本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

刑事になる前の加賀の物語 東野圭吾『卒業』

『卒業』

卒業 (講談社文庫)

著者 東野圭吾
出版社 株式会社 講談社
分類 ミステリー小説
出版日 1989/5/15
読みやすさ ☆☆★読みやすい

加賀恭一郎シリーズは、東野圭吾さんのミステリー小説の代表作です。

『新参者』シリーズで阿部寛さんが演じる刑事のイメージが強い作品ですが、ノスタルジックな舞台設定で描かれた原作も素敵な作品ですよ。

『卒業』の登場人物


国立T大学に通う主人公の加賀恭一郎、県立R高校からの付かず離れずの関係にある相原沙都子、藤堂正彦、牧村祥子、金井波香、金井波香、若生勇、井沢華江。

加賀恭一郎(かが きょういちろう)

国立T大社会学部4年生、
剣道の全国大会で連続優勝するほど鍛え上げた180cmの体格、アジア人離れした彫りの深い顔立ちも相まって初対面では相手を圧倒してしまう雰囲気を持つ。

反面、はにかんだ笑顔は元々の表情とのギャップも相まって、接した人の親しみを受けやすくもある。

学生剣道は引退したと公言し、社会人の集まる警察道場で腕を磨き、大学剣道部の後輩指導に熱を入れている。


相原沙都子(あいはら さとこ)

加賀と同じ社会学部の同級生。

夢に対してはひたむきで、東京都内への就職を父親に反対されている。

剣道は高校から始めた剣道と茶道で、波香と祥子と知り合い、マイペースな波香と引っ込み思案な祥子と気さくに接する面倒見のいい女性


金井波香(かない なみか)

中学生の頃から剣道に打ち込み、全国大会で上位に入る実力者。

大学では文学部、祥子と同じ研究室に所属し、同じアパートのフロアで暮らす。

愛煙家で、仲間を唐突に飲みに誘い、翌日は寝坊するほどマイペース。

男女関係は活発でも相手に依存はしない彼女は、密かにキャリアウーマンの道を思い描いている。


牧村祥子(まきむら しょうこ)

高校の頃から成績優秀で、波香と同じ研究室に所属している。

控えめでおしとやかな雰囲気で、異性からの人気は学年内でもトップ。

細かな旅行の計画が趣味で、卒業後は旅行代理店への就職が内定している。


藤堂正彦(とうどう まさひこ)

高校生の頃は、加賀と剣道で汗を流していた好青年。

大学では理工学部で技術を磨き、金属加工技術を極めるため大学院へ進学を決めている。

同じ大学に入学した祥子とは、友人公認の恋人同士。


若生勇(わこう いさむ)

大学でテニスに打ち込む、7人組みのお調子者。

テニスの腕前は大学屈指で、交際している華江とともに全国大会を目標にしている。


井沢華江(いざわ はなえ)

波香や祥子とともに文学部に所属している。
同じ目標に向かって汗を流す勇とは、結婚を前提に交際している。

感情の起伏が激しく、お調子者の勇とはギクシャクすることもある。


加賀隆正(かが たかまさ)

警視庁の現役の刑事で、加賀恭一郎の父。

恭一郎が幼い頃から仕事一筋で、家を空けることが多く「親子の会話」は成り立たないほど険悪。


南沢雅子(みなみさわ まさこ)

県立R高校の教師で、加賀や沙都子にとっては茶道の師、勇と華江にとっては担任であり、7人共通の恩師。

卒業後も変わらず集う7人の成長を、暖かく見守っている。

茶道でまとった和の仕草に、洗練された洋を取り入れた上品な佇まいは、揺れ動きがちな若者の拠り所のような存在になっていた。




物語の始まり

大学生活も4年が過ぎ、それぞれの道へと枝分かれする交差点に差し掛かっていた。

学生でいる間は、変わらない日常が続くと思っていた7人に、突然起こった悲劇。

理由も分からず失った大切なもの。

何かを語る痕跡が結ぶ答えは……。



ノスタルジックな世界観と若者の悩み


物語の舞台は1980年代後半、日本が華やかで若者が大きな夢と少々息苦しい世の中を行き来していた時代。

スマホはもちろん、パソコンも研究室や事務室にしかないノスタルジックな世界でも、大学生が車に乗り合い、旅行を楽しみ青春を惜しみなく味わえる。

文化は違っても、ある世代にとっての悩みは、そう変わらないのかもしれない。


キーワードは日記、テーマは卒業


7人の大学生の前に起こった悲劇、残された日記が物語の謎でもあり、謎を解く鍵にもなる。

卒業が迫る中、見つかった答えとは……?

加賀恭一郎が謎と向き合う人生が、始まろうとしていた。


加賀恭一郎シリーズの紹介ページ


加賀恭一郎シリーズ)
1作目  『卒業』
www.yu-hanami.com
2作目  『眠りの森』
www.yu-hanami.com
3作目  どちらかが彼女を殺した
www.yu-hanami.com
4作目  『悪意』
www.yu-hanami.com
5作目  私が彼を殺した
www.yu-hanami.com
6作目  『嘘をもうひとつだけ』
www.yu-hanami.com
7作目  『赤い指』
www.yu-hanami.com


新参者シリーズ)
8作目  『新参者』
9作目  麒麟の翼』
10作目 祈りの幕が下りる時
11作目 『希望の糸』

にほんブログ村 本ブログへ