本当に本が読みたくなる読書のブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介。読書にまつわる豆知識のお話、文章の書き方のお話もありますよ。

加賀恭一郎の目線で読者自身が謎に迫る、『私が彼を殺した』東野圭吾

私が彼を殺した

私が彼を殺した (講談社文庫)

著者 東野圭吾
出版社 株式会社講談社
分類 ミステリー小説
出版日 1999/2/5
読みやすさ ☆☆★読みやすい


東野圭吾さんのミステリー小説の代表作「加賀恭一郎シリーズ」、5作目の『私が彼を殺した』を紹介させていただきます。

物語の舞台は、4作目の『悪意』から1~2年進んだ1990年代後半。

経験を重ねた加賀刑事の、巧みな捜査技術が光る物語です。

私が彼を殺した』の登場人物


「加賀恭一郎シリーズ」の主人公 加賀刑事。

前作『悪意』からわずかばかり年月が進み、黒いスーツがよく似合う、30代半ばの年齢になっていた。

「加賀百万石の加賀」を自己紹介のお決まりのセリフに使う。

警視庁との合同捜査では、単独で容疑者の状況証拠を抑える役割をこなす。

加賀恭一郎(かが きょういちろう)

練馬警察署、捜査一係の刑事。

引き締まった体格と、浅黒く日焼けした堀の深い顔立ちの迫力のある大男。

好感を持たれるはにかんだ笑顔は、刑事らしくない爽やかさで相手の心の紐をふと緩めるように微笑む。

感の鋭い相手は、彼の魅力的な笑顔の裏に隠された狡猾な計算、かすかに浮かぶ笑みに自信を感じとる。

時おり見せる鋭い目線は、嘘を見破るよりも深く、嘘をつく人の本質を見定めるよう。


穂高誠(ほだか まこと)

30代後半でも長髪をなびかせる、オシャレな男性。

やり手の映画脚本家で、「穂高企画」のオーナーでもある。

身近な仕事仲間からは、集団の中で1番にならないと気がすまない性格と思われ、計算高い一面も警戒されている。


神林美和子(かんばやし みわこ)

大学卒業に会社員をする傍ら、趣味として続けていた詩が若い女性層に爆発的人気になった詩人。

詩集は重版を重ね、執筆以外の仕事の依頼も絶えない。

穂高の現在の婚約者でもある。


神林貴弘(かんばやし たかひろ)

美和子の兄で物語の語り部

子どもの頃、両親が事故死し妹と離れ離れになる。

大学進学を機会に美和子と同居し、兄弟として暮らせたはずの15年間を共に過ごしていた。


駿河直之(するが なおゆき)

穂高企画」で穂高本人のマネージャーを務める。

細かなスケジュール管理と、業界の相関図は頭に入れており、他の業界の出来事にも明るい。

鋭い洞察力を持ち合わせ、所々に強引さがある穂高と唯一対等に向き合える存在でもある。


雪笹香織(ゆきざさ かおり)

美和子の担当編集者。

宝塚の役者のようなスーツの着こなしに合う、敏腕ぶりで詩集をベストセラーに導いた立役者。

穂高の元恋人で、前妻がいた頃の不倫相手でもある。


浪岡準子(なみおか じゅんこ)

動物看護士をしており、ペットの猫が体調を崩した穂高と出会い、恋愛関係になる。

関係は長続きせず、元々の親しみやすい笑顔とは面影のない無表情で空虚な瞳を見せる。



幸せの門出が物語の始まりに……


人生に、そう何度も訪れることはない幸せの門出。

幸せを感じる人、見守る人、見過ごせない人。

幸せの門出に立ち会う人の数だけ、思うことに違いはある。

出来事、時間、感情が交差しただけで、誤作動のように思いもよらない歯車は暴走を始めてしまう。


物語の舞台は世紀末が迫るデジタル黎明期


物語の舞台は1990年代後半。

パソコンが一般に広まりながら、手書きと書類のやり取りとせめぎあうデジタル黎明期と呼ばれた時代。

働き盛りのビジネスマンにも、純喫茶が少し古めかしい印象を受け、時代の変化が見え隠れしていた。



キーワードは想い


事件が何かの歯車の暴走で起こるなら、なぜ誤作動は起こってしまうのだろう?

人が起こす事件は、長年のときも一時のこともある想いの変化が始まりのことがほとんど。

今作『私が彼を殺した』は、加賀恭一郎シリーズ3作目『どちらかが彼女を殺した』と同じリドル・ストーリー (riddle story)で物語は進みます。

東野圭吾さんの謎掛けを、加賀恭一郎の目線で追求できる作品ですよ。





加賀恭一郎シリーズの紹介ページ


加賀恭一郎シリーズ)
1作目  『卒業』
www.yu-hanami.com
2作目  『眠りの森』
www.yu-hanami.com
3作目  どちらかが彼女を殺した
www.yu-hanami.com
4作目  『悪意』
www.yu-hanami.com
5作目  私が彼を殺した
www.yu-hanami.com
6作目  『嘘をもうひとつだけ』
www.yu-hanami.com
7作目  『赤い指』
www.yu-hanami.com


新参者シリーズ)
8作目  『新参者』
9作目  麒麟の翼』
10作目 祈りの幕が下りる時
11作目 『希望の糸』

にほんブログ村 本ブログへ