自分たちの過去を「シュミレーションの世界」で再現できる技術を持てるだろうということですね。


「ある文明」は自分たちの過去を「シュミレーションの世界」で再現する

そして、自分たちの過去を「シュミレーションの世界」で再現できる技術を持った「ある文明」が私たちだとしたら、確実に行うだろうということです。


「私たち地球の人類」はすでに「シュミレーションの世界」で生きていた

もし「私たち地球の人類」が「シュミレーションの世界」を作り出せるのだとしたら…。

そうなると、「私たち地球の人類」の暮らす世界が現実という証拠が無くなってしまいます。

「私たち地球の人類」自身が「シュミレーションの世界」に生きていることを証明してしまうことになってしまうとのこと。


私たちは実はシュミレーションの中で暮らしていた。

怖い話でもありますが、少し納得のできるところもあります。

興味が湧いたことと、最近読書のテーマでも取り上げている仏教の考え方と合わせてまとめていく予定です。

www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com
www.yu-hanami.com


にほんブログ村 本ブログへ