読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に本が読みたくなる書評ブログ

読書好きのための本当に読みたい本が見つかる書評ブログです。小説、ノンフィクション、実用書、ビジネス書ジャンルを問わず紹介します。

実用書

人を動かす!安西先生の言葉 指導者の仏安西先生に後輩指導の方法を学ぼう

指導者の仏安西先生に後輩指導の方法を学ぼう 著者 遠越段 出版社 総合法令出版 分類 ビジネス書 実用書 指導者の仏安西先生に後輩指導の方法を学ぼう 安西先生を覚えてますか? 安西先生って? 安西先生が現実社会に? 仮想の世界からも学べることはある 部…

気になる本の紹介 初夏のビジネス書と実用書

気になる本の紹介 初夏のビジネス書と実用書 前回は気になるエッセイの本を紹介しました。今回はビジネス書や実用書を紹介しますね。ビジネス書というよりも、取り上げた3冊は実用書になると思いますが、読む方がどう使うかによって分け方は違いますよね。 …

気になる本の紹介 初夏のエッセイ

気になる本の紹介 初夏のエッセイ 今回はまだ読んではいませんが、「こんな本を見かけました」という形の紹介になります。まだ読んでもいない本を語るのも何ですが、面白そうな本はできるだけ紹介したいものですから。気になる本の中からエッセイを3冊紹介し…

世界一やさしいブログの教科書1年生 染谷昌利 初心者ブロガーの教科書を紹介 その2

第2回 ブログの教科書の内容を紹介 著者 染谷昌利出版社 株式会社 ソーテック社分類 実用書 ビジネス書 初心者ブロガーの私がブログ運営に必要だと思った内容 勢いでブログをはじめてしまったものの、右も左も分からない私はアナログな「教科書を読んで勉強…

世界一やさしいブログの教科書1年生 染谷昌利 初心者ブロガーの教科書を紹介 その1

第1回 ブログの教科書に最適な理由 著者 染谷昌利 出版社 株式会社 ソーテック社 分類 実用書 ビジネス書今回は私のような初心者ブロガーの方の教科書に最適な1冊を紹介しますね。私自身のブログをはじめて1ヶ月が経ちましたが、勢いではじめたブログです。…

考える力がつく本 池上彰 本の読み方ネットの見方

本の読み方ネットの見方 著者 池上彰 出版社 プレジデント社 分類 ビジネス書 ビジネス実用書 前回に引き続いて、池上彰さんの著書『考える力がつく本』を紹介します。池上彰さんの本は読み書きやプレゼンなどのビジネスに大いに役立つ実用書で、内容も私の…

考える力がつく本 池上彰 考えることとは何か?

考えることとは何か? 著者 池上彰 出版社 プレジデント社 分類 ビジネス書 ビジネス実用書 今回はテレビでも有名な池上彰さんの著書『考える力がつく本』を紹介します。私は池上彰さんの書いた本も、解説者として出演するテレビも大好きです。 ですが国内外…

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 思わず優しくなれる『ほっこり編』

九十歳 何がめでたい 気持ち良いほっこり編 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ親しみのある毒舌『バッサリ編』で、世の中の出来事を気持ち良くバッサリ切ってもらった後は『ほっこり編』で少し優しくなりませんか? 今回も『九十歳 何がめでたい』…

九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 世の中を切る『バッサリ編』

九十歳 何がめでたい 気持ち良いバッサリ編 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ 親しみのある毒舌、読むと気分をスッキリさせてくれる佐藤愛子さんのエッセイを取り上げます。 今回の『九十歳 何がめでたい』では、もちろん佐藤愛子さんの毒舌も含み…

考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊

考えすぎない 本田時生 第3回〜考えなくて得られるものは? 著者 本田時生 出版社 アルファポリス文庫 分類 実用書今回が本多時生さんの『考えすぎない』の最終回になります。 最終回では今までで取り上げた4つの考えなくてもいいこと、それを考えないことで…

考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊

考えすぎない 本田時生 第2回〜4つことは何で考えなくてもいいのか? 著者 本田時生 出版社 アルファポリス文庫 分類 実用書つい物事を考えすぎてしまいがちな人、自分も当てはまるのかなぁと思いますが、そんな時に『考えすぎない』を読んだまとめになりま…

考えすぎない 本田時生 悪いことを考えすぎてしまう人におすすめの1冊

考えすぎない 本田時生 第1回〜4つの考えなくてもいいこと 著者 本田時生 出版社 アルファポリス文庫 分類 実用書初めて実用書の書評です。 正直どのように書いて良いか、実はよくわかりません。 ただ、実用書ですので書かれている内容がある程度分かった方…

にほんブログ村 本ブログへ